« 旧尾道駅駅舎と尾道城 - 広島県尾道市 | トップページ | 秋田駅にて - 秋田県秋田市 »

2020年3月24日 (火)

「のどかさや 小山つづきに塔二つ」(正岡子規)尾道の塔 - 広島県尾道市

 

  「のどかさや 小山つづきに塔二つ」

 

  この句は明治28年(1895年)、正岡子規が日清戦争の従軍記者として尾道を通過した際に詠んだもの。

実際には尾道には三つの塔がありますが(瀬戸田地区を除く)、汽車から見えた塔というのは天寧寺の三重塔と浄土寺の多宝塔とみられます。

西国寺の三重塔は少し奥まったところにあるので、ちょっと考えられません。

Pict0126

 

  浄土寺の多宝塔。

  嘉暦3年(1328年)建立の国宝。

  本堂も嘉暦2年(1327年)の建立で国宝です。

  尾道の古寺巡りでは東の端にあります(一番東は海龍寺 そのすぐ西隣にあります)。

Pict0011_20200324111001

 

  西国寺の金堂と三重塔。

  金堂は至徳3年(1386年)の建立で重要文化財。

Pict0045

 

  西国寺の三重塔。

  永享元年(1429年)の建立で重要文化財。

Pict0057_20200324111001

 

  ロープウェイで山頂まで登り、ゆるゆると降りることに。

  途中には千光寺があります。

Pict0085

 

  千光寺からさらに下ると天寧寺の三重塔があります。

  嘉慶2年(1388年)に五重塔として建立、元禄5年(1692年)に老朽化した4層目と5層目を取り除き現在のような三重塔となる。

  重要文化財。

Pict0109

  撮影 2010/04/07

|

« 旧尾道駅駅舎と尾道城 - 広島県尾道市 | トップページ | 秋田駅にて - 秋田県秋田市 »

中国地方」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旧尾道駅駅舎と尾道城 - 広島県尾道市 | トップページ | 秋田駅にて - 秋田県秋田市 »