2020年1月15日 (水)

東海道線石山駅と京阪石山駅にて - 滋賀県大津市

 

  前回の記事と同じく2012年の新年二日の様子。

ぶらっと電車に乗ってJR石山駅まで来て、京阪電車などを撮影して米原方面へ引き返しました。

JRの石山駅と京阪石山駅は隣接しており、乗り換えることができます。

石山寺へ行くには京阪の石山寺駅まで行き、そこから徒歩で700mほど歩くか、石山駅前からバスを利用するかになりますが、健脚な人ならば前者、楽に行くにはバスがお薦めです。

 

  京阪石山駅の改札口。

  駅ビルの上にあります。

Dsc02839

 

  道路に降りる階段から京阪電車石山坂本線。

Dsc02844_20200115130601

 

  駅前南口のバス乗り場。

Dsc02866

 

  石山寺発近江神宮前行きの到着。

Dsc02868

 

  こちらはJRの石山駅にて。

  近江塩津行き新快速225系。

Dsc02876

  撮影 2012/01/02

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

東海道線 近江長岡駅にて - 滋賀県米原市長岡

 

  2012年新年二日の近江長岡駅。

近江長岡駅は大垣~米原間にある駅で、地域区分的には近畿地方ですがJR東海の管轄になります。

東海道線の中では最も運行本数が過疎な区間で、30分毎の運行ダイヤとなっています。

駅からは伊吹山を望むことができます。

 

  大垣行き普通311系4両編成。

Dsc02902_20200113053001

 

  ホームからは伊吹山が望めます。

Dsc02916

 

  すっかり暗くなったホーム。

  米原行きの快速(大垣~米原間は各駅停車)313系。

Dsc02922_20200113053001

  撮影 2012/01/02

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

雪の福知山城 - 京都府福知山市

 

  2015年の新年に福知山を経て姫路で一泊し、倉敷を観光した旅行。

ちょうど丹波地方は雪が積もり、しかし天候は晴れという絶好の旅行日和でした。

過去にお城通りからの福知山城の写真をアップしたことがありますが、今回は他の写真。

 

  西から見える福知山城の大天守と小天守。

  現在の縄張りは明智光秀の築城によるもの。

Dsc07054

 

  法川に架かる太鼓橋。

 

  私が福知山城を初めて訪れたのは1996年の9月9日。

  青春18きっぷを2枚残した9日に友人から福知山城の話を聞き、大阪からはるばる訪れました。

  当日は少し雨模様でこの太鼓橋の下で雨宿りをした思い出があります。

 

  ちなみに青春18きっぷの5枚目は翌10日に石山寺、近江八幡の長命寺を訪れ、無事使い切りました。

Dsc07058

 

  福知山市佐藤太清記念美術館(福知山市立美術館)。

Dsc07065

 

  登城道から見える太鼓橋。

Dsc07076

 

  現在の天守閣は昭和61年(1986年)に竣工した外観復元天守。

Dsc07098

  撮影 2015/01/04

| | コメント (0)

2019年12月31日 (火)

京都府 福知山駅南口 - 京都府福知山市

 

  旧丹波国は兵庫県と京都府に分割されましたが、福知山市は京都府に属します。

現在の福知山市は市域が広くなり、旧丹波国のみならず旧丹後国の地域も含まれています。

福知山の地名は戦国武将である明智光秀の命名によるもので、光秀が善政を布いたこともあり、当地の光秀に対する信望は厚いものがあります。

江戸時代には福知山城を政庁とした朽木氏3万2000石の城下町でした。

現在の福知山城は外観復元されたもので、昭和61年(1986年)に竣工式が行われました。

 

来年のNHK大河ドラマは明智光秀が主役であり、当地も様々に盛り上がっていました。

 

  福知山駅南口の様子。

  福知山駅は丹波の交通の要衝で、山陰線、福知山線、舞鶴線(分岐点は綾部駅)、京都丹後鉄道が発着しています。

Img_1961

 

  展示のC-11にも電飾が施された夜の駅前。

Img_1964

  撮影 2019/12/26

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

福知山線 篠山口駅から大阪を経て京都駅へ - 京都府福知山市、兵庫県丹波篠山市など

 

  京都府福知山市での所用を終えて、帰りは福知山線でと考え、取り敢えず篠山口駅を目指しました。

しかし、篠山口駅では雨も強くなり、市内中心部に向かうバスも待ち時間があったために再び普通電車で大阪へ。

大阪もそんなに天気は良くなく、もう乗り鉄旅行にしようと踏ん切って京都に向かい、京都で乗り継ぎ米原、大垣を経て岐阜に戻ってきました。

 

  福知山駅5番線 篠山口行き普通223系2両編成。

Img_1967

 

  雨の中、篠山口駅に到着。

Img_1970

 

  大阪行き「丹波路快速」225系。久しぶりに見る225系。

Img_1969

 

  京都駅では懐かしい117系電車を見かけました。右奥が117系電車。

Img_1972

  撮影 2019/12/27

| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

京都府 園部駅にて乗継ぎ - 京都府南丹市園部町

 

  京都から京都府福知山市へ向かう途中で乗り継ぎをした山陰線園部駅。

京都から園部へは1時間に2本の普通運行が確保されていますが、この先、綾部までは普通電車は1時間に1本と少なくなります。

待ち時間の都合で、園部駅から綾部、福知山へ特急に乗り継ぐ人もちらほらいます。

 

  園部駅は2面4線のホーム。

Img_1957

 

  回送となった223系2両編成。

 

  園部は小出氏(こいでし)2万4千石(当初は2万9千8百石)の旧城下町。

  園部城を藩庁としていました。

  来年(2020年)の大河ドラマは明智光秀が主人公と言うことで、ゆかりのある丹波地方は盛り上がっています。

  まあ、岐阜県でも盛り上がっているようですが。

Img_1958

 

  京都から乗車してきた221系の連結部分。

Img_1960

  撮影 2019/12/26

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

本竜野駅にて キハ127系 - 兵庫県たつの市

 

  今年の9月に龍野城跡と龍野の町を訪れた際の姫新線本竜野駅。

姫路行きのキハ127系列車を待って、その後龍野の町に向かいました。

 

  2010年に使用が開始された2代目の本竜野駅橋上駅舎。

 

  龍野の町並みへは歩いて10分から15分ぐらい。

  龍野は脇坂家10代(1672年 - 1871年)の城下町です。

Img_1391_20191020213401

 

  到着した姫路行き普通キハ127系気動車。

  同じ車両で両運転台の単行運転が可能な車両がキハ122系。

Img_1384

 

  姫路方向へ去っていくキハ127系。

Img_1387

  撮影 2019/09/05

| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

和田山駅で乗り換え待ち - 兵庫県朝来市和田山町

 

  和田山駅に降り立ったのは今回で2回目。

何十年も前に播但線経由で豊岡に向かう途中で駅の外に出ました。

当時は写真に興味が無かったため一切の写真が無く、余り印象も残っていません。

さらに2015年の1月4日に福知山から姫路に向かう途中でホームでの乗り換えを経験し、帰省の旅行客で一杯の気動車で寺前に向かいました。

それ以外に前後して2、3回ほど和田山駅を通過したことがあります。

今回は普通電車の都合で1時間ほど滞在しました。

 

  和田山駅にて、寺前から利用した特急「はまかぜ」キハ189系3両編成 香住行き。

Img_1511

 

  キハ41形。

  何度も書きますが、片側にしか運転台が無いキハ47形を両運転台に改造したのがキハ41形。

  手前が改造された側。

Img_1514

 

  和田山駅前。

  右手に駅弁販売の幟(のぼり)が見え、そこで駅弁を購入しました。

Img_1517

 

  和田山駅駅舎。

  1時間の電車待ちとなり、2階の待合室で駅弁を食べたりして時間を潰しました。

Img_1518

 

  旧和田山機関庫の車両庫。

  車庫は明治45年(1912年)3月に建築されたもの。

Img_1519

 

  同じく給水塔。

Img_1520

 

  寺前から到着した普通キハ41形。

  この後、豊岡方面からの電車で福知山に向かいました。

  今回の旅行の写真はこれで終わり。

Img_1522

  撮影 2019/09/05

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

播但線 寺前駅から和田山へ - 兵庫県神崎郡神河町、兵庫県朝来市和田山町

 

  播但線の寺前~和田山間は非電化区間です。

したがって上りも下りも寺前駅での乗り換えは必須です。

和田山へ向かう途中、寺前では長時間の普通待ちとなるので、かねてから乗ってみたいと思っていた特急「はまかぜ」が後続で来ることが分かり、急きょ特急券を購入して和田山まで乗車しました。

 

  播但線103系。

Img_1501

 

  キハ47形を両運転台に改造したキハ41形。

  手前が運転台を新設した側。

Img_1504

 

  3番線で特急「はまかぜ」を待ちます。

Img_1506

 

  キハ189系気動車の特急「はまかぜ」の到着。

  大阪発香住行き。

  浜坂行き、鳥取行きと1日3往復が運行されています。

Img_1508

 

  竹田駅にて。手前の水路には鯉がおよいでいました。

  竹田城は比較的低いのかなと思いました。

  もちろんここからは城の石垣は見えません。

Img_1509

 

  和田山駅に到着。

Img_1510

 

  和田山駅では、結局、時間待ちとなりました。

Img_1516

  撮影 2019/09/05

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

姫路駅から播但線で寺前駅へ - 兵庫県神崎郡神河町

 

  本竜野駅から一旦姫路駅に戻り、改めて播但線に乗り換え。

寺前駅を経て和田山からは山陰線で福知山に向かいました。

 

  姫路駅にて。

  播但線103系電車で寺前駅に向かいます。

  その先和田山駅までは非電化区間なので寺前駅での乗り換えは必須となります。

Img_1357_20190916011001

 

  寺前駅に到着。

  姫路から寺前までの所要時間は47分でした。

Img_1488

 

  姫路行きの103系2両編成。

Img_1489

 

  寺前駅改札からの駅前。

  寺前まではICカード「ICOCA」の利用が可。

Img_1500

 

  和田山発の普通気動車キハ41形の1両が到着。

Img_1493

 

  キハ41形は運転台が片方にしか無いキハ47形をを両運転台に改造した車両。

Img_1496

  撮影 2019/09/05

| | コメント (0)

より以前の記事一覧