« 桑名市を散策(1)京町見附から九華公園(旧桑名城跡) - 三重県桑名市 | トップページ | 桑名市を散策(3)六華苑(二代目諸戸清六邸) - 三重県桑名市 »

2020年7月 9日 (木)

桑名市を散策(2)蟠龍櫓(ばんりゅうやぐら)から七里の渡し - 三重県桑名市

 

  10年前の2010年の7月に訪れた桑名市。

 

  旧桑名城の九華公園から北に出ると桑名藩の初代藩主である本多忠勝の像があります。

そこからさらに北にある蟠龍櫓(ばんりゅうやぐら)を目指します。

Pict0090_20200709133001

 

  その前に桑名城の数少ない現存遺構であるお堀の石垣へ。

Pict0102_20200709133001

Pict0091

 

  やがて蟠龍櫓が見えてきます。

  蟠龍櫓は平成15年(2003年)に外観復元されました。

Pict0092_20200709133001

 

  蟠龍櫓の内部。

Pict0099_20200709133001

 

  蟠龍櫓の西には東海道桑名宿七里の渡し跡があります。

  道標と鳥居が立っています。

Pict0105_20200709133001

 

  堤防の向こう側は揖斐川です。

  蟠龍櫓は本来は国土交通省水門統合管理所の建物。

Pict0104

 

  手前が揖斐川で河口堰の見える川が長良川。

  木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)の治水は江戸時代からの長年の懸案でした。

  江戸時代中期に行われた薩摩藩の宝暦治水は不完全に終わり、最終的に明治20年(1887年)から明治45年(1912年)にかけて行われたオランダ人技師ヨハニス・デ・レーケによる木曽三川分流工事(明治治水)がこの地域の治水の問題を大きく前進させました。

Pict0108_20200709133001

 

  堤防上に住吉神社があります。

  ここを降りて北の方向に行くと二代目諸戸清六の邸宅であった六華苑があります。

Pict0111_20200709133001

  撮影 2010/07/10

|

« 桑名市を散策(1)京町見附から九華公園(旧桑名城跡) - 三重県桑名市 | トップページ | 桑名市を散策(3)六華苑(二代目諸戸清六邸) - 三重県桑名市 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桑名市を散策(1)京町見附から九華公園(旧桑名城跡) - 三重県桑名市 | トップページ | 桑名市を散策(3)六華苑(二代目諸戸清六邸) - 三重県桑名市 »