« 山陰線綾部駅とグンゼ博物苑 - 京都府綾部市 | トップページ | JR紀勢本線 津駅と参宮線 鳥羽駅 - 三重県津市と鳥羽市 »

2018年3月 5日 (月)

近鉄名古屋線 津新町駅と津城跡 - 三重県津市

 

 

  慶長13年(1608年)に伊勢・伊賀22万石で入部してきた藤堂高虎は津藩の政庁としての津城を大改修し、さらに城下町を整備し、現在の津市の基礎を作りました。

その後、津藩藤堂家は大坂の陣の功により元和元年(1615年)と元和3年(1617年)にそれぞれ加増され32万3,000石の大大名となります。

 

  そんな津城の最寄りの駅は近鉄の津新町駅。

  城跡は駅から徒歩で10分少々。

P3110025

 

  いつもの余湖くんのお城のページからの引用図。

Tutyo

 

  西の丸に入って行きます。

Pict0082

 

  西側の二の丸跡にある津市役所。

Pict0084

 

  現在の町と江戸時代の津城の図。

Pict0086

 

  藩校有造館の正門の入徳門。

  現存遺構で現在の場所に移築されてきました。

Pict0089

Pict0090

 

  藤堂高虎の騎馬像。

Pict0096

 

  昭和33年(1958年)に復元された丑寅櫓。

Pict0098

Pict0102

 

  同じく丑寅櫓。

Pict0107

 

  本丸石垣の上から北側の堀。

Pict0113

 

  石垣の上からの丑寅櫓。

Pict0117

 

  津新町駅にて。

  名古屋行き特急の通過。

 

  津新町駅は急行停車駅です。

  一旦北にひと駅の津駅へ向かいました。

Pict0130

  撮影 2010/03/11

|

« 山陰線綾部駅とグンゼ博物苑 - 京都府綾部市 | トップページ | JR紀勢本線 津駅と参宮線 鳥羽駅 - 三重県津市と鳥羽市 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近鉄名古屋線 津新町駅と津城跡 - 三重県津市:

« 山陰線綾部駅とグンゼ博物苑 - 京都府綾部市 | トップページ | JR紀勢本線 津駅と参宮線 鳥羽駅 - 三重県津市と鳥羽市 »