« 初夏の大垣城 - 岐阜県大垣市 | トップページ | 玉石垣の横須賀城 - 静岡県掛川市 »

2019年5月16日 (木)

名鉄 笠松駅にて 羽島市への乗り換え - 岐阜県羽島郡笠松町

 

  笠松町(岐阜県)は木曽川に沿ってあり、対岸は愛知県の一宮市で人口は2万2千人余。

江戸時代は幕府領であり、美濃郡代笠松陣屋が置かれました。

 

  名鉄の笠松駅は名古屋本線の特急停車駅で、当駅から竹鼻線が分岐し新羽島駅に至ります。

駅から数分の場所に笠松競馬場があります。

 

  笠松駅駅舎。(撮影は2011年)

Dsc01722

 

  1番線は竹鼻線竹鼻、新羽島方面行き。

  新羽島行き普通3150系旧塗装。

  新羽島駅は新幹線岐阜羽島駅北口広場の一角にあります。

Dsc08637

 

  名古屋本線須ヶ口行き普通1800系旧塗装。

Dsc08884

 

  特急名鉄岐阜行き2200系の到着。

Dsc08895_1

 

  線路の向こう側が競馬場。(撮影 2012/04/12)

Dsc05295

  撮影 2013/05/03 

|

« 初夏の大垣城 - 岐阜県大垣市 | トップページ | 玉石垣の横須賀城 - 静岡県掛川市 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初夏の大垣城 - 岐阜県大垣市 | トップページ | 玉石垣の横須賀城 - 静岡県掛川市 »