« 2019年桜の旅(1) 山科からインクラインの桜並木へ - 京都府京都市 | トップページ | 2019年桜の旅(3) 南禅寺の桜(2) 水路閣から方丈入口、南禅僧堂の桜 - 京都府京都市 »

2019年4月 7日 (日)

2019年桜の旅(2) 南禅寺の桜(1)金地院から南禅寺三門 - 京都府京都市

 

  インクラインから南禅寺の塔頭のひとつである金地院の前を横切り、南禅寺の中門の前に出ます。

中に入ると一際大きくそびえる三門。

こちらも観光客は多いのですが、インクラインの桜並木ほどの人混みではありません。

 

  金地院にある東照宮の楼門。

  東照宮自体は金地院の拝観対象です。

Dsc00862

 

  金地院の山門。

Dsc00865

 

  インクラインから北に道なりに行きます。

Dsc00863

 

  金地院の門を出ると南禅寺の前。

  振り返って。

Dsc00868

 

  観光バスの駐車場となっていますが、左の門が勅使門で重要文化財。

  寛永18年年(1641年)御所の日の御門を移築。

  右側の中門は「慶長6年(1601)松井康之より、伏見城松井邸の門を勅使門として寄進されたもの」(南禅寺ホームページより)。

Dsc00873

 

  勅使門の直線上にある三門。

Dsc00877

 

  「現在の三門は寛永5年(1628)藤堂高虎が大阪夏の陣に倒れた家来の菩提を弔うために再建したもの」(南禅寺ホームページより)。

  重要文化財。

Dsc00879

Dsc00885

 

  佐久間勝之が奉献した巨大な石灯籠。

  「俗に佐久間玄藩の片灯寵と呼ばれています」(南禅寺のホームページより)。

Dsc00883

 

  法堂。

  明治42年(1909)に再建されたもの。

Dsc00887

 

  明治26年(1893)の火災により再建されました。

Dsc00891  

  撮影 2019/04/04

|

« 2019年桜の旅(1) 山科からインクラインの桜並木へ - 京都府京都市 | トップページ | 2019年桜の旅(3) 南禅寺の桜(2) 水路閣から方丈入口、南禅僧堂の桜 - 京都府京都市 »

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年桜の旅(1) 山科からインクラインの桜並木へ - 京都府京都市 | トップページ | 2019年桜の旅(3) 南禅寺の桜(2) 水路閣から方丈入口、南禅僧堂の桜 - 京都府京都市 »