« JR関西線 関駅と関宿(せきじゅく、せきしゅく) - 三重県亀山市 | トップページ | 旧柏原(かいばら)町の桜 織田家の柏原藩 - 兵庫県丹波市柏原町 »

2018年3月18日 (日)

彦根城の桜 - 滋賀県彦根市

 

  彦根城は井伊家30万石の居城で、井伊家は譜代筆頭の大名として明治まで17代に渡り彦根藩を統治しました。

彦根城はまた、国宝の天守、附櫓及び多聞櫓、重要文化財の二の丸佐和口多聞櫓、馬屋、天秤櫓、太鼓門及び続櫓、西の丸三重櫓及び続櫓を擁し、現代にもその威容を誇る城郭です。

そんな彦根城は桜の名所として、毎年多くの観光客で賑わいます。

 

  彦根市にはJRの他、近江鉄道の彦根駅が並行してあります。

  近江鉄道主力車種の800系。

Dsc00967

 

  彦根駅駅前にある彦根藩祖の井伊直政騎馬像。

Dsc00970

 

  駅前広場。

Dsc00976

 

  彦根城に向かうべく西に歩いて行くと、駅前通りの左側にある石材店で「ひこにゃん」が迎えてくれます。

Dsc00981

 

  二の丸佐和口多聞櫓と天守。

Dsc00988

 

  二の丸佐和口多聞櫓と手前はコンクリート造りの復元櫓。

  復元した櫓は開国記念館となっており裏から入ることができます。

Dsc01035

 

  二の丸佐和口多聞櫓の内部。

  桜の季節には重要文化財の櫓はすべて公開されています。

Dsc01093

 

  表門登城口。

  こちらの入城口は大手では無く、別に大手門口からも搦手である黒門口からも登城することができます。

 

  彦根城・玄宮園と博物館のセット券 一般1200円、小中学生350円。

  彦根城・玄宮園は一般800円、小中学生200円。

  玄宮園のみは一般200円、小中学生100円。

  彦根城博物館のみが一般500円、小中学生250円。

  彦根城だけという観覧券は無いようです。

Dsc01111

 

  観覧券売り場の前にある彦根城博物館。

Dsc01114

Dsc01117

 

  入口を入ると石段の登り。

  大手口、黒門口でも同じく登りとなります。

Dsc01120

 

  天秤櫓と廊下橋。

Dsc01123

 

  重要文化財の天秤櫓。

Dsc01133_2

 

  天秤櫓から太鼓門及び続櫓への坂道。

Dsc01170

 

  太鼓門及び続櫓。

  同じく重要文化財です。

Dsc01187_2

 

  本丸にある櫓台。

  現在は展望台としての役割を担っています。

Dsc01193

 

  国宝彦根城天守。

Dsc01211

Dsc01227_2

 

  西の丸からの天守。

Dsc01239

 

  天守と西の丸の間から黒門口に下っていきます。

Dsc01241

 

  同じく重文の西の丸三重櫓。

Dsc01277

 

  黒門口。

  すぐに玄宮園です。

Dsc01303

 

  玄宮園から天守閣。

Dsc01344

  撮影 2014/04/07

|

« JR関西線 関駅と関宿(せきじゅく、せきしゅく) - 三重県亀山市 | トップページ | 旧柏原(かいばら)町の桜 織田家の柏原藩 - 兵庫県丹波市柏原町 »

近畿地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彦根城の桜 - 滋賀県彦根市:

« JR関西線 関駅と関宿(せきじゅく、せきしゅく) - 三重県亀山市 | トップページ | 旧柏原(かいばら)町の桜 織田家の柏原藩 - 兵庫県丹波市柏原町 »