« 名古屋ガイドウェイバスと龍泉寺 - 名古屋市守山区竜泉寺 | トップページ | 山陰線綾部駅とグンゼ博物苑 - 京都府綾部市 »

2018年3月 1日 (木)

伊勢鉄道伊勢線 鈴鹿駅と神戸(かんべ)城跡 - 三重県鈴鹿市

 

  鈴鹿市の神戸城(かんべじょう)は神戸氏の神戸具盛が築城し、養子に入った織田信長の三男神戸信孝によって修築されました。

関ヶ原の戦い以後、一柳氏が5万石で藩主となり、以後、一柳氏一代ののち幕府領(1636年 - 1651年)、石川家三代(1651年 - 1732年)、本多家七代(1732年 - 1871年)を経て明治の廃藩置県を迎えました。

神戸城跡本丸には天守台の石垣が残っています。

 

  JRを利用する場合は名古屋から関西線で四日市を経て伊勢鉄道の鈴鹿駅下車、徒歩十数分。

もう一つは近鉄名古屋線伊勢若松駅で鈴鹿線に乗り換え鈴鹿市駅下車、徒歩10分で城跡入り口に至ります。

 

  名古屋駅にて。

  青春18きっぷが利用できたのでJR関西線快速「みえ」で伊勢鉄道内の鈴鹿駅で下車。

  青春18きっぷの場合、伊勢鉄道内は無効となるので料金が必要。

  名古屋駅折り返しの鳥羽行き快速「みえ」キハ75形。

P3110004

 

  伊勢鉄道鈴鹿駅東側から。

  鈴鹿駅は特急「南紀」、快速「みえ」停車駅。普通は1時間に1本の運行。

Pict0006

 

  鈴鹿駅北側で立体交差する近鉄鈴鹿線。

Pict0008

 

  駅前から出発。

P3110007

 

  駅南の鈴鹿駅入口交差点から細い道に入り、北西に進むと旧伊勢街道。

Pict0011

 

  旧伊勢街道沿いにある神戸常夜燈。

Pict0015

 

  さらに旧伊勢街道を行くと右手に鐘楼のある宗休寺へ。

  その前の道路が県立神戸高等学校の正門前。

  さらにその横に保存されているのが旧制神戸中学校の正門です。

P3110017

Pict0021

 

  いつもの余湖くんのお城のページからの引用図。

  現在の神戸高校の敷地が二の丸にあたります。

Kanbetyo

 

  神戸高校に沿って西に行くと神戸公園の入り口。

  入口から上がった広場が本丸跡。

  野面積みの天守台が残っています。

Pict0025

 

  神戸信孝時代に築かれた天守は文禄4年(1595年)に解体され桑名城に移築されたと言われています。

  他に遺構としては市内に二の丸太鼓櫓、四日市市に大手門が移築されて現存しているそうです。

Pict0031

Pict0036

 

  上から本丸跡。

Pict0038

 

  帰りは近鉄の鈴鹿市駅から。

Pict0065

 

  鈴鹿線は近鉄名古屋線の伊勢若松駅から分岐しています。

  伊勢若松行き普通。

Pict0071

  撮影 2010/03/11

|

« 名古屋ガイドウェイバスと龍泉寺 - 名古屋市守山区竜泉寺 | トップページ | 山陰線綾部駅とグンゼ博物苑 - 京都府綾部市 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢鉄道伊勢線 鈴鹿駅と神戸(かんべ)城跡 - 三重県鈴鹿市:

« 名古屋ガイドウェイバスと龍泉寺 - 名古屋市守山区竜泉寺 | トップページ | 山陰線綾部駅とグンゼ博物苑 - 京都府綾部市 »