« たつの市旧市街を散策(8)龍野城(1) - 兵庫県たつの市 | トップページ | 姫路駅から播但線で寺前駅へ - 兵庫県神崎郡神河町 »

2019年9月15日 (日)

たつの市旧市街を散策(9)龍野城(2)模擬櫓、家老門、本竜野駅に戻る - 兵庫県たつの市

 

  龍野城は5万石の大名の居城としては大変質素な城郭ですが、脇坂安政が入封した時期はもう17世紀の後半で堅固なお城は必要なかったという事情があります。

家祖の脇坂安治は「賤ヶ岳の七本槍」の一人として武名を誇りましたが、三代目の安政は幕府の有力者である堀田家からの養子。

その事情もあり脇坂家は願い譜代として処遇され、幕府後期には老中を務め、正式に譜代扱いとなりました。

 

  いつもの余湖くんのお城のページからの引用図。

  安政が龍野に入封された際に城郭の再建が許されましたが、この際山頂部は放棄しました。

Tatunotyo_20190915001001

 

  西門から城外に出ます。

Img_1467

 

  西門は四脚門。

Img_1469

 

  下の道路に下ります。

Img_1468

 

  龍野城のシンボルとなっている模擬櫓。

  桜の木に包まれています。

Img_1472

 

  塀に沿って南に下ると左さきが小学校。

  その反対側に家老門が現存しています。

Img_1478

Img_1480

Img_1483

 

  家老門から東に戻ると元の埋門(うずみもん)の前に。

Img_1484

 

  龍野橋を経て、暑い中、本竜野駅に戻ってきました。

Img_1391_20190915001001

Img_1485

 

  昔の跨線橋の柱。

 

  姫路駅に戻ります。

Img_1486

  撮影 2019/09/05

|

« たつの市旧市街を散策(8)龍野城(1) - 兵庫県たつの市 | トップページ | 姫路駅から播但線で寺前駅へ - 兵庫県神崎郡神河町 »

近畿地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たつの市旧市街を散策(8)龍野城(1) - 兵庫県たつの市 | トップページ | 姫路駅から播但線で寺前駅へ - 兵庫県神崎郡神河町 »