« 伊予松山城の桜 - 愛媛県松山市 | トップページ | JR四国予讃線 伊予上灘駅にて - 愛媛県伊予市 »

2018年3月29日 (木)

京都 仁和寺の御室桜 - 京都市右京区御室

 

  仁和寺は代々皇室出身者が住職を務めた門跡寺院でした。

その伽藍は応仁の乱(応仁元年(1467年~))により焼失し、再興がなったのは江戸時代の三代将軍家光の時代。

平成6年(1994年)には「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されました。

 

  最寄りの駅である嵐電の御室仁和寺駅。

Dsc08848

 

  平成19年(2007年)に御室駅(おむろえき)から御室仁和寺駅に改称されました。

Dsc08731

 

  駅から見える仁和寺の二王門。

Dsc08734

 

  二王門は1641-1645年の建立で重要文化財です。

Dsc08739

Dsc08744

 

  御殿の拝観受付 大人500円、高校生500円、小中学生300円。

Dsc08746

 

  桜開花時期の伽藍特別入山は大人500円、高校生500円、小中学生200円。

  普段は伽藍は無料です。

Dsc08752

 

  御室桜(おむろざくら)。

Dsc08759

 

  五重塔は寛永21年(1644年)建立で重要文化財。

Dsc08772

 

  金堂は慶長18年(1613年)建築の旧皇居の正殿・紫宸殿を移築したもので国宝に指定されています。

Dsc08777

Dsc08788

 

  御室桜(おむろざくら)は樹高が低いのが特徴です。

Dsc08793

Dsc08798

 

  観覧客が多く、列をなします。

Dsc08805

Dsc08806

 

  再び御室仁和寺駅へ。

Dsc08835

 

  この時期は乗客が多く、まず座れません。

Dsc08842

Dsc08850

  撮影 2015/04/09

|

« 伊予松山城の桜 - 愛媛県松山市 | トップページ | JR四国予讃線 伊予上灘駅にて - 愛媛県伊予市 »

鉄道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都 仁和寺の御室桜 - 京都市右京区御室:

« 伊予松山城の桜 - 愛媛県松山市 | トップページ | JR四国予讃線 伊予上灘駅にて - 愛媛県伊予市 »