2020年3月24日 (火)

「のどかさや 小山つづきに塔二つ」(正岡子規)尾道の塔 - 広島県尾道市

 

  「のどかさや 小山つづきに塔二つ」

 

  この句は明治28年(1895年)、正岡子規が日清戦争の従軍記者として尾道を通過した際に詠んだもの。

実際には尾道には三つの塔がありますが(瀬戸田地区を除く)、汽車から見えた塔というのは天寧寺の三重塔と浄土寺の多宝塔とみられます。

西国寺の三重塔は少し奥まったところにあるので、ちょっと考えられません。

Pict0126

 

  浄土寺の多宝塔。

  嘉暦3年(1328年)建立の国宝。

  本堂も嘉暦2年(1327年)の建立で国宝です。

  尾道の古寺巡りでは東の端にあります(一番東は海龍寺 そのすぐ西隣にあります)。

Pict0011_20200324111001

 

  西国寺の金堂と三重塔。

  金堂は至徳3年(1386年)の建立で重要文化財。

Pict0045

 

  西国寺の三重塔。

  永享元年(1429年)の建立で重要文化財。

Pict0057_20200324111001

 

  ロープウェイで山頂まで登り、ゆるゆると降りることに。

  途中には千光寺があります。

Pict0085

 

  千光寺からさらに下ると天寧寺の三重塔があります。

  嘉慶2年(1388年)に五重塔として建立、元禄5年(1692年)に老朽化した4層目と5層目を取り除き現在のような三重塔となる。

  重要文化財。

Pict0109

  撮影 2010/04/07

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

旧尾道駅駅舎と尾道城 - 広島県尾道市

 

  広島県尾道駅の新駅舎は去年(2019年)3月より運用が始まったそうですが、先代の駅舎も味があって好きでした。

そんな尾道駅の後ろに聳える尾道城。

廃墟と化してから25年以上たちますが2019年にとうとう解体が決定し、現在解体中とか。

「怪しい城」の中でも特に好きな城だっただけに、大変残念で仕方ありません。

 

尾道は坂の街で、古刹、名刹も多く、国宝浄土寺の多宝塔、天寧寺の重文三重塔、西国寺の重文三重塔など文化財を含む古寺巡りに一日かけて散策するにはうってつけ。

またしまなみ海道の入り口でもありサイクリングなど尾道は様々な楽しみ方ができます。

生口島の瀬戸田地区にある耕三寺、向上寺も必見でしょうか。

Pict0002_20200322004401

 

  この年は尾道と広島の桜を見に訪れました。

  尾道では曇りがちであったのが残念でした。

Pict0129

  撮影 2010/04/07

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

広島 宮島口にて - 広島県廿日市市

 

  九州の長崎市を観光しての帰りに訪れた宮島口の様子。

2013年の正月6日のこと。

1月3日の夕刻に大阪南港をフェリーで出発、あくる4日に新門司港から長崎に向かい長崎市を観光し、その日は長崎で一泊。

あくる日も長崎市を午後まで観光し、そこから山口県の防府まで延々と電車に乗り当地で一泊しました。

防府から最後の一日をあちこち寄り道をしながら岐阜まで帰った旅行です。

切符のほとんどは青春18きっぷを利用し、諫早~佐賀間のみ特急を利用しました。

 

  JR宮島口駅には午前10時半ごろに着きました。

Dsc05939_20200121003101

 

  JRの宮島口駅前からフェリー乗り場までは200mから250mで歩いても2、3分ぐらい。

Dsc05942_20200121003101

 

  その途中に広電の宮島口駅があります。

Dsc05944_20200121003101

 

  地下鉄が無い広島市では広電は市民の足として親しまれています。

  広島もかっては地下鉄の計画が持ち上がったことがありましたが、広島市の地盤の悪さ、オイルショック、広電の経営努力などが相まって実現することはありませんでした。

Dsc05945_20200121003101

 

  宮島のフェリーのうち右がJR、左が松大汽船。

  所要時間、料金は同じですがJRのフェリーは厳島神社の大鳥居が見える海域に接近してくれるので観光などにはJR。

  ただしJRは混んでいるようですね。

Dsc05950_20200121003101

 

  この時はJRの桟橋は初詣の人々と思われる乗船待ちの人で溢れ返っていました。

  これを見て私は駅に引き返してしまいましたが、松大汽船の桟橋も覗いてみるべきでした。

Dsc05953_20200121003101

  撮影 2013/01/06

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

旧駅舎時代の備中高梁駅(びっちゅうたかはしえき) - 岡山県高梁市

 

  2009年に当時の「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」を利用した3日間の旅行で、最終日に備中高梁城を訪れましたが、その際の備中高梁駅(びっちゅうたかはしえき)。

その後、備中高梁駅は2015年に橋上駅舎に生まれ変わっています。

 

  駅前通りから旧駅舎を振り返って。

Pa150095

 

  岡山から新見行き普通で11時頃に降り立ちました。

Pa150087

 

  当時(2009年)すでに東西自由通路が存在していました。

  その自由通路からの写真のようです。

Pict0037

 

  10月13日に岐阜を出発、深夜にジャンボフェリーで神戸三宮から四国の高松に渡り、あくる14日に琴平、屋島、栗林公園を訪れ、岡山に一泊。

  最終日15日に高梁市の備中高梁城と市内の散策。

  その日の内に長い時間をかけて岐阜に帰りました。

 

  山上にある備中高梁城。

  予約制の乗り合いタクシーを利用して山上途中の駐車場まで登りました。

  駐車場から天守のある山上までは距離にして約700m。

Pict0080_20191002013801

 

  備中高梁城天守。

  天守閣、二重櫓などが重要文化財に指定されています。

  天守は現存12天守の内のひとつです。

Pict0123

  撮影 2009/10/15

| | コメント (0)

2019年8月29日 (木)

福山駅の300系新幹線と福山城 - 広島県福山市

 

  1997年の夏に福山城と明王院を訪れた際の福山駅と福山城。

帰りに福山駅から岡山駅まで新幹線を利用し、福山駅でたまたま新幹線300系電車が写り込んでいました。

 

  福山駅新幹線ホームから見える福山城。

  手前左の櫓が現存遺構で重要文化財の伏見櫓。

Img937

 

  天守閣は1945年まで現存しましたが空襲で焼失しました。

Img936

 

  もう少しキチンと写しておけば良かったと悔やまれる新幹線300系電車。

Img934

 

  昭和41年(1966年)に復興された福山城天守閣。

  現存した天守とはかなり異なっており、不正確に建てられた天守であるため復元天守の範疇に含まれません。

Img906_20190829144301

  撮影 1997/08/25

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

岡山駅にて - 岡山県岡山市

 

  岡山駅は中国地方における一大ターミナル駅と言えます。

新幹線、山陽本線上下、伯備線、赤穂線、津山線、吉備線、瀬戸大橋線、宇野線が集中し、山陰、四国への玄関口ともなっています。

 

  岡山駅10番線。

  吉備線のキハ40系気動車。

Dsc08129

 

  津山線 津山行きキハ120形2両編成。

Dsc08131

  撮影 2013/04/04

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

後楽園からの岡山城 - 岡山県岡山市

 

  江戸時代の岡山は池田氏31万5千石の城下町で、その中心が岡山城でした。

明治になり岡山城天守などは破却を免れたものの、昭和20年(1945年) 6月29日の岡山空襲で天守などは焼失しました。

現在の天守は戦後に鉄筋コンクリートで再建されたものです。

 

  岡山城、後楽園から。

Dsc08488

 

  午前中に津山線で津山に向かい津山城の桜を見て後、岡山に戻って岡山城を訪れました。

Dsc08493

Dsc08505

  撮影 2013/04/04
 

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

2019年桜の旅(16) 土曜日朝の鳥取駅 - 鳥取県鳥取市

 

  さて、旅行3日目の土曜日は山陰線をひたすら東に向かい岐阜へ帰ることになります。

全線を青春18きっぷで帰ることも不可能では無いのですが、さすがに無理と考え、青春18きっぷは鳥取~城崎温泉間、米原~岐阜間のみで使用し、城崎温泉~米原間は特急と新幹線を利用することにしました。

それでも帰宅は夕方5時過ぎという強行スケジュールでした。

 

  鳥取発8時24分発の「スーパーまつかぜ3号」187系米子行き。

Img_1234

 

  8時56分発豊岡行き快速「山陰海岸ジオライナー」キハ126系と遠くの車両は9時発出雲市行き快速「あめつち」キハ47形。

  いずれも曜日限定の観光列車。

Img_1236

 

  智頭急行の特急車両HOT7000系。

Img_1238

 

  回送のキハ187系車両。

Img_1239

 

  快速「山陰海岸ジオライナー」キハ126系。

  これで城崎温泉へ向かいます。

Img_1241

 

  快速「あめつち」出雲市行き。

Img_1245

  撮影 2019/04/06

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

2019年桜の旅(15) 若桜駅(わかさえき)にて(2) - 鳥取県若桜町

 

  最近、地方の交通線(JR、三セク、私鉄など)では構内や旧機関庫などを有料で開放することが多いようです。

津山も旧車両を展示し構内を開放しています。

若桜鉄道も広い構内という訳では無いのですが、運行に差し支えない場所を有料で開放しています。

また若桜鉄道は鉄道全体が文化財としてみなされ、多くの施設が登録有形文化財に指定されています。

 

  若桜駅。

  登録有形文化財。

Dsc01147

Dsc01145 

Dsc01127

 

  DD16形ディーゼル機関車。 

Dsc01130

 

  C-12形蒸気機関車。

Dsc01132

Dsc01134

Dsc01138

 

  給水塔、転車台も登録有形文化財。

Dsc01140

 

  帰りはこの列車WT3300形気動車で鳥取に向かいました。

  オール転換クロスシートでした。

Dsc01143

  撮影 2019/04/05

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

2019年桜の旅(14) 若桜駅(わかさえき)にて(1) - 鳥取県若桜町

 

  若桜鉄道の前身である国鉄若桜線は「大正11年、八頭町郡家から若桜町を経て兵庫県に抜けるルートで計画された。昭和5年、郡家-若桜間(19・2キロ)が開通。その後、若桜から先は着工されなかった」(2016.2.6 産経WEB版より)。

現在は第三セクターによる運営が行われています。

Dsc01112

 

  DD16 7とC12 167が留置されています。 

Dsc01113

 

  右に留置されているのは「昭和」車両と旧客車の12系。

Dsc01118

 

  転車台。

Dsc01119

 

  給水塔とC-12、DD-16。 

Dsc01120

 

  構内全体。

Dsc01121

 

  若桜駅の

  駅本屋およびプラットホーム
  物置および灯室
  旧西転轍手箱番所
  旧東転轍手箱番所
  諸車庫
  機関車転車台
  給水塔
  流雪溝

  が登録有形文化財。

Dsc01123

  撮影 2019/04/05

| | コメント (0)

より以前の記事一覧