2018年8月30日 (木)

高松駅にて - 香川県高松市

 

  朝の高松駅駅舎。

この現在の駅舎は平成13年(2001年)に使用開始。

近接して高松城跡である玉藻公園、高松港などがあります。

                                                                            高松駅駅舎は撮影 2011/04/06

Dsc01742

 

  2番線は切り欠きホーム。

  高徳線1500形。

Pict0136

 

  1番線は高徳線キハ40形。

Pict0138

  撮影 2010/09/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

丸亀駅から丸亀城 - 香川県丸亀市

 

  丸亀駅から丸亀城までは徒歩で15分足らず。

丸亀藩の藩主家は生駒氏4代、山崎氏3代、京極氏7代(万治元年(1658年)から~)で明治に至りました。

丸亀城の天守は現存12城の一つで重要文化財に指定されています。

またその高石垣は丸亀城の大きな特徴として知られています。

 

  前日に神戸港からのフェリー深夜便に乗船、あくる朝早くに高松東港に到着。

  丸亀には7時前。

Pict0034

 

  小さな天守閣ですが、高石垣と調和が取れています。

Pict0037

 

  手前が大手二の門で内側の門が大手一の門。

  いずれも重要文化財に指定されています。

Pict0038

 

  大手一の門。

Pict0044

 

  城内からみえる讃岐富士。

Pict0054

 

  天守は御三階櫓とも言われる小ぶりなもの。

Pict0066

Pict0068

 

  搦手側の石垣。

Pict0092

 

  全体図。

Pict0093

  撮影 2010/09/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月30日 (土)

フェリーで高松から宇野へ - 香川県高松市、岡山県玉野市

 

  宇野~高松間のフェリーである宇高航路(うこうこうろ)は国鉄・JRの宇高連絡船が平成3年(1991年)に全面的に撤退して以後、本四フェリー、宇高(うたか)国道フェリー、四国フェリーの三社が運行を担っていました。

しかし、2009年に本四フェリーが、 2012年に宇高国道フェリーがそれぞれ廃止、休止となり、現在残っているのは四国フェリーのみとなっています。

私が宇高連絡船を利用した際にはまだ2社が運行を続けていました。

そのうち埠頭が中央部にあったという理由のみで四国フェリーを選び乗船しました。

 

  高松駅前のバス乗り場。

Dsc03651

 

  現存する高松城月見櫓。

  重要文化財。

Dsc03654

 

  道路を挟んで目の前にあった四国フェリー。

  現在は乗り場が移動し、西の桟橋から出ています。

Dsc03657

Dsc03661

 

  徒歩旅行者の乗船。

Dsc03664

Dsc03665

 

  右側に見える屋島。

  高松~宇野間の所要は65分、運賃は旅客大人690円、小人350円(2018年6月現在)。

  運行数は1日5往復(同じく2018年6月現在)。当時は頻繁に運行されていました。

Dsc03667

 

  高松市を振り返って。

Dsc03671

Dsc03677

 

  宇高航路が廃止になっていった原因の瀬戸大橋。

Dsc03678

 

  冷房の効いた船室と吹き抜けの船内。

Dsc03682

 

  宇野港に到着。

  現在(2018年6月)の運行数が1日5往復しかないのは寂しい限り。

  当時の四国フェリーは1時間に一便、全22便運行されていました。

Dsc03686

Dsc03689

 

  すぐ目の前にはJRの宇野駅があります。

Dsc03693

  撮影 2011/08/04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

松山から伊予西条駅を経て高松駅へ - 香川県高松市

 

  私にとって、高松は四国への玄関。

その殆んどが神戸三ノ宮からのジャンボフェリー深夜便での出入りでした。

しかし、いつの頃からかフェリーは乗客で溢れ返るようになり、最近は四国自体の旅行を差し控えるようになってしまいました。

 

  松山と高松の間の伊予西条駅で乗り継ぎ。

Dsc03633

Dsc03634

 

  高松駅。

Dsc03641

 

  手前は特急「いしづち」2000系気動車。

  向こう側が岡山行きの快速「マリンライナー」。

Dsc03642

Dsc03644

 

  岡山行き快速「マリンライナー」。

Dsc03646_2

 

  高松駅駅舎。

  現在の駅舎は4代目で平成13年(2001年)に使用が開始されました。

Dsc03649

  撮影 2011/08/04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

伊予鉄松山市駅 - 愛媛県松山市

 

  松山市駅は伊予鉄のターミナル駅。

駅前は市内電車の発着駅の一つとなっています。

Dsc03606

 

  改札を出て振り返った所。

Dsc03607

 

  駅前はバス乗り場、市内電車の乗り場があります。

Dsc03608

 

  まだ一番電車が来ていません。

Dsc03610

 

  夏の青空が広がりました。

Dsc03615

 

  やがて続々と電車が到着。

Dsc03618

 

  到着した電車の内JR松山駅前経由行きに乗車。

  この日は松山観光を省いて高松に向かいます。

Dsc03619

Dsc03623

 

  JR松山駅前電停に到着。

Dsc03626

 

  JR松山駅。

Dsc03629

  撮影 2011/08/04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

松山観光港と伊予鉄高浜駅 - 愛媛県松山市

 

  前日の深夜に小倉港を出発し、翌日早朝に松山観光港に到着。

徒歩旅行者の殆んどは松山駅、松山市駅、道後温泉へ直通するリムジンバスを利用する中、私は歩いて10分ほどの伊予鉄高浜駅に向かいました。

リムジンバスのJR松山駅までの所要は20分。終着の道後温泉駅前までは所要43分です。

運賃はJR松山駅まで610円、道後温泉駅前までは770円(2018年6月現在)。

 

  松山観光港は小倉・松山フェリーの他に呉・広島を結ぶ路線があります。

Dsc03573

 

  海岸沿いを早朝の潮風を受けながら駅に向かいました。

Dsc03577

 

  夏の朝早くの風の気持ちよさ。

Dsc03583

 

  駅前の道路。

  左手に駅入り口があります。右手はすぐ海。

  普通に歩けば10分ほどですが写真を撮るなどして予定していた電車にはギリギリとなってしまいました。

Dsc03588

 

  伊予鉄高浜駅駅舎。

Dsc03591

Dsc03592

 

  松山観光港までの延伸案もあるようですが構想にとどまっているそうです。

Dsc03595

 

  伊予鉄道3000系電車。

Dsc03597

  撮影 2011/08/04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

旧高知駅と土佐電1997年8月 - 高知県高知市

 

  初めて高知を訪れたのは1997年の夏。

高知駅は現在のような駅舎では無く、いわゆる民衆駅という形態の駅舎でした。

民衆駅とは「駅舎の建設を国鉄と地元が共同で行い、その代わりに商業施設を設けた駅」(Weblio 辞書より)のことで、私の地元である岐阜駅もかっては民衆駅でした。

およそ1950年代から70年代に盛んに行われた駅で、主要な駅はこのような民衆駅が多かったように記憶しています。

 

  高知に関して言えば、2006年に再度訪れており、その際には安芸まで足を延ばしています。

 

  1997年8月28日の高知駅。

  現在は高架駅(平成20年(2008年)に高架化)となっています。

Img973

 

  かっての土佐電気鉄道。

  現在はとさでん交通。

Img974

Img975

  撮影 1997/08/28

 

  2006年12月28日の高知城天守と本丸御殿(懐徳館)。

  いずれも国の重要文化財。

Pc280018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

JR四国予讃線 伊予上灘駅にて - 愛媛県伊予市

 

  松山市で一泊し、朝早くの列車で伊予大洲へ向かう途中の伊予市の伊予上灘駅(いよかみなだえき)。

6時台の海回り八幡浜行きはゆっくりと走ります。

現在は時刻が多少異なり、松山発7時の列車がこれに該当していると思われます。

 

  停車時間が8分あり、外に出てみました。

  キハ32形の単行運転。

  桜がちょうど見頃のこの辺り。

Dsc04774

Dsc04778

Dsc04785

 

  この列車には朝早くなので間に合わないと考えていましたが、たまたま朝早く目が覚め、松山駅へ向かう事ができました。

Dsc04773

 

  旧特急車両のキハ185系。

  普通列車として運行されています。現在も健在のようです。

  上下のホームが互い違いになっています。

Dsc04782

  撮影 2012/04/07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

伊予松山城の桜 - 愛媛県松山市

 

  伊予松山城は慶長7年(1602年)に加藤嘉明が築城に着手。

地名も松山と呼び、ここに松山の基礎が確立しました。

 

  大街道(おおかいどう)電停で市内電車を降り、大街道商店街の反対側、北側に向けて少し歩くとロープウェイ乗り場があります。

もう少し北に行くと「坂の上の雲」の秋山兄弟生誕地があります。

松山城ロープウェイ・リフトのリンク先

Dsc01840

Dsc01844

Dsc01850

 

  山上のロープウェイ・リフト乗り場から石垣の下を歩きます。

Dsc01851

 

  上が南の地図。

  ロープウェイ・リフト乗り場は左上の現在地斜め下です。

Dsc01854

 

  大手門跡。

  帰りはここから歩いて下りました。

Dsc01857

 

  太鼓櫓と遠くに天守。

Dsc01858

 

  天守。

  現存12天守の一つで重要文化財です。

Dsc01860

 

  戸無門から筒井門、太鼓門を経て本丸内に入ります。

  この内、戸無門が重文。

Dsc01864

 

  戸無門を入って振り返った所。

Dsc01866_2

 

  連立式の天守群。天守と小天守。

  天守を含む21棟の現存建造物が重要文化財に指定されています(小天守などは復元)。

Dsc01872

Dsc01880

 

  天神櫓の前の桜。

Dsc01883

Dsc01887

Dsc01892

Dsc01899

 

  本丸の展望。

  桜が少し残念な状態でした。

Dsc01900

 

  天神櫓と桜。

Dsc01915

 

  紫色に着色されている部分が重要文化財。

Dsc01916

 

  帰りは大手門から下ります。

  黒門口登城道と名付けられています。

Dsc01927

 

  このまま二の丸史跡庭園から旧三の丸の堀の内公園に下りていきます。

Dsc01931

 

  堀の内公園から左に天守群と右に太鼓櫓。

  右下の登り石垣が良く確認できます。

Dsc01945

  撮影 2011/04/06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

伊予鉄道市内電車 道後温泉駅 - 愛媛県松山市

 

  伊予鉄道市内電車の東の終点が道後温泉駅。

道後温泉と道後公園(湯築城跡)を中心に松山市立子規記念博物館など見どころが集中しています。

また道後公園は松山城と共に桜の名所で春には多くの花見客が訪れます。

道後温泉駅から歩いて15分、バスで数分の距離に四国八十八箇所霊場 第五十一番札所の石手寺があり、石手寺は山門(二王門)が国宝、本堂、三重塔などが重文に指定されている名刹で常に参拝客で賑わっています。

 

  道後温泉駅駅舎。

Dsc01955

 

  道後温泉駅乗り場。

Dsc01779

Dsc01781

 

  道後温泉へのアーケード。

Dsc01783

 

  松山市立子規記念博物館。

  個人400円、小中高生無料、65歳以上200円など。

Dsc01810

 

  湯築城跡。

  現在は道後公園として整備されています。

  代々河野氏の居城でした。

  見ての通り土塁などが現存。

  日本100名城の一つに数えられています。

Dsc01820

 

  石手寺の三重塔。重要文化財。

  石手寺は道後温泉から歩いても15~20分ほど。

  バスも頻繁に出ているので、バスの利用が無難かも知れません。

Dsc01801

Dsc01826

  撮影 2011/04/06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧