« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

松阪城から松阪駅に戻る - 三重県松阪市

 

  松阪城の大手を出ると駅方面に大手通りが延びています。

これを諸所寄り道をしながら松阪駅に戻りました。

 

  松阪市立歴史民俗資料館の前をさらに下っていきます。

  資料館は明治45年(1912年)に飯南郡図書館(いいなんぐんとしょかん)として建築された建物を利用しています。

Pict0098_20200629234401

 

  歴史民俗資料館を振り返って。

Pict0101

 

  松阪城跡の碑まで降りてきました。

Pict0102

 

  大手口を出ます。振り返って。

Pict0103_20200629234401

 

  大手通り本町交差点、これも振り返って。

  写真の向かって右側に行くと三井家発祥の地があります。

P6180041

P6180039

 

  本町交差点の一本手前の道路を駅に向かって左に折れると松阪木綿商 旧長谷川家があります。

P6180038

 

  さらにその奥の反対側にある本居宣長旧宅跡地。

  明治42年(1909年)に保存のため城内の現在地に移築されました。

Pict0107

Pict0108_20200629234501

 

  三井家発祥の地。

Pict0114

 

  本町から中町を抜けて駅に向かいましたが、途中にはいくつかの寺院がありました。

  継承寺。

P6180044

P6180043

 

  龍華寺。

P6180046

P6180045

 

  松阪駅に戻ってきたのは17時頃。懐かしいキハ11形。

  名古屋まで近鉄急行(特急ではない)で帰ったと記憶しています。

  これで田丸城、松阪城を訪れた旅は終わり。

P6180047

  撮影 2009/06/18

| | コメント (0)

2020年6月29日 (月)

松阪城跡にて(1) - 三重県松阪市

 

  2009年の梅雨時に訪れた松阪市。

目当ては松阪城でしたが、武家屋敷の御城番屋敷や城内にある本居宣長旧宅、本居宣長記念館なども合わせておとずれました。

 

  御城番屋敷より松阪城跡を。

P6180026

 

  城の裏口に当たる搦手(からめて)から入りました。

P6180031

 

  裏門跡。

P6180034

 

  振り返って。

P6180035

 

  いつもの余湖君のお城のページからの引用図。

 

  松阪城は天正16年(1588年)に蒲生氏郷が築城。

  その後、氏郷は小田原征伐(天正18年(1590年))の功により90万石で会津に移り、城主は服部一忠、古田氏と替わり、元和5年(1619年)に紀伊藩領となりました。

  紀伊藩領となると城代が置かれ、二の丸に陣屋を設けて政務を行いました。

Matuzakatyo_20200628033001

Pict0082_20200628033001

 

  城内に移築された本居宣長旧宅。

  2階の書斎を鈴屋(すずのや)と呼びます。

Pict0083

 

  御城番屋敷を城内から。

Pict0087_20200628033001

 

  中門跡。

Pict0090

 

  本丸の天守台。

  3重5階の天守が築造されましたが、正保元年(1644年)に台風のため倒壊したそうです。

Pict0092_20200628033001

 

  天守台。

Pict0095

 

  天守台から。

Pict0096

  撮影 2009/06/18

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

松阪の旧松坂御城番屋敷(ごじょうばんやしき) - 三重県松阪市

 

  もう10年前の2009年の梅雨時に訪れた三重県の田丸城と松阪城。

まず田丸城を訪れ、再び松阪に戻り松阪城へ。

 

  御城番屋敷とは「江戸時代末期の武士の住宅。松坂御城番が居住した現存する組屋敷(長屋)遺構である」。

松阪城跡の搦手からの道路の東西にある長屋が御城番屋敷で、重要文化財に指定されています。

私が訪れた時はちょうど修復工事中で、これは2010年に終了したそうです。

 

  松阪駅前を振り返って。

P6180018

 

  生垣のある街並みに入ってきました。

P6180021

 

  松阪神社の前に。

P6180024

 

  そしてこの道路を挟んで御城番屋敷があります。

P6180025

 

  いつもの余湖君のお城のページからの引用図。

Matuzakatyo

 

  南東方向を振り返って。

Pict0080_20200627154801

 

  土蔵。県指定文化財。

  内部に御城番屋敷の歴史についての展示があります。

Pict0079

P6180030

 

  松阪城跡から見下ろして。

Pict0086_20200627154801

  撮影 2009/06/18

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

JR紀勢線、参宮線 多気駅(たきえき)にて - 三重県多気郡多気町

 

  田丸駅から松阪へ戻る途中、多気駅で新宮方面からの列車の接続待ちで数分間の停車がありました。

紀勢本線多気駅からは鳥羽に向かう参宮線が分岐しますが、運用は鳥羽~多気~亀山の直通が一般的。

新宮方面との普通列車の多くは多気駅で乗り換えとなります。

新宮方面との列車は普通が九往復、特急「ワイドビュー南紀」が四往復です。

普通の亀山までの直通が二往復で残りの七往復は多気駅で乗り換えとなります(2020年6月現在)。

Pict0071_20200626025301

 

  ホームで新宮方面からの列車を待ちましたが、なかなか到着しない。

Pict0072_20200626025301

 

  亀山行きの普通キハ11形。

  現在はキハ25形で運用されています。

Pict0073

Pict0075_20200626025401

 

  3番線に到着した新宮方面からの列車。

  車内は一挙に混み合いました。

  この頃から雨模様となり、松阪では強く降る時間もありました。

Pict0076_20200626025401

  撮影 2009/06/18

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

田丸城にて(2) - 三重県度会郡玉城町(たまきちょう)

 

  2009年の梅雨時である6月に三重県にある田丸城を訪れた際の様子。

織田信雄により近世城郭に改修された田丸城は、その後は城主が目まぐるしく交代しましたが、江戸時代になると紀州藩領となり城代が置かれ明治に至りました。

 

  富士見門から左に行くと本丸虎口に至りますが、右に行くと三の丸。

  右への道順を取りました。

Pict0026_20200624063401

 

  道が奥に続いています。

Pict0027_20200624063401

 

  石垣の上に登る階段が備わっていました。

Pict0030_20200624063401

 

  階段を上がって振り返ったところ。

Pict0031_20200624063401

 

  本丸方向。

Pict0032

 

  いつもの余湖君のお城のページからの引用図。

Tamarutyo_20200624065401

  本丸虎口の門跡へ。

Pict0033_20200624063501

Pict0034_20200624063501

 

  本丸内。

  右手奥に天守台があります。

Pict0035_20200624063501

 

  天守台。

  天正3年(1575年)に織田信雄(おだのぶかつ)の改修により三層の天守が建てられました。

Pict0037_20200624063501

 

  本丸から田園風景。

  雨は落ちていませんでしたが、梅雨らしい空模様でした。

Pict0041_20200624063501

 

  こちらが二の丸虎口。

Pict0054_20200624063501

 

  本丸前から下に降ります。振り返って。

Pict0058_20200624063501

 

  ぐるっと一周し富士見門前に。

Pict0064_20200624063501

 

  辺りを散策したのち、田丸駅に戻ってきました。

  城内には玉城町役場、SLのC58、「朝日新聞の創刊に携わった村山龍平を顕彰する記念館」があります。

  また旧御殿跡に玉城町立玉城中学校があります。

P6180010

P6180013

 

  亀山行きで松阪に戻り、次は松阪市内を散策しました。

P6180012

  撮影 2009/06/18

| | コメント (0)

2020年6月22日 (月)

田丸城にて(1) - 三重県度会郡玉城町(たまきちょう)

 

  10年ほど前の2009年の6月に三重県の田丸城と松阪城を訪れた際の様子。

近鉄名古屋駅から松阪まで近鉄で来ましたが、、まず最初に訪れたのは田丸城。

松阪からはJRで伊勢市、鳥羽方面への普通で所要30分以上の田丸駅で下車します。

途中の多気駅まで快速「みえ」で行き、そこから普通に乗り換える方法もあります。

 

  田丸駅にて。

  現在は名松線など一部でしか運用されていないキハ11。

Pict0007_20200621231901

 

  田丸駅。

  参宮線の駅です。

Pict0009_20200621231901

 

  駅前から左手に道を取ると正面に田丸城跡が見えてきます。

Pict0011_20200621231901

 

  まず外堀に出ます。

  グーグルストリートビューで見てみると、今は鬱蒼とした茂みは無くなり、すっきりとした様子となっていました。

Pict0012_20200621231901

 

  外堀からさらに奥に進むと内堀があります。

  玉城町(たまきちょう)役場の裏側になります。

Pict0013_20200621231901

 

  内堀に沿って進むと城内に入る入り口に田丸城址の碑があります。

Pict0019_20200621231901

Pict0020_20200621231901

 

  いつもの余湖くんのお城のページからの引用図。

Tamarutyo

 

  城内に入ってその奥に移築された富士見門があります。

  左手に行くと御殿跡にある玉城中学校、本丸下へ。

  右へ行くと三の丸に通じます。

Pict0023_20200621231901

  撮影 2009/06/18

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

松阪駅(まつさかえき)にて(JR東海、近鉄) - 三重県松阪市

 

  これも10年ほど前の旅行から、少し雨模様のなか田丸城跡と松阪城跡などを訪れた様子。

岐阜からJRで名古屋に向かい、名古屋からは近鉄で松阪へ。

松阪へは近鉄特急ではなく急行を利用しました。

 

  松阪駅。

  「まつざか」ではなくて「まつさか」なんですね。

P6180016

 

  駅前通り。

P6180017

 

  松阪駅は1番線から8番線まであり、1番線から5番線までがJR、6番線から8番線までが近鉄。

  名古屋行きの快速「みえ」キハ75形。

P6180002

 

  亀山行き普通キハ11形。

  現在は運用されていないキハ11形が懐かしい。

P6180004

 

  こちらは名松線のキハ11形。

  現在までキハ11形が残るのは名松線と東海交通事業の城北線(じょうほくせん)だけとなりました。

  国内ではひたちなか海浜鉄道にも譲渡されて見ることができるようです。

Pict0115

 

  近鉄特急の到着。大阪の難波行き。

Pict0120

Pict0123_20200618182401

  撮影 2009/06/18

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

名鉄名古屋本線 岡崎公園前駅と岡崎城 - 愛知県岡崎市

 

  10年以上前の2009年に西尾城と岡崎城をいろいろ寄り道をしながら訪れた際の様子。

名鉄西尾線から蒲郡線で蒲郡に至り、蒲郡からはJRで豊橋、豊橋からは名鉄名古屋本線で岡崎公園前駅へ来ました。

P6020059_20200616145701

 

  快速特急豊橋行きの通過。

Pict0089_20200616145601

 

  岡崎公園前駅を外に出ると、駅前広場を挟んで左手に愛知環状鉄道の中岡崎駅があります。

P6020058

 

  岡崎駅に向かう愛知環状鉄道。

Pict0087_20200616145601

 

  中岡崎駅。

P6020057

 

  岡崎公園散策マップ。

  岡崎公園へは名鉄の東岡崎駅からのアクセスが普通です。

Pict0099

 

  徳川家康の生地として有名な岡崎城。

  昭和34年(1959年)に復興された岡崎城天守。

Pict0103

 

  江戸時代には岡崎藩5万石の政庁でした。

  天守が築造されたのは元和3年(1617年)の江戸時代になってから。

  石垣も江戸時代になってから完成したそうです。

Pict0092

Pict0098

 

  乙川に架かる橋梁。

Pict0105

  撮影 2009/06/02

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

JR東海道本線 蒲郡駅から豊橋駅を経て名鉄岡崎公園前駅へ - 愛知県

 

  10年以上前の旅行で、西尾城を訪れて後、西尾線、蒲郡線経由で名鉄蒲郡駅へ。

駅外を少し歩いてみてのち、今度は岡崎城を目指しました。

 

  蒲郡から岡崎城のある岡崎公園へは二通りのコースがあります。

jrの岡崎駅まで行き、岡崎駅から愛知環状鉄道で中岡崎に至りそこから徒歩で行く方法。

一旦豊橋まで行き、豊橋駅で名鉄に乗り換え東岡崎駅まで行きそこから徒歩。

ただし東岡崎駅から普通で岡崎公園前駅までさらに乗車しのち徒歩という行き方がありますが、こちらは後者の派生となります。

 

  名鉄蒲郡駅にて。

  蒲郡線を走る6000系ワンマン2両編成。

Pict0077_20200614155701

 

  JRの蒲郡駅から豊橋行きに乗車しました。

  豊橋行き新快速の到着。

Pict0084_20200614155701

 

  豊橋駅にて。

  3番線の名鉄ホームから東岡崎駅に向かいます。

  パノラマスーパーの到着。2009年の撮影で旧塗装。

Pict0085_20200614155701

 

  東岡崎駅にて。

  ここから歩くか迷いましたが岡崎公園前駅まで普通電車で行ってみることにしました。

Pict0086_20200614161701

 

  岡崎公園前駅。

P6020059

  撮影 2009/06/02

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

名鉄蒲郡線 吉良吉田駅から蒲郡駅へ - 愛知県西尾市、蒲郡市

 

  吉良吉田駅からは蒲郡線に乗り換え蒲郡に向かいました。

かっては観光路線として特急も乗り入れていた蒲郡線も現在はずっと廃止論議が交わされています。

沿線に温泉や海水浴場などを抱えながらも、現在は余暇の多様化と少子化で訪れる観光客も少なく、いつしか廃止を議論されるような路線となってしまいました。

 

  吉良吉田駅にて。

  当時(2009年)も現在と同じように6000系2両編成のワンマン電車で運行されています。

Pict0058

 

  途中の駅で列車交換。三河鳥羽駅らしい。

  電車の後部から写しています。

Pict0065_20200612150101

Pict0066_20200612150101

 

  西浦駅にて。

Pict0067_20200612150101

 

  こちらでも列車交換。

  西浦駅を後にします。

Pict0068_20200612150101

 

  蒲郡競艇場前駅にて。

  もう次が終点の蒲郡駅。

Pict0071_20200612150101

 

  最後は高架となってJRの東海道本線と併走します。

  高架化が行われたのは平成12年(2000年)11月。

Pict0072_20200612150101

 

  名鉄蒲郡駅にて。

  ここからは上り豊橋方面、下り岡崎方面へのJRの電車に乗り換えます。

Pict0076_20200612150201

  撮影 2009/06/02

| | コメント (2)

2020年6月 9日 (火)

名鉄西尾線 西尾駅から吉良吉田駅へ - 愛知県西尾市

 

  少し古い2009年6月、西尾城を訪れたのち西尾駅からさらに南に向かい、西尾線の終点である吉良吉田駅に向かいました。

吉良吉田駅からはさらに東に蒲郡線が伸びています。

 

  西尾駅にて。

  吉良吉田行きの急行に乗車します。

Pict0037_20200609131901

 

  吉良吉田駅に到着。

  西尾方面を振り返ったところ。

Pict0038_20200609132001

 

  蒲郡線のホームは東西にありますが西尾線のホームは斜めになっています。

Pict0046_20200609132001

 

  西尾線ホーム。

  折り返しで佐屋行きの急行が待機。

Pict0049_20200609132001

 

  こちらは蒲郡線ホーム。

  蒲郡行きが停車しているのは2番線。

  かっては西に三河線が伸びていましたが平成16年(2004年)に廃止となりました。

Pict0041_20200609132001

 

  三河線が西の方に延びていました。(踏み切りから撮影しています)。

Pict0043_20200609132001

 

  ワンマン2両編成の6000系で蒲郡へ向かいます。

Pict0039_20200609132001

  撮影 2009/06/02

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

愛知県 西尾城を訪れる - 愛知県西尾市

 

  西尾市は旧城下町。

その中心である西尾城には平成8年(1996年)に本丸丑寅櫓、二の丸鍮石(ちゅうじゃく)門が復元されました。

 

  西尾駅からおおむね西方向に歩いていきます。

P6020006

 

  西尾市の古い町並みの一部。

  電柱の地中化などの整備がされています。

Pict0011_20200606131501

 

  丑寅(うしとら)櫓と鍮石(ちゅうじゃく)門。

Pict0007_20200606131501

 

  西尾市歴史公園の図。

P6020014

 

  鍮石門。

P6020015

 

  門の内側から。

P6020019

 

  本丸丑寅櫓。

P6020031

P6020022

 

  二の丸にあったという天守台は別に整備されていると聞いていますが、当時は気づきませんでした。

P6020033

 

  公園内にある旧近衛邸。

P6020043

 

  西尾駅に戻ってきました。

  もう少し町並みの散策をしたいところでした。

  この騒動が収まったら旧吉良町とともにもう一度訪れてみたいです。

P6020045

 

  西尾線の終点である吉良吉田駅に向かいます。

  吉良吉田行き急行が到着。

Pict0036_20200606131601

  撮影 2009/06/02

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

名鉄西尾線 西尾駅にて - 愛知県西尾市

 

  これも少し古い写真ですが、愛知県の西尾市を訪れた際の名鉄西尾線西尾駅。

 

  西尾市は人口17万人ほどの都市で、何といっても抹茶の生産地として有名。

江戸時代は西尾藩が置かれ、西尾は城下町として発展しました。

吉良町が2011年に西尾市に編入されましたが、旧吉良町の吉良氏関係の文化財、古戦場なども見どころ。

いつかレンタサイクルで巡りたいと思っていましたが、いまだに叶っていません。

 

  西尾線は名古屋本線の新安城駅から分岐し終点は吉良吉田駅。

この日は西尾城を訪れ、さらに吉良吉田、吉良吉田から蒲郡線で蒲郡まで足を伸ばしました。

 

  西尾駅。

Pict0020_20200604112001

 

  西尾駅は高架駅で1面2線。

Pict0025_20200604111801

 

  新安城行きの普通。

Pict0030

 

  吉良吉田行き急行の接近。

Pict0034_20200604111801

  撮影 2009/06/02

| | コメント (2)

2020年6月 2日 (火)

岐阜駅と駅前 - 岐阜県岐阜市

 

  少し古い写真ですが、懐かしい車両の岐阜駅とその駅前。

当日は大垣駅の写真もあるのですが、何のために大垣へ行ったのかが思い出せません。

 

  4番線の高山線美濃太田行き普通キハ11形と5番線東海道線大府行き普通311系。

 

  キハ11形は現在は僅かに名松線に残るのみ。

  311系は「新快速用車両として1989年から90年にかけて製造された」車両。

P6040003_20200602140001

 

  岐阜駅前のメインストリートである金華橋通り。

  駅北口の3本ある駅前通のうち、この東にあるのが長良橋通りで名鉄岐阜駅はそちらにあります。

P6040020_20200602140001

P6040021_20200602140001

  撮影 2011/06/11

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »