« 10年前の桑名駅、西桑名駅 - 三重県桑名市 | トップページ | 桑名市を散策(2)蟠龍櫓(ばんりゅうやぐら)から七里の渡し - 三重県桑名市 »

2020年7月 7日 (火)

桑名市を散策(1)京町見附から九華公園(旧桑名城跡) - 三重県桑名市

 

  10年前の2010年7月に桑名市を散策した様子。

 

  駅前から東に向かい、まず旧桑名城である九華公園に向かいました。

途中、京町見附や石取会館、桑名市博物館を経て九華公園の南西端にたどり着いたのは11時半頃。

西桑名駅前から出発して1時間後でした。

 

  駅前のバス乗り場。

Pict0060_20200707063001

 

  京町見附のあった京町公園。

  「見附(みつけ)」とは「江戸時代、枡形をもつ城門の外側の門で、見張りの者が置かれ通行人を監視した所。」(三省堂 大辞林 第三版より)

P7100013

 

  旧東海道沿いにある石取会館(いしとりかいかん)。

  「大正14年(1925)に四日市銀行桑名支店として建築された鉄筋コンクリートの建物」。

  「石取祭の歴史や行事を紹介するパネル、壁面映像、お囃子体験コーナー、情報検索などが設置」されている。(三重県内の博物館・資料館より引用)。

  無料。

Pict0064_20200707063101

 

  桑名市博物館。

P7100007_20200707065601

 

  堀跡を渡ります。

P7100016

 

  九華公園の南西端に至りました。

  九華公園は旧本丸跡、二の丸跡に作られました。

  春の桜など市民の憩いの場となっています。

Pict0066_20200707063101

P7100019

 

  手前の橋が二の丸橋。

P7100021

 

  多分、本丸跡から。

Pict0083_20200707063101

 

  公園の北側にある徳川四天王の一人である本多忠勝の像。

  関ヶ原の戦いのあとの慶長6年(1601年)に10万石で入り桑名藩初代藩主となりました。

  桑名藩は本多家2代、松平(久松)家5代、松平(奥平)家7代、再び松平(久松)家5代で明治に至りました。

Pict0089_20200707063101

  撮影 2010/07/10

|

« 10年前の桑名駅、西桑名駅 - 三重県桑名市 | トップページ | 桑名市を散策(2)蟠龍櫓(ばんりゅうやぐら)から七里の渡し - 三重県桑名市 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10年前の桑名駅、西桑名駅 - 三重県桑名市 | トップページ | 桑名市を散策(2)蟠龍櫓(ばんりゅうやぐら)から七里の渡し - 三重県桑名市 »