« 伊勢鉄道伊勢線 鈴鹿駅と神戸(かんべ)城跡 - 三重県鈴鹿市 | トップページ | 近鉄名古屋線 津新町駅と津城跡 - 三重県津市 »

2018年3月 3日 (土)

山陰線綾部駅とグンゼ博物苑 - 京都府綾部市

 

  京都府の旧丹波国地域にある綾部市は江戸時代の九鬼氏2万石綾部藩領、谷氏1万石山家藩領と旗本藤掛氏領上林地区からなる人口3万2千人ほどの都市です。

その綾部で有名なのは明治の初めの新宗教大本教、そして肌着などで有名な会社グンゼです。

特にグンゼの肌着は小さいころから馴染みのある名前でした。

グンゼの発祥地が綾部市であると知るのはず~っと後の事になります。

現在はグンゼの本社は大阪市にありますが、旧本社の在った綾部市にはグンゼ博物苑という博物館があり、10年ぐらい前に訪れました。

場所は綾部駅から北東に歩いて10分ほど。

 

  綾部駅にて。綾部駅からは舞鶴線が分岐します。

  福知山行き普通223系2両編成。

Pa160005

 

  少し寂しい北口に出ます。

  各種バスなどの乗り場は南口にあります。

Pa160006

 

  旧郡是製絲本館。

  グンゼ株式会社は創業者の波多野鶴吉が明治29年(1896年)に郡是製絲株式會社として設立しました。

Pa160007

Pa160009

Pa160011

 

  旧郡是製絲本館本社事務所のグンゼ記念館。

  金曜日のみ開館。無料。

Pa160012

 

  道路を挟んで向かいにあるグンゼ博物苑。

  こちらは火曜日のみ休館。

Pa160025

 

  入苑料は無料です。

Pa160013

 

  展示蔵。

  創業蔵、現代蔵、未来蔵から成っています。

Pa160015

 

  中の一部。

Pa160017

 

  博物苑から記念館。

Pa160021

Pa160023

 

  再び綾部駅に戻ってこちらは南口。

Pa160026

  撮影 2008/10/16

|

« 伊勢鉄道伊勢線 鈴鹿駅と神戸(かんべ)城跡 - 三重県鈴鹿市 | トップページ | 近鉄名古屋線 津新町駅と津城跡 - 三重県津市 »

近畿地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

歴史的建築物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山陰線綾部駅とグンゼ博物苑 - 京都府綾部市:

« 伊勢鉄道伊勢線 鈴鹿駅と神戸(かんべ)城跡 - 三重県鈴鹿市 | トップページ | 近鉄名古屋線 津新町駅と津城跡 - 三重県津市 »