« 373系電車時代の「ホームライナー大垣」大垣駅にて - 岐阜県大垣市 | トップページ | 旧尾道駅駅舎と尾道城 - 広島県尾道市 »

2020年3月18日 (水)

バスで行く墨俣城(墨俣一夜城と美濃路墨俣宿) - 岐阜県大垣市墨俣町

 

  現在は大垣市に属する墨俣(すのまた)は木下藤吉郎(豊臣秀吉)の墨俣一夜城で知られた地。

美濃、尾張攻防の要地で洲俣と書かれるように長良川の西岸の洲に城が築かれていました。

現在は模擬天守の墨俣一夜城歴史資料館が建てられています。

また江戸時代には中山道垂井宿と東海道宮宿を結ぶ美濃路の宿場町として栄えました。

 

 

  墨俣へは岐阜から岐阜バス、大垣からは名阪近鉄バスが運行されています。

 

JR岐阜駅バスターミナル(北口)6番のりば、名鉄岐阜のりばより、岐阜バスおぶさ墨俣線、「墨俣」行き

大垣駅前バスのりば(大垣駅南口)2番のりばより、名阪近鉄バス岐垣線、「岐阜聖徳学園大学」行き

 

  岐阜方向の東を望んで。すぐに長良川に架かる長良大橋があります。

  墨俣宿、墨俣城、堤の桜は左手方向。

 Dsc05231

 

  かっての美濃路。

Dsc05218

Dsc05190

Dsc05188

Dsc05217

 

  堤沿いに桜があります。

Dsc05213

 

  模擬天守(資料館)。平成3年(1991年)の建築。

Dsc05206

Dsc05198

 

  地域の桜の名所となっています。

Dsc05196_20200318132901

  撮影 2016/03/31

|

« 373系電車時代の「ホームライナー大垣」大垣駅にて - 岐阜県大垣市 | トップページ | 旧尾道駅駅舎と尾道城 - 広島県尾道市 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 373系電車時代の「ホームライナー大垣」大垣駅にて - 岐阜県大垣市 | トップページ | 旧尾道駅駅舎と尾道城 - 広島県尾道市 »