« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月30日 (火)

京都の観光は電車+地下鉄と徒歩で(5)京阪電車 叡山電車で詩仙堂へ - 京都府京都市

 

  最近の京都でのバスの混み具合は異常とも言えるもので、人気観光地でのバス待ちは積み残しが出るほど。

その混雑ゆえの不快さはできれば忌避したいものです。

という事で京都観光は電車+地下鉄と徒歩をお勧めします。

 

  さて、京都駅からJR奈良線で東福寺駅に至り、隣接する京阪電車の東福寺駅で乗り換えをします。

  京阪電車の東福寺駅にて。

P3280005

 

  今回は終点の出町柳駅にて叡山電車に乗り換えます。

Pict0039

 

  京阪電車、叡山電車の出町柳駅。

  ここから銀閣寺へは東に徒歩で30分。

  さすがに徒歩では大変なので、ここはタクシーかバスを利用します。

  銀閣寺門前まで2Kmぐらいの距離です。

Pict0038_20190730094401

 

  叡山電車の出町柳駅。

Pict0002_20190730094401

 

  同じく叡山電車出町柳駅にて。

Pict0003_20190730094501

 

  一乗寺駅にて下車。

Pict0008_20190730094501

 

  同じく一乗寺駅にて。

Pict0026_20190730094501

 

  駅から東に歩くこと5分で白川通りとの交差点へ。

P3280007

 

  そこからさらに3分ほどで江戸時代初期、宮本武蔵が吉岡一門数十人と決闘を行ったとされる一乗寺下り松(いちじょうじ さがりまつ)。

Pict0011_20190730094501

 

  さらに数分で詩仙堂。

Pict0014

P3280023

P3280022

 

  春 (5月下旬) のサツキと秋 (11月下旬) の紅葉が特に有名です。

Pict0023_20190730094601

  撮影 2009/03/28

| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

京都の観光は電車+地下鉄と徒歩で(4)京阪電車 三条駅から平安神宮などへ - 京都府京都市

 

  最近の京都でのバスの混み具合は異常とも言えるもので、人気観光地でのバス待ちは積み残しが出るほど。

その混雑ゆえの不快さはできれば忌避したいものです。

という事で京都観光は電車+地下鉄と徒歩をお勧めします。

 

  京都駅から奈良線でひと駅の東福寺駅へ向かいます。

  東福寺駅は快速、普通共に停車します。

Dsc02998

 

  隣にある京阪電車東福寺駅で乗り換え、北に向かいます。

Dsc03003

 

  今回は三条駅で下車。

Dsc03005

 

  三条大橋。

Dsc03006

 

  大橋とは反対側の東に歩いて行きます。

Dsc03008

 

  東へ15分足らずで三条神宮道交差点に至ります。

 そこから神宮道を北に数分で琵琶湖疎水。

Dsc03041

 

  東の突き当りに見える建物が琵琶湖疎水記念館。

Dsc03044

 

  左が北になります。

Dsc03048

 

  神宮道の右側、東側にある京都市美術館。 

Dsc03050

Dsc03054

 

  そして平安神宮の応天門。

Dsc03060

Dsc03073

  撮影 2014/06/26

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

京都の観光は電車+地下鉄と徒歩で(3)京阪電車 祇園四条駅から八坂神社などへ - 京都府京都市

 

  最近の京都でのバスの混み具合は異常とも言えるもので、人気観光地でのバス待ちは積み残しが出るほど。

その混雑ゆえの不快さはできれば忌避したいものです。

という事で京都観光は電車+地下鉄と徒歩をお勧めします。

 

  京都駅からJR奈良線で東福寺駅に向かい、東福寺駅で京阪電車に乗り換え七条駅、清水五条駅を経て次は祇園四条駅。

駅を出て東へ歩くとやがて南に祇園の花見小路。

花見小路の先には建仁寺があります。

四条通りをさらに東に行くと八坂神社に突き当たります。

 

 

  四条通り、東を望んで。

Dsc06594

 

  南座。

Dsc06595

 

  祇園四条駅から徒歩で4分、花見小路へ。

Dsc06602

 

  花見小路。

Dsc06663

 

  裏通りにはお茶屋さんが並んでいます。

Dsc06656

 

  花見小路を南に歩いて行くと突き当りに建仁寺があります。

Dsc06693

 

  四条通りを東に突き当たると八坂神社の西門に至ります。

Dsc06610

 

  四条通りを振り返って。駅からここまで徒歩で数分です。

Dsc06646

 

  八坂神社拝殿。

  年末に訪れたのでさい銭用の囲いがあります。

Dsc06628

  ここまでの撮影 2014/12/26

 

  八坂神社を東に抜けると円山公園。

Dsc07674

 

  北方向に門があります。

Dsc07675

 

  その前に祇園しだれ桜。

Dsc07676

 

  門を北にくぐると目の前が開け知恩院の三門の前へ。

  知恩院のさらに北側には青蓮院門跡があります。

  さらに北に行くと三条通りから平安神宮に至ります。

Dsc07679

  撮影 2017/11/28

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

京都の観光は電車+地下鉄と徒歩で(2)京阪電車 清水五条駅から清水寺などへ - 京都府京都市

 

  最近の京都でのバスの混み具合は異常とも言えるもので、人気観光地でのバス待ちは積み残しが出るほど。

その混雑ゆえの不快さはできれば忌避したいものです。

 

 

  京都駅から奈良線を利用して一つ目の東福寺駅で京阪電車に乗り換え、前回の七条駅を経て清水五条駅で下車。

ここから東へ五条通りを歩いて行くと五条坂からちゃわん坂を登り清水寺に至ります。

このコースは七条駅から三十三間堂への距離より遠く20分から25分ほど歩かねばなりません。

 

  五条の通り。

  東に歩くこと10分ちょっとで東山五条に至ります。

Pict0005

 

  清水五条駅から10分少々、右手の通りが五条坂。

Pict0006_20190725082901

 

  さらに分岐して右手がちゃわん坂。

  ここから10分ほどで清水寺に至ります。

Pict0008_20190725082901

 

  仁王門の下に出ました。

Pict0009_20190725082901

 

  帰りにちゃわん坂を下りる人もいます。

Pict0010_20190725082901

 

  こちらは清水道。

  多くの観光客で賑わいます。

Pict0070

Pict0075

 

  清水道を下ること3分ほどで右手に三年坂。

Pict0076

Pict0078

 

  三年坂を下り、道なりに再び3分ほどで二年坂。

  ここを下りずに左手の道を行くと八坂の塔があります。

Pict0087

  撮影 2010/02/27

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

京都の観光は電車+地下鉄と徒歩で(1)JR奈良線と京阪電車 東福寺と七条 - 京都府京都市

 

  以前から書いていることですが、京都を観光するにはバスでは無く、電車と地下鉄を主に利用するのが良いのではないかと考えています。

実際に私も京都観光にバスを利用したのは数えるほどしかありません。

最近の京都でのバスの混み具合は異常とも言えるもので、人気観光地でのバス待ちは積み残しが出るほど。

その混雑ゆえの不快さはできれば忌避したいものです。

 

  京都の観光地別に京都駅からの電車と徒歩での行き方を示してみます。

まず今日は東福寺と三十三間堂。

 

  京都駅から奈良線で東福寺駅へ向かいます。

  東福寺駅は快速、普通どちらも停車します。

  ちなみに伏見大社のある稲荷駅は快速は通過。

 

  東福寺駅にて。

Dsc09772

 

  外へ出て、東福寺へは南へ数分でたどり着けます。

Dsc09775

 

  JR東福寺駅の隣に京阪電車の東福寺駅があり、これに乗り換えます。

  外に出る必要はありません。

Dsc09776

 

  七条で下車。

  北に向かう京阪電車は七条のあと清水五条駅、祇園四条駅、三条駅、神宮丸太町から終点の出町柳駅に至ります。

Dsc09781

 

  東に歩いて行くと蓮華王院三十三間堂、京都国立博物館があります。

Dsc09782

 

  大和大路七条の交差点に三十三間堂の入り口があります。

  徒歩で5分ぐらいです。

  前には京都国立博物館、北に3分ほどで豊国神社、方広寺。

  行きあたりに門が見えるのは智積院。ここから5分の距離です。

Dsc09789

  撮影 2013/07/09

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

ありし日の長野電鉄 屋代線 屋代駅にて - 長野県千曲市

 

  長野県の松代を訪れた際に、しなの鉄道から長野電鉄屋代線に乗り換えた屋代駅。

屋代線は屋代~須坂間を結ぶ路線で、途中に松代駅がありました。

現在は廃線となり、松代へは長野駅からのバスが便利です。

 

  屋代駅の長野電鉄線乗り場は5番線でした。

P8010024

 

  11時台と14時台を除きほぼ1時間に1本の運行。

P8010026

 

  屋代駅に到着の3500系電車。

Pict0019

P8010025

 

  3500系は現在でも現役。

  冷房の無い電車に乗ったのは当時でも久しぶりでした。 

Pict0020_20190722122301

  撮影 2007/08/02

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

上田盆地の4つの塔(3)信濃国分寺の三重塔 - 長野県上田市

 

  上田盆地には4基の塔があり、そのうち2基は国宝、2基は重要文化財に指定されています。

 

信濃国分寺は15年ぶりに訪れたわけですが、前回の記憶と少々印象が異なっていたのは、久方ぶりということから仕方の無いところでしょう。

 

  しなの鉄道信濃国分寺駅。

Dsc00077

 

  国道沿いを徒歩5分ぐらいで仁王門へ。

  ここから緩い坂を登って住宅街へ入って行きます。

Dsc00085

 

  境内右手にある重要文化財三重塔。

  建立時期は室町時代中期と推測されています。

Dsc00121_20190719051301

 

  万延元年(1860年)に竣工の本堂。

  長野県宝に指定されています。

Dsc00096_20190719051301

  撮影 2019/06/17

 

  2004年に撮影した三重塔。

                     撮影 2004/08/03

P8030032

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

上田盆地の4つの塔(2)安楽寺八角三重塔 - 長野県上田市

 

  上田盆地には4基の塔があり、そのうち2基は国宝、2基は重要文化財に指定されています。

 

  福島県の会津若松を訪れた際、帰りに立ち寄った上田市別所温泉の安楽寺八角三重塔。

別所温泉へは上田電鉄別所線で30分足らずの所要時間です。

別所温泉はかって歓楽街でしたが、上田市に編入されてからは観光に重点を置くようになり、女性の観光客も増えたと地元の人に聞いたことがあります。

 

  上田電鉄上田駅。

Dsc05963

 

  車両基地のある下之郷駅。

Dsc05967

Dsc05969

 

  所要時間30分足らずで終点の別所温泉駅に到着。

Dsc06083

 

  町並みを奥に歩いて行くと左手に北向観音があります。

  右手に行くと安楽寺です。振り返って。

Dsc05998

 

  安楽寺は山号が崇福山。黒門。

Dsc06000

Dsc06009_20190716124501

 

  突き当りに本堂があります。

  八角三重塔の拝観入口は向かって本堂の左わきにあります。

Dsc06020

 

  石段を登ります。

Dsc06031

 

  建立年は詳らかでは無く、定説では鎌倉末期の建立と考えられています。

  国宝に指定されています。

Dsc06032

Dsc06047

 

  あいにくの雨でしたが紅葉の美しい季節でした。

Dsc06039

  撮影 2014/11/09

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

上田盆地の4つの塔(1)大法寺の三重塔と前山寺の三重塔 - 長野県青木村、上田市

 

  上田盆地には4基の塔があり、そのうち2基は国宝、2基は重要文化財に指定されています。

 

  2004年の8月に訪れた小諸と上田。

2日の夜、岐阜を深夜快速「ムーンライトながら」で出発し翌3日の早朝に東京駅に到着。

そのまま上野に向かい上野から高崎線で高崎へ。高崎から信越本線で横川。

横川からは1番バスで碓氷峠を越え軽井沢に至ります。

その後、しなの鉄道で小諸に向かい小諸城などを観光しその日は上田で一泊。

あくる日は上田電鉄で塩田平の「信州の鎌倉」を観光し、さらに別所温泉の安楽寺八角三重塔などを訪れ、上田でもう一泊。

最終日はバスで青木村に向かい大法寺を訪れ、再び上田に戻ると篠ノ井から松本、塩尻を経て名古屋から岐阜に帰るという4日間の旅程でした。

 

  小諸駅にて。

  しなの鉄道とJR東日本の小海線用気動車。

 P1010004

 

  前山寺(ぜんさんじ)。

  上田電鉄塩田町駅からのシャトルバスで8分。

  信州の鎌倉シャトルバスの時刻表。(2019年7月現在)

P8040034

 

  重要文化財に指定されている三重塔。

  様式から室町時代に建立されたと推測されています。

P8040039_20190715010101

 

  本堂。本尊は大日如来。

P8040040

P8040041

 

  大法寺観音堂。

  上田駅から30分、千曲バス青木線「当郷」停留所下車、徒歩15分。

P8050014

 

  国宝大法寺三重塔。

  正慶2年(1333年)に建立。

P8050015  

  撮影 2004/08/04,05

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

信州旅行(15)松本駅にて 帰路につく - 長野県松本市

 

  松本市へは2014年9月に松本城、旧開智学校、旧松本高等学校などを訪れましたが、今回は松本駅構内から外に出ることはなく、特急への乗り継ぎに徹しました。。

松本城の北にある旧開智学校は2019年中に国宝となる予定で、当時はまだ重要文化財でした。

 

  松本駅。

Img_1320

 

  2番線と3番線。

  特急「しなの」の名古屋行きは1番線。

Img_1321

 

  松本駅構内。

Img_1323

 

  0番線の飯田行き普通。

  JR東海の313系電車。

Img_1325

 

  東京、甲府方面から到着した特急「あずさ」E353系。

Img_1329

 

  木曽路を名古屋に向かい帰路につきます。

Img_1330

  撮影 2019/06/18

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

信州旅行(14)上田駅から篠ノ井駅、姨捨駅から松本駅へ - 長野県上田市、千曲市、松本市

 

  上田から帰路につきます。

途中、篠ノ井駅で岐阜までの乗車券と名古屋までの特急券を購入。

特急券は松本からとし、篠ノ井から松本へは姨捨駅で途中下車できるように普通電車に乗車しました。

Dsc00307

 

  上田駅のしなの鉄道。

  写真は前日のもの。

Dsc00184_20190710013701

 

  篠ノ井駅で外に出てみました。

Img_1307

 

  コミュニティバスがあるようです。

Img_1309

 

  駅前通り。

Img_1310

 

  姨捨駅にて。

  当初は途中下車をし次の電車を待つつもりでしたが、3分停車ということで同じ電車で松本に向かいました。

Img_1311

 

  同じく姨捨駅。

  車両はE127系。

Img_1313

 

  姨捨駅ではスイッチバックで行き来します。

Img_1314

 

  松本駅に到着。

  篠ノ井~松本間は基本的に 往復とも特急1本(しなの)、普通1本の運行。

Img_1319

  撮影 2019/06/18

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

信州旅行(13)上田城を訪れる(4)駅に帰る - 長野県上田市

 

  帰りは二の丸の東虎口から外に出ます。

ここから二の丸通りを道なりに南から東に向かうと上田駅に至ります。

駅までは徒歩10分ぐらいです。

 

  いつもの余湖くんのお城のページからの引用図。

Uedatyo_20190708234901

 

  南櫓の拝観入口から下の尼ヶ淵を見下ろして。

Dsc00288

 

  二の丸から北櫓と東虎口櫓門。

Dsc00293

 

  平和の鐘。

Dsc00296

 

  二の丸の東虎口。

  現在の城域はここまで。ここから外に出ます。

Dsc00297_20190708235001

 

  二の丸橋、振り返って。

Dsc00300

Dsc00301

 

  道路沿いにある二の丸堀跡。

  外堀にあたります。堀は遊歩道となっています。

Dsc00302

 

  上田城は駅から徒歩で10分ほどの距離にあります。

Dsc00303

 

  上田駅は新幹線駅。

  他にしなの鉄道と上田電鉄が発着します。

Dsc00309

  撮影 2019/06/18

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

信州旅行(12)上田城を訪れる(4)上田市立博物館と櫓の拝観 - 長野県上田市

 

  七つあった上田城の櫓の内二つは明治時代に遊郭に払い下げられ、移築して使用されていました。

その後、昭和16年(1941年)に他に転売されるところを市民が阻止すべく運動を起こし、これを買い取り、昭和24年(1949年)に現在の位置に移築したのが北櫓と南櫓となりました。

 

  本丸東のお堀。

Dsc00244

 

  本丸の外、東にある上田市立博物館。

Dsc00248

 

  斜め前にある別館。

Dsc00252

 

  共通観覧料(市立博物館常設展及び南櫓・北櫓・櫓門の観覧)大人500円、高校生以上の学生300円、小中学生150円。 

Dsc00254

 

  博物館内の写真はありません。

 

  櫓内の拝観は南櫓から入ります。

  南櫓外側から。

Dsc00257

 

  南櫓内部。

Dsc00267

 

  左の写真が遊郭となっていた時代の二つの櫓(昭和19年頃の写真)。

Dsc00271

 

  二階に上がり南櫓の天井。

Dsc00272

 

  復元された袖塀にある石落とし。

Dsc00273

Dsc00274

 

  平成6年(1994年)に復元された櫓門の天井。

Dsc00275

 

  櫓門から見える本丸内の真田神社。

Dsc00277

 

  櫓門から北櫓。

Dsc00279

 

  外へ出て東側から。

  左から南櫓、東虎口櫓門、北櫓。

Dsc00290

  撮影 2019/06/18

| | コメント (0)

2019年7月 4日 (木)

信州旅行(11)上田城を訪れる(3)真田神社と南櫓・北櫓・東虎口櫓門 - 長野県上田市

 

  以前にも書きましたが、真田家が居城としていた城郭は関ヶ原の戦いの後に破却されてしまい、真田信之が初代上田藩藩主として上田を支配した頃は城が無い状態でした。

元和8年(1622年)真田信之は松代藩へ移封、後には仙石忠政が入封しやっと上田城が再建されることになります。

しかし忠政は寛永3年(1626年)に上田城の再建に着手するも寛永5年(1628年)に死去し、上田城の普請は打ち切られそれ以上の増築は行われませんでした。

仙石氏は3代続いた後、宝永3年(1706年)に但馬国出石藩に移封され、替わって松平(藤井)氏が新しい藩主となり7代で明治維新を迎えます。

 

  真田神社。

  真田氏、仙石氏、松平氏の歴代藩主が祭神として祀られています。

Dsc00230

Dsc00224_20190704015801

 

  拝殿。

Dsc00226

 

  いつもの余湖くんのお城のページからの引用図。

Uedatyo_20190704015801

 

  本丸内からの北櫓。

Dsc00227

Dsc00228

 

  本丸東虎口櫓門。

  平成5年(1993年)に古写真などを参考に復元されました

Dsc00239

 

  外側から南櫓。

Dsc00234

 

  外側からの北櫓。

  木々で覆われています。

  北櫓、南櫓は西櫓とともに現存遺構で長野県宝に指定されています。

Dsc00243

 

  櫓門の外、北側にある真田石。

Dsc00232

 

  実際には仙石忠政が造った石垣ですが真田信之の伝承として残っている真田石。

Dsc00233

  撮影 2019/06/18

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

信州旅行(10)上田城を訪れる(2)本丸 - 長野県上田市

 

  西櫓の脇から急な階段を登り本丸へ。

階段を登り切ると櫓台跡があります。

その中が本丸で、一段高い場所は芝生広場に、低い場所には真田神社があります。

 

  いつもの余湖くんのお城のページからの引用図。

Uedatyo

 

  前回の西櫓の脇の急な階段。

Dsc00207_20190701012401

 

  階段を登り切ったところ。

Dsc00209

Dsc00208

 

  内側から西櫓。

Dsc00212

 

  一段と高い場所の本丸芝生広場。

Dsc00215

 

  芝生広場からの西櫓と真田神社の本殿。

Dsc00217

 

  同じく西櫓。

  西櫓は現存遺構で長野県宝に指定されています。

Dsc00218

 

  本丸北側の土塁。

Dsc00220

 

  土塁から北側にあるお堀。

Dsc00221

 

  真田神社。

  祭神は真田・仙石・松平の歴代上田藩主。

Dsc00224

  撮影 2019/06/18

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »