« 初冬の嵐山、嵯峨野を散策(2)野宮神社から竹林の小径、常寂光寺へ - 京都府京都市 | トップページ | 初冬の奈良を散策(1)京都から奈良へ 興福寺北円堂 - 奈良県奈良市 »

2019年12月 3日 (火)

初冬の嵐山、嵯峨野を散策(3)常寂光寺 - 京都府京都市

 

  京都嵯峨野の初冬12月。

翌年に紅葉真っ盛りの時期に訪れた常寂光寺。

初冬の嵯峨野は少し寒々しく枯れた雰囲気があります。

 

  小倉山の見える畑に出ました。

  この山腹に常寂光寺があります。

Dsc04611

 

  右手、北側には俳人向井去来が住んだ落柿舎があります。

Dsc04612

 

  常寂光寺山門。

  江戸時代後期に改築されたもの。

Dsc04618

 

  仁王門。

  「南北朝時代の貞和年間に本圀寺の南門として建立、元和2年(1616年)に現在地に移築」されたもの。

Dsc04622

 

  本堂 。

  「伏見城の客殿を慶長年間に移築」したもの。

Dsc04628

 

  多宝塔。

  元和6年(1620年)の建立。

  重要文化財に指定されています。

Dsc04636

 

  境内からは嵯峨野が一望できます。

Dsc04645

 

  北に歩いて行くと二尊院。

Dsc04675

  撮影 2012/12/14

|

« 初冬の嵐山、嵯峨野を散策(2)野宮神社から竹林の小径、常寂光寺へ - 京都府京都市 | トップページ | 初冬の奈良を散策(1)京都から奈良へ 興福寺北円堂 - 奈良県奈良市 »

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初冬の嵐山、嵯峨野を散策(2)野宮神社から竹林の小径、常寂光寺へ - 京都府京都市 | トップページ | 初冬の奈良を散策(1)京都から奈良へ 興福寺北円堂 - 奈良県奈良市 »