« 名鉄 犬山遊園駅あたり(1) 臨渓院(犬山城主成瀬家菩提寺) - 愛知県犬山市 | トップページ | 名鉄 犬山遊園駅あたり(3) - 愛知県犬山市 »

2018年9月25日 (火)

名鉄 犬山遊園駅あたり(2)瑞泉寺 - 愛知県犬山市

 

  犬山遊園駅の東の高台にある犬山城主成瀬家菩提寺の臨渓院から南に行くと瑞泉寺があります。

瑞泉寺は臨済宗妙心寺派の寺院で、臨渓院は瑞泉寺の塔頭の一つ。

現在は六カ寺の塔頭が残っています。

瑞泉寺の山門はかっての美濃兼山城の大手門であった犬山城内田御門を移築したものです。

また境内には同じく美濃兼山城の二ノ門が移築され残っています。

 

  臨渓院から瑞泉寺への途中から見える犬山城。

Dsc00130

 

  瑞泉寺。

Dsc00136

 

  本堂。

Dsc00138

 

  美濃兼山城の二ノ門であった移築門。

Dsc00139

 

  鐘楼。

  明応3年(1494年)建立と伝えられています。

Dsc00144

 

  山門あたりからの犬山城。

Dsc00145

Dsc00148

 

  山門下の石段横にある瑞泉寺のクスノキ。

Dsc00147

 

  山門。

  犬山城内田御門を移築したもの。

  その以前は美濃兼山城の大手門でした。

  兼山城は現在の岐阜県可児市の山城。

  織田信長の家臣である森可成が城主になり金山から兼山と改名しました。

Dsc00151

 

  名鉄犬山線の踏み切り。特急パノラマスーパー。

Dsc00158

  撮影 2018/09/23

|

« 名鉄 犬山遊園駅あたり(1) 臨渓院(犬山城主成瀬家菩提寺) - 愛知県犬山市 | トップページ | 名鉄 犬山遊園駅あたり(3) - 愛知県犬山市 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名鉄 犬山遊園駅あたり(2)瑞泉寺 - 愛知県犬山市:

« 名鉄 犬山遊園駅あたり(1) 臨渓院(犬山城主成瀬家菩提寺) - 愛知県犬山市 | トップページ | 名鉄 犬山遊園駅あたり(3) - 愛知県犬山市 »