« JR赤穂線西片上駅(にしかたかみえき)と真光寺(しんこうじ) - 岡山県備前市 | トップページ | 桑名駅 (JR・近鉄・養老鉄道) と桑名町歩き - 三重県桑名市 »

2018年5月24日 (木)

JR播州赤穂駅と赤穂城 - 兵庫県赤穂市

 

  赤穂と言えば、江戸時代の「元禄赤穂事件」(「忠臣蔵」が一般には馴染みがある)を思い起こします。

浅野氏が赤穂藩藩主として入封したのは正保2年(1645年)の事。

浅野氏は長政の時、秀吉と最も近い姻戚として重用され、秀吉の死後は家康に接近しました。

そして、その子の幸長は関ヶ原の戦いでの功により紀伊和歌山37万6千石を与えられ初代和歌山藩藩主となります。

慶長18年(1613年)に幸長が死去すると、次弟の長晟(ながあきら)が継ぎ、安芸に移封され42万石で広島藩藩主となります。

 

  これが浅野宗家で、浅野長政の隠居領であった常陸真壁5万石を継いだのが三男の長重。

そして、その子の浅野長直が赤穂に入ったのが前述の正保2年(1645年)でした。

現在まで残る赤穂城の縄張りはこの長直の時代のもの。

そして元禄14年(1701年)に殿中で刃傷沙汰(にんじょうざた)を起こしたのが長直の孫の長矩(ながのり)で、長矩は切腹、赤穂浅野家は断絶しました。

その後、赤穂藩は永野家1代、森家12代で明治に至ります。

 

  播州赤穂駅。

  2面3線のホーム。

Pict0124

 

  播州赤穂駅。

P8210012

 

  三の丸大手門と隅櫓。

  昭和30年(1955年)の再建。

Pict0146

P8210027

 

  大石邸長屋門。

P8210032

 

  三の丸にある大石神社。

P8210037

 

  創建は明治33年(1900年)。

  主祭神は大石内蔵助良雄以下四十七士命、萱野三平、浅野家三代、森家七将。

 

  森家七将とは森可成、森可隆、森長可、森成利(蘭丸として知られる)、森長隆、森長氏、森忠政。

  可成は信長に仕えた有力武将で、可隆以下忠政までは可成の子の六人兄弟。

  六男の忠政以外は父の可成を含め何れも戦死しましたが、末弟の忠政は関ヶ原の戦いで東軍につき、美作一国津山藩18万6500石の太守として残りました。

  その子孫が2万石で赤穂藩藩主となり明治まで存続したものです。

P8210040

 

  本丸にある天守台。

  天守閣は造営されませんでした。

Pict0003

 

  播州赤穂駅にて。

  姫路行き普通223系と到着したばかりの115系電車。

Pict0125

  撮影 2010/08/21

|

« JR赤穂線西片上駅(にしかたかみえき)と真光寺(しんこうじ) - 岡山県備前市 | トップページ | 桑名駅 (JR・近鉄・養老鉄道) と桑名町歩き - 三重県桑名市 »

近畿地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR播州赤穂駅と赤穂城 - 兵庫県赤穂市:

« JR赤穂線西片上駅(にしかたかみえき)と真光寺(しんこうじ) - 岡山県備前市 | トップページ | 桑名駅 (JR・近鉄・養老鉄道) と桑名町歩き - 三重県桑名市 »