« 姫路からJRで明石、山陽電車直通特急で阪神尼崎へ - 兵庫県尼崎市 | トップページ | 尼崎市の寺町を散策(2)長遠寺(じょうおんじ)の多宝塔 - 兵庫県尼崎市 »

2019年3月28日 (木)

尼崎市の寺町を散策(1)本興寺の三重塔 - 兵庫県尼崎市

 

  尼崎市は阪神工業地帯の中核を担う都市ですが、本来は尼崎城を中心とした城下町でした。

尼崎城と尼崎の町を整備したのは元和3年(1617年)に5万石で入封した戸田氏鉄(うじかね)。

その後、氏鉄は寛永12年(1635年)に美濃大垣へ移封され、替わりに青山家が入り4代、18世紀初め桜井松平家がその後を継ぎ7代で明治に至りました。

前回3月の初めに尼崎城天守と櫻井神社を訪れましたが、寺町を見逃してしまい、今回の旅行で再び尼崎を訪れてみました。

 

  寺町案内。阪神尼崎駅の南西にあります。

Img_1130

 

  3月初めに訪れた再建尼崎城天守閣。

Dsc00559

 

  一般公開は3月29日から。

Img_1132

 

  そのすぐ南にあるのが櫻井神社。

  最後の藩主家である櫻井松平家の歴代藩主が祀られています。

Dsc00563

 

  拝殿。本殿は工事中でした。

Dsc00570

 

  寺町界隈に入ってみてまず目に飛び込んできたのがこの三重塔。

Dsc00764

 

  本興寺。こちらは裏手。

Dsc00834

 

  本堂や開山堂などを見損ねて西側に回ってしまいました。残念。もう少し下調べが必要でした。

Dsc00837

 

  西の方。

  北側は一般住宅なのでこの南側が寺町の一角。

Dsc00766

 

  もう一本南側の小路。

Dsc00768

 

  そこから北を振り返ると阪神電車が望めます。

Dsc00770_1

  撮影 2019/03/18

|

« 姫路からJRで明石、山陽電車直通特急で阪神尼崎へ - 兵庫県尼崎市 | トップページ | 尼崎市の寺町を散策(2)長遠寺(じょうおんじ)の多宝塔 - 兵庫県尼崎市 »

近畿地方」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姫路からJRで明石、山陽電車直通特急で阪神尼崎へ - 兵庫県尼崎市 | トップページ | 尼崎市の寺町を散策(2)長遠寺(じょうおんじ)の多宝塔 - 兵庫県尼崎市 »