« 名鉄津島駅と津島神社 - 愛知県津島市 | トップページ | 名鉄岐阜駅にて 2011年2月 - 岐阜県岐阜市 »

2020年2月 9日 (日)

地元民も登る岐阜城 - 岐阜県岐阜市

 

  現在の岐阜城は完全に観光城ですが、天守の存在はあまりよくわかっていないのが実情。

最近、天守の石垣が発見されたとのニュースがありましたが、一般的に余り知られていないのは、江戸時代には岐阜城は関ヶ原の戦い後に廃城となっていたことです。

当然、天守などは無く、現在のように山上に天守が聳え立ったのは昭和31年(1956年)になってから。

したがって、現在では殆んどの岐阜市民は高齢者でない限り、生まれたときには金華山上に岐阜城があったという事になります。

 

  織田信長居館跡の入り口にある模擬冠木門。

Dsc06668

 

  現在は誰でもロープウェイで山頂に行くことができます。

  三重塔は大正天皇御大典を記念して1916年5月に建立されたもの。登録有形文化財。

Dsc06672

 

  現在も続く発掘調査。

Dsc06685

 

  ロープウェイで約4分、山上へ。

  ロープウェイ料金 通常料金 大人(12歳・中学生以上) 往復1,100円 片道630円     小人 (4歳~11歳) 往復550円 片道300円(2020年2月現在)。

  山上駅から尾根を少し歩かねばなりません。

Dsc06717_20200209125001

Dsc06728

 

  眼下に見える長良橋。

Dsc06732

 

  南東方向の展望。

Dsc06740

  撮影 2017/01/05

|

« 名鉄津島駅と津島神社 - 愛知県津島市 | トップページ | 名鉄岐阜駅にて 2011年2月 - 岐阜県岐阜市 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

【天守閣】模擬天守(と見なされるお城)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名鉄津島駅と津島神社 - 愛知県津島市 | トップページ | 名鉄岐阜駅にて 2011年2月 - 岐阜県岐阜市 »