« 2019年桜の旅(13) 若桜鉄道(わかさてつどう)で若桜駅へ - 鳥取県若桜町ほか | トップページ | 2019年桜の旅(15) 若桜駅(わかさえき)にて(2) - 鳥取県若桜町 »

2019年4月23日 (火)

2019年桜の旅(14) 若桜駅(わかさえき)にて(1) - 鳥取県若桜町

 

  若桜鉄道の前身である国鉄若桜線は「大正11年、八頭町郡家から若桜町を経て兵庫県に抜けるルートで計画された。昭和5年、郡家-若桜間(19・2キロ)が開通。その後、若桜から先は着工されなかった」(2016.2.6 産経WEB版より)。

現在は第三セクターによる運営が行われています。

Dsc01112

 

  DD16 7とC12 167が留置されています。 

Dsc01113

 

  右に留置されているのは「昭和」車両と旧客車の12系。

Dsc01118

 

  転車台。

Dsc01119

 

  給水塔とC-12、DD-16。 

Dsc01120

 

  構内全体。

Dsc01121

 

  若桜駅の

  駅本屋およびプラットホーム
  物置および灯室
  旧西転轍手箱番所
  旧東転轍手箱番所
  諸車庫
  機関車転車台
  給水塔
  流雪溝

  が登録有形文化財。

Dsc01123

  撮影 2019/04/05

|

« 2019年桜の旅(13) 若桜鉄道(わかさてつどう)で若桜駅へ - 鳥取県若桜町ほか | トップページ | 2019年桜の旅(15) 若桜駅(わかさえき)にて(2) - 鳥取県若桜町 »

中国地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年桜の旅(13) 若桜鉄道(わかさてつどう)で若桜駅へ - 鳥取県若桜町ほか | トップページ | 2019年桜の旅(15) 若桜駅(わかさえき)にて(2) - 鳥取県若桜町 »