2020年3月18日 (水)

バスで行く墨俣城(墨俣一夜城と美濃路墨俣宿) - 岐阜県大垣市墨俣町

 

  現在は大垣市に属する墨俣(すのまた)は木下藤吉郎(豊臣秀吉)の墨俣一夜城で知られた地。

美濃、尾張攻防の要地で洲俣と書かれるように長良川の西岸の洲に城が築かれていました。

現在は模擬天守の墨俣一夜城歴史資料館が建てられています。

また江戸時代には中山道垂井宿と東海道宮宿を結ぶ美濃路の宿場町として栄えました。

 

 

  墨俣へは岐阜から岐阜バス、大垣からは名阪近鉄バスが運行されています。

 

JR岐阜駅バスターミナル(北口)6番のりば、名鉄岐阜のりばより、岐阜バスおぶさ墨俣線、「墨俣」行き

大垣駅前バスのりば(大垣駅南口)2番のりばより、名阪近鉄バス岐垣線、「岐阜聖徳学園大学」行き

 

  岐阜方向の東を望んで。すぐに長良川に架かる長良大橋があります。

  墨俣宿、墨俣城、堤の桜は左手方向。

 Dsc05231

 

  かっての美濃路。

Dsc05218

Dsc05190

Dsc05188

Dsc05217

 

  堤沿いに桜があります。

Dsc05213

 

  模擬天守(資料館)。平成3年(1991年)の建築。

Dsc05206

Dsc05198

 

  地域の桜の名所となっています。

Dsc05196_20200318132901

  撮影 2016/03/31

| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

373系電車時代の「ホームライナー大垣」大垣駅にて - 岐阜県大垣市

 

  現在は「681系電車・683系8000番台電車」(引用)が使用されている「ホームライナー大垣」。

10年前にはやはり特急用車両の373系電車が使用されていました。

現在では名古屋駅折り返しで特急「しらさぎ」となる模様。

 

  4番線に入線する373系電車3両編成。

P3100007

 

  大垣~名古屋間の設定なのですが乗る人は結構いるみたいでした。

  一度、静岡地区の「ホームライナー浜松」(特に沼津~浜松間)を利用してみたいと思っていますがなかなかそのチャンスがありません。

P3100009

  撮影 2009/03/10

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

名鉄各務原線 市民公園前駅あたり(新境川の桜) - 岐阜県各務原市(かかみがはらし)

 

  岐阜市の東隣にある各務原市(かかみがはらし)。

その桜の名所として近隣では有名な新境川の桜。

最寄りの駅は名鉄各務原線の市民公園前駅で、そのあたりの新境川を渡るJR高山本線と名鉄。

Dsc00902_20200314133801

 

  高山線特急「ワイドビューひだ」キハ85系。

Dsc00903

 

  現在はもう見られない1000系の編成(運用は2003/09 〜 2015/09)名鉄岐阜行き。

Dsc00899

 

  そして現在では名松線、東海交通事業城北線でしか見られなくなった懐かしのキハ11普通岐阜行き。

Dsc00888

  撮影 2014/03/31

| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月)

名古屋鉄道広見線 御嵩駅にて - 岐阜県可児郡御嵩町

 

  岐阜県の御嵩駅(みたけえき)。名鉄広見線の終着駅です。

かっては亜炭採掘で賑わった町も現在はひっそりとした佇まい。

江戸時代には中山道の宿場町、願興寺(がんこうじ)の門前町として栄えました。

 

  御嵩駅の開業は昭和27年(1952年)と比較的新しい。

  かっては特急が乗り入れた花形路線。

  現在は廃止論議が止まない状態が続いています。

  新可児駅との間を折り返し運転する6000系。

P2120098

Pict0060

 

  当時も現在もあまり変わっていない御嵩駅駅舎。

  かっては有人駅でしたが現在は無人。

P2120101

 

  旧中山道。

Pict0054_20200308222301

 

  願興寺(がんこうじ)鐘楼門 。寛文10年(1670年)建立。

  岐阜県指定重要文化財。

P2120108

 

  願興寺本堂。天正9年(1581年)建立。国の重要文化財。

  木造薬師如来及び両脇侍像ほかも国指定の重要文化財。

P2120104

  撮影 2009/02/12

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

四日市駅の臨時急行「いせ」 - 三重県四日市市

 

  伊勢神宮第62回式年遷宮に合わせ、2013年から運行されていた臨時急行「いせ」。

あくる年の3月に四日市駅で見かけました。

 

  臨時急行「いせ」は特急用車両キハ85系で運行。

Dsc00371

 

  4両編成の伊勢市行き臨時急行「いせ」キハ85系。

Dsc00373

 

  この日は亀山市の旧宿場町、関宿を訪れる途中で、四日市駅で乗り継ぎ待ちをしていました。

Dsc00388

  撮影 2014/03/16

| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

大垣駅の特急「しらさぎ」 - 岐阜県大垣市

 

  岐阜から西に向かう場合、ほぼ必ずと言ってよいほど乗り換えが必要な大垣駅。

ただし特急は別で、現在では名古屋発の金沢行きの特急「しらさぎ」がJR西日本の車両681系、683系で運行されています。

 

  大垣駅から見える伊吹山。

Dsc08243

 

  米原で方向が逆になるため名古屋~米原間の先頭車はこちら。

Dsc08237

 

  こちらは名古屋行き。

  金沢方面に特急「しらさぎ」を利用したことは2回ほどありますが、いずれも米原発着の「しらさぎ」を利用しました。

Dsc08233

  撮影 2015/03/26

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

岐阜駅のキハ25形とキハ75形 - 岐阜県岐阜市

 

  2015年以降に高山本線(岐阜~高山~猪谷間のJR東海管轄区間)に配備されたキハ25形とキハ75形。

それまでの高山線の主力であったキハ11形、キハ40系などは高山本線(JR東海管轄区間)から一掃されました。

 

  朝の岐阜駅に到着したキハ25形2両編成。

Img_0435_20200221011801

                                                                                                         撮影 2017/02/27

  こちらは夕方の岐阜駅。美濃太田行き普通のキハ75形。

  キハ75形は高山本線岐阜~下呂間、太多線で運行されています。

  乗り心地の良い転換クロスシートで、この車両に乗り合わせると当たりの気持ちになります。

Dsc08230

                                                                                                       撮影 2015/03/17

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

手力雄神社(各務原市)にて 信長が稲葉山城攻略時に戦勝祈願 - 岐阜県各務原市

 

  各務原市(かかみがはらし)の手力雄神社は当市那加地区の産土神。

織田信長が稲葉山城を攻略する際に戦勝祈願をした神社として知られています。

当地の南あたりに木曽川の渡河点があり、尾張以東からの軍は徒歩でここを渡りました。

 

  県道152号線(いちょう通りと名付けられている)に面している。

Dsc03736

Dsc03739

Dsc03744

 

  「主祭神手力雄神はお力の強い神さまとしてしられており、永禄年間には織田信長公が戦勝祈願をしたことから勝運、開運の神として崇敬されております。」(ホームページから引用)

Dsc03749

 

  西北西方向に岐阜城が望めます。

  高架道路は東海北陸自動車道。

Dsc03768

 

  このバス路線(岐阜各務原線)は1日3往復しかありません。

  アクセスは岐阜駅(JR、名鉄)からこのバス、もしくは南のJr那加駅、新那加駅から徒歩25分。

  または名鉄新加納駅からは徒歩15分ちょっと。

Dsc03734

  撮影 2012/02/28

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

薄暮の岐阜城 北から - 岐阜県岐阜市

 

  金華山(旧稲葉山)の頂上にある岐阜城は岐阜市近郊の多くの場所から望むことができます。

そのうちの北からの岐阜城。

金華山の北側は山が多く、天守から主に展望できる平地は西から南、東。

Img_0025

 

  難攻不落の城のように見えるも歴史上5回(Wiki説)も落城しています。

  最後に落城したのは慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの前哨戦で、当時の城主は織田信長の嫡孫である織田秀信でした。

Img_0016

  撮影 2016/02/04

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

大垣駅2月 北方町への途次 - 岐阜県大垣市

 

  東海道線の大垣駅。

米原方面との乗換駅としてご存じの方は多いと思います。

大垣駅は東海道線の他に養老鉄道、樽見鉄道が発着します。

この樽見鉄道を利用して北方町を訪れた際の様子。

 

  かっては北方町へは岐阜から電車がありましたが、2005年(平成17年)4月1日に廃止となりました。

  代替のバス路線があるのですが、往きは樽見鉄道を利用してみました。

  北方町は小さな町ですが円鏡寺をはじめとして文化の香りがします。

 

  4番線の豊橋行き新快速313系。

Img_0435

 

  切り欠きの6番線が樽見鉄道。本巣行き。

Dsc01443

  撮影 2011/02/26

| | コメント (0)

より以前の記事一覧