« 高山線美濃太田駅と中山道太田宿 - 岐阜県美濃加茂市 | トップページ | 名鉄津島駅と津島神社 - 愛知県津島市 »

2018年2月24日 (土)

「あおなみ線」荒子駅と荒子観音 - 名古屋市中川区

 

  「あおなみ線」は正式には名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線と言います。

名古屋駅から金城ふ頭駅までの15Kmほどの路線で、終点の金城ふ頭駅近くにはポートメッセなごや、JR東海のリニア・鉄道館、レゴランド・ジャパンがあります。

 

  さて4番目の駅が荒子駅(あらこえき)。

荒子は加賀百万石の祖である前田利家の出身地であり、荒子城を居とした当地の土豪でした。

 

  駅から南西方向に10分ほど歩くと尾張四観音の一つで、その前田利家の菩提寺でもあった荒子観音があります。

 

  あおなみ線名古屋駅にて。

P2010007

 

  あおなみ線ホームから名古屋駅。

P2010004

 

  荒子駅。

P2010010

 

  駅前には前田利家公初陣之像が建っています。

P2010009

 

  さて道路を南に西に歩いて行くと荒子観音へ。

  正式名は「浄海山圓龍(円竜)院観音寺」。

  当寺は円空仏を多数所蔵していることで有名な寺院で、日本全国で確認されている円空仏5374体のうち当寺には1255体の円空仏が現存しています。

  当寺の「円空仏は毎月第2土曜日の午後1時から4時まで公開されている」そうです。

 

  現在の山門は大正5年(1926年)の建築。

Pict0011

 

  本堂。

Pict0007

 

  国指定重要文化財の多宝塔。

  天文5年(1536年)の再建で「名古屋市内に現存する最古の建物」。

  この日はこの多宝塔がお目当てでした。

Pict0004

  撮影 2009/02/01

|

« 高山線美濃太田駅と中山道太田宿 - 岐阜県美濃加茂市 | トップページ | 名鉄津島駅と津島神社 - 愛知県津島市 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あおなみ線」荒子駅と荒子観音 - 名古屋市中川区:

« 高山線美濃太田駅と中山道太田宿 - 岐阜県美濃加茂市 | トップページ | 名鉄津島駅と津島神社 - 愛知県津島市 »