« 初冬の奈良を散策(3)興福寺境内から東大寺へ - 奈良県奈良市 | トップページ | 初冬の奈良を散策(5)東大寺三月堂と二月堂 - 奈良県奈良市 »

2019年12月10日 (火)

初冬の奈良を散策(4)東大寺南大門から鏡池を経て手向山八幡宮へ - 奈良県奈良市

 

  初冬と言うより晩秋という趣きの奈良を散策。

拝観は一切することなく興福寺から東大寺をただ歩いてみました。

今回は東大寺の南大門から大仏殿が見える鏡池を迂回し手向山八幡宮まで。

 

  国宝の東大寺南大門。

  鎌倉時代の「正治元年(1199)に上棟し、建仁3年(1203)に門内に安置する仁王像とともに竣工」(東大寺ホームページより)。

Img_1754

 

  南大門手前横の鹿の群れ。

Img_1757

 

  鏡池越しに見える中門と大仏殿。

  中門は享保元年(1716年)頃の再建。重要文化財。

  大仏殿は治承4年(1180年)と永禄10年(1567年)の二度の兵火により焼け落ち、現在の大仏殿は江戸時代の宝永6年(1709年)に落慶したもの。

  大仏殿は国宝に指定されています。

Img_1766

 

  手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)に向かう右側は東塔院跡で発掘調査中。

Img_1773

Img_1775

 

  坂を振り返った所。

Img_1777

 

  手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)。

  東大寺の鎮守社であったものが明治の神仏分離令で独立。

Img_1780

Img_1785

 

  側門から出て振り返ったところ。

Img_1789

  撮影 2019/12/05

|

« 初冬の奈良を散策(3)興福寺境内から東大寺へ - 奈良県奈良市 | トップページ | 初冬の奈良を散策(5)東大寺三月堂と二月堂 - 奈良県奈良市 »

観光地」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初冬の奈良を散策(3)興福寺境内から東大寺へ - 奈良県奈良市 | トップページ | 初冬の奈良を散策(5)東大寺三月堂と二月堂 - 奈良県奈良市 »