« 西鉄久留米駅 - 福岡県久留米市 | トップページ | 門司港駅と門司港レトロ - 福岡県北九州市門司区 »

2018年6月19日 (火)

久留米城からJR久留米駅へ - 福岡県久留米市

 

   毛利秀包(ひでかね)が久留米城に13万石で封ぜられ城を改修したのが織豊期のこと。

しかし、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで西軍に加担したため、戦後に改易となり、代わりに田中吉政が築後国一国32万5千石で柳川城に入り、久留米城は支城としての地位にとどまりました。

その後、田中家は子の忠政に嗣子なく廃絶。

築後国は分割され、柳川には立花宗茂が、久留米には有馬豊氏が封ぜられ、ここに久留米藩が成立します。

久留米藩の石高は 21万石で、この有馬氏の時代に久留米城は大規模に拡張されました。

 

  有馬氏と言えば島原半島のキリシタン大名である有馬氏が有名ですが、久留米の有馬氏は摂津有馬氏とも言われ、現在の兵庫県の有馬(有馬温泉で有名)を拠点とした氏族です。

ちなみに島原半島を拠点とした肥前有馬氏も近世大名として存続し、最後は越前国(福井県)の丸岡藩主として明治を迎えます。

 

  現在残っているのは本丸のみで、南側から中に入ります。

Dsc03423

 

  南面左側の石垣。

Dsc03424

 

  久留米城の図。

  中央に篠山神社が鎮座しています。

Dsc03433

Dsc03435

Dsc03436

 

  篠山神社の祭神は初代藩主有馬豊氏(とようじ)公、七代藩主有馬頼徸(よりゆき)公、十代藩主有馬頼永(よりとう)公、十一代藩主有馬頼咸(よりしげ)公、十四代当主有馬頼寧(よりやす)公の五柱。

  第十四代当主有馬頼寧(よりやす)公は中央競馬会理事長も務め、ファン投票で出走馬を選出する方式の「中山グランプリ(なかやまグランプリ)」を創設し(昭和31年(1956年))、公の死後に改称され有馬記念となりました。

Dsc03444

 

  篠山神社の創建は明治10年(1877年)。

Dsc03470

 

  毛利秀包(ひでかね)を祀った小早川神社。

  毛利秀包は小早川家の養子となったため小早川神社と呼ばれます。

Dsc03449

Dsc03448

Dsc03455

 

  西側に下りる石段。

Dsc03452

 

  本丸内にある有馬記念館。

  展示室(2階)とレストラン(1階)があります。

  展示室の入場料 一般200円、小学生・中学生100円、小学生未満は無料(2018年6月現在)。

Dsc03471

 

  筑後川の河川敷。

  高架の新幹線と鹿児島本線。

Dsc03473

 

  再び南側へ。

Dsc03481

 

  帰りはバスでJRの久留米駅へ向かいました。

Dsc03507

Dsc03509

 

  JR久留米駅は新幹線駅。

  鳥栖行き普通817系電車。

Dsc03518

  撮影 2011/08/03

|

« 西鉄久留米駅 - 福岡県久留米市 | トップページ | 門司港駅と門司港レトロ - 福岡県北九州市門司区 »

九州地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久留米城からJR久留米駅へ - 福岡県久留米市:

« 西鉄久留米駅 - 福岡県久留米市 | トップページ | 門司港駅と門司港レトロ - 福岡県北九州市門司区 »