« JR因美線、智頭急行智頭線 智頭駅(ちずえき)にて - 鳥取県八頭郡智頭町 | トップページ | 所用での京都駅 - 京都府京都市 »

2020年4月21日 (火)

津山駅と桜の津山城跡 - 岡山県津山市

 

  智頭からの続き。

鳥取県側はあいにく雨の天気でしたが、岡山県側では津山まで来ると日が差すほどになりました。

 

  津山は美作、津山地方の中心都市で人口は10万人。

江戸時代は森氏5代、(越前)松平氏9代の城下町でした。

藩庁であった津山城での建築物は平成17年(2005年)に復元された備中櫓のみ(復元された塀はある)ですが、石垣が大規模に残っています。

 

また全国的にも有名な桜の名所で、この日はまだ三分咲きほどだったので、どうしても満開の時期に来たいと思い2013年に再度訪れました。

 

  津山駅。

Dsc08154

 

  扇形車庫と転車台が残っており、これらは多くの車両と共に「津山まなびの鉄道館」として展示され、有料で観覧できます。

P4010141

 

  実質的に津山を作った初代津山藩主の森忠政の像。

  拝観入り口の前にあります。

P4010103

P4010112

 

  平成17年(2005年)に復元された備中櫓。

P4010116

 

  桜は三分咲きほどでした。

P4010128

 

  津山駅は津山線、因美線、姫新線が集まる交通の要衝です。

P4010140

 

  岡山へは津山線で行くことができますが、この日は姫新線で一旦新見へ向かい、伯備線で倉敷、岡山へ向かいました。

  姫新線新見行き列車。

P4010145

 

  こちらは津山線の岡山行き。

P4010142

  撮影 2009/04/01

|

« JR因美線、智頭急行智頭線 智頭駅(ちずえき)にて - 鳥取県八頭郡智頭町 | トップページ | 所用での京都駅 - 京都府京都市 »

中国地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JR因美線、智頭急行智頭線 智頭駅(ちずえき)にて - 鳥取県八頭郡智頭町 | トップページ | 所用での京都駅 - 京都府京都市 »