« 綾部市旧市内を散策(2) 綾部藩主九鬼氏の墓所を訪ねる(2) - 京都府綾部市 | トップページ | フェリーで高松から宇野へ - 香川県高松市、岡山県玉野市 »

2018年6月29日 (金)

綾部市旧市内を散策(3) 大本教の聖地 梅松苑 - 京都府綾部市

 

  綾部城大手門跡から旧大手坂の皇后坂を下って、東西の道路に出ると、これを東に向かいます。

大本教の聖地の一つである梅松苑の敷地の手前の丹陽教会の建物を左に見ながら北に下ると梅松苑の入り口があります。

大本教には京都府亀岡市の天恩郷と綾部市の梅松苑という二つの聖地がありますが、天恩郷は「宣教の中心地」、梅松苑は「祭祀の中心地」と位置付けられています。

 

  大手門跡の前の旧大手坂である皇后坂を下ります。

Dsc00063

 

  この道筋にも古い民家が見られます。

Dsc00064

 

  梅松苑を目の前にした角にある丹陽教会。

Dsc00068

 

  大正13年(1924年)竣工の教会。

  2代目の建物といいます。

Dsc00069

Dsc00072

 

  梅松苑の敷地。

Dsc00073

 

大本教とは。「神道系の新宗教。出口なおにより 1892年に創唱された。

その予言は御筆先 (おふでさき。大本神諭) として記された。

大本皇大御神を祀り,なおの出生地たる丹波国綾部を地上の高天原とし,神人合感を唱え,世を立直して,神の国を開くと説く。

なおの死後,出口王仁三郎,すみの両人により,鎮魂帰神法が唱えられ,綾部に本部,亀岡に道場がおかれ,大きく発展したが,1921,35年の2回の不敬罪による弾圧を受け,解散させられた。

第2次世界大戦後愛善苑として再建され,52年大本教に復した。」(ブリタニカ国際大百科事典より引用)

  大きな大本みろく殿。

Dsc00074

 

  案内図。

Dsc00076

 

  奥に事務所のある松香館。

Dsc00078

 

  敷地入口。

  参観は事務所に申し出ます。

Dsc00079

 

  みろく殿正面。

Dsc00081

 

  みろく殿は昭和28年(1953年)に完成。

  国の登録有形文化財。

Dsc00086

 

  平成4年(1992年)完成の長生殿。

  大本開教100周年を記念し建立されました。

Dsc00090

 

  坂を下る途中に見える丹陽教会。

Dsc00094

 

  山陰線近くまで下りてきて振り返ったところ。

  綾部市の旧町内の散策はこれで終わり。

Dsc00096

 

  綾部駅にて。

  福知山行き普通223系。

Img_0956

  撮影 2018/06/23

|

« 綾部市旧市内を散策(2) 綾部藩主九鬼氏の墓所を訪ねる(2) - 京都府綾部市 | トップページ | フェリーで高松から宇野へ - 香川県高松市、岡山県玉野市 »

近畿地方」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綾部市旧市内を散策(3) 大本教の聖地 梅松苑 - 京都府綾部市:

« 綾部市旧市内を散策(2) 綾部藩主九鬼氏の墓所を訪ねる(2) - 京都府綾部市 | トップページ | フェリーで高松から宇野へ - 香川県高松市、岡山県玉野市 »