« 山陽線 相生駅から姫路へ - 兵庫県相生市、兵庫県姫路市 | トップページ | 城下町 杵築の散策(1)杵築城、勘定場の坂から磯矢邸 - 大分県杵築市 »

2019年1月24日 (木)

明石城へ途中下車 - 兵庫県明石市

 

  姫路から東へ向かう途中、明石駅で途中下車し、明石城を訪れました。

 

  江戸時代の明石藩の歴代藩主家は小笠原家1代、松平(戸田)家2代、大久保家1代、松平(藤井)家2代、本多家1代と目まぐるしく交代しました。

しかし、天和2年(1682年)に越前松平家が入封すると、当家による支配が固定化され、10代引き継いで明治に至りました。

 

  いつもの余湖くんのお城のページからの引用図。

Akasityo_2

 

  明石駅ホームから見える明石城本丸の三重櫓二基。

Dsc07693

 

  山陽電車明石駅も並行しています。

Dsc07694

 

  明石と言えば鯛。

Dsc07695

 

  駅前からすぐのお堀、西側。

Dsc07705

 

  城内に入ります。

Dsc07709

 

  本丸正面には芝生広場があります。

  本丸左右の三重櫓は現存遺構で重要文化財。

Dsc07712

 

  左側の三重櫓は坤櫓(ひつじさるやぐら)。

Dsc07711

 

  右側の三重櫓は巽櫓(たつみやぐら)。

  いずれも現存遺構で重要文化財に指定されています。

Dsc07715

  撮影 2015/01/07

|

« 山陽線 相生駅から姫路へ - 兵庫県相生市、兵庫県姫路市 | トップページ | 城下町 杵築の散策(1)杵築城、勘定場の坂から磯矢邸 - 大分県杵築市 »

近畿地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明石城へ途中下車 - 兵庫県明石市:

« 山陽線 相生駅から姫路へ - 兵庫県相生市、兵庫県姫路市 | トップページ | 城下町 杵築の散策(1)杵築城、勘定場の坂から磯矢邸 - 大分県杵築市 »