« 信州旅行(5)信濃国分寺へ - 長野県上田市国分(こくぶ) | トップページ | 信州旅行(7)信濃国分寺資料館と信濃国分寺史跡公園 - 長野県上田市 »

2019年6月25日 (火)

信州旅行(6)八日堂 信濃国分寺 - 長野県上田市

 

  奈良時代に日本各地に建立された国分寺の内で信濃国国分寺の後継寺院にあたるのが現在の八日堂 信濃国分寺。

本来の国分寺は国分寺跡として発掘が行われ、その跡は史跡公園として整備されています。

 

  しなの鉄道信濃国分寺駅から西へ5分ほど歩くと国道の北側に仁王門があります。

Dsc00089

 

  境内に至る参道。

  両側は民家。

Dsc00090

 

  参道を振り返って。

  仁王門の向こう側が国道、国道の向こう側が信濃国分寺跡の史跡公園。

Dsc00091

 

  参道左側に信濃国分寺の寺務所(庫裡)。

Dsc00092

 

  参道は本堂の正面に至ります。

Dsc00096

 

  真田、徳川の第二次上田合戦(1600年 関ヶ原の戦いの際の戦い)で行われた「国分寺の会見」の碑。

Dsc00102

 

  当時の国分寺は荒れ果て、三重塔のみが残っているなか住職が粗末な堂を営むのみで、会見は陣幕を張って行われたのではと書かれています(会見自体の有無もある)。

Dsc00104

 

  本堂(薬師堂)。

  「江戸末期の万延元年(1860年)竣工」(ホームページより引用)。

  長野県宝に指定。

Dsc00110

Dsc00114

 

  本尊は薬師如来。 

Dsc00117

 

  三重塔。

  室町中期の建立。

  国の重要文化財に指定されています。

 

  上田盆地には4つの塔があります。

  安楽寺の八角三重塔(国宝)、前山寺の三重塔(重文)、大法寺の三重塔(国宝)、そして信濃国分寺の三重塔(重文)です。

  いずれも電車やバスと15分ほどの徒歩で行くことができます。

  他にも信濃には塔が多いのですが、なかなか公共交通機関が不便な場所にあるのが難点。

Dsc00121

 

  三重塔の説明板。

  この後、国道に戻り上田市立信濃国分寺資料館へ。

Dsc00125

  撮影 2019/06/17

|

« 信州旅行(5)信濃国分寺へ - 長野県上田市国分(こくぶ) | トップページ | 信州旅行(7)信濃国分寺資料館と信濃国分寺史跡公園 - 長野県上田市 »

甲信越地方(新潟県、山梨県、長野県)」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信州旅行(5)信濃国分寺へ - 長野県上田市国分(こくぶ) | トップページ | 信州旅行(7)信濃国分寺資料館と信濃国分寺史跡公園 - 長野県上田市 »