2019年2月 8日 (金)

日出(ひじ)城跡(2)天守台跡 - 大分県速見郡日出町

 

  日出藩(ひじはん)の藩主家は木下氏。

木下藤吉郎(豊臣秀吉)の妻であるおね(高台院、北政所)の兄である杉原孫兵衛(家定)が木下氏を名乗るようになったのが始まり。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは中立を維持し、それが認められ初代の備中足守藩藩主となります。

そして、その三男である延俊(のぶとし)は東軍として功をなし、その結果豊後速見郡3万石を得て日出藩初代藩主となり、明治まで13代にわたり当地を治めました。

ちなみに家定の五男、延俊の弟である秀俊は小早川家に養子に入り関ヶ原の戦いでの寝返りを演じた小早川秀秋です。

 

  いつもの余湖くんのお城のページよりの引用図。

Hijityo

 

  本丸西側の堀。

Dsc00775

Dsc00777

 

  本丸の石垣と天守台跡の石垣。

Dsc00778

Dsc00779

 

  天守台跡の石垣。

  本丸が小学校となっているので校庭の一角にあります。

Dsc00780

 

  別府湾の様子。

  高崎山、別府市が望めます。

Dsc00787

 

  石垣を登ると校庭に入れます。

  もちろん学期中は入れないのでしょうが、柵用の鎖が解かれた状態でしたので入らせて頂きました。

Dsc00799

 

  校庭隅にある天守台跡の石垣。

Dsc00803

 

  天守台への登り口。

  ここも柵が外されていました。

  1月4日で冬休みのための学校側の配慮と受け止め登らせて頂きました。

Dsc00804

 

  天守台跡からの別府湾。

Dsc00809

Dsc00811

Dsc00812

Dsc00818

 

  当時の旧暘谷駅(ようこくえき)に戻ってきました。

  現在は廃止された481系特急「にちりん」の通過。

Dsc00855

  撮影 2011/01/04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

日出(ひじ)城跡(1)暘谷駅に到着 - 大分県速見郡日出町

 

  杵築の城下町を午前中からお昼にかけて観光した後、日出(ひじ)城跡のある暘谷駅(ようこくえき)に向かいました。

 

  いつもの余湖くんのお城のページからの引用図。

Hijityo

Dsc00766

 

  旧暘谷駅に降り立ったところ。

Dsc00739

 

  旧暘谷駅(ようこくえき)。

  現在は立派な駅舎と駅前広場が整備されました。

Dsc00745

 

  この年(2011年)に致道館の整備事業が始まり、平成27(2015)年に竣工しています。

Dsc00751

 

  致道館から海岸沿いの方向に下りていくと内堀があります

Dsc00753

 

  その内堀。

Dsc00756

 

  内堀を中に進み右手を見たところ。

  本丸は丸々小学校の敷地となっています。

Dsc00757

 

  北西隅櫓跡 の石垣。

  現在、二の丸には鬼門櫓が移築されています。

Dsc00758

 

  大手門跡に当る日出小学校校門。

Dsc00773

Dsc00771

 

  内堀北側の東部分。

Dsc00764

  撮影 2011/01/04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

城下町 杵築の散策(4)飴屋の坂から北台の北浜口番所と番所の坂 - 大分県杵築市

 

  南台の飴屋の坂を下り、道路を挟んで反対側の北台の坂は岩鼻の坂。

再び北台武家屋敷の四つ辻へ戻り、酢屋の坂とは反対側にある北浜口番所とそれに続く番所の坂へ。

番所の坂を下りると杵築バスターミナルまではすぐです。

Dsc00629

 

  飴屋の坂。

  商人の町へ下りて反対側の北台に登るのが岩鼻の坂。

Dsc00720

 

  岩鼻の坂。

Dsc00725

 

  北台武家屋敷に戻ってきました。

Dsc00726

 

  右手前が大原邸。

  右へ行くと酢屋の坂。これを左に行きます。

Dsc00731

 

  こちらが北浜口番所と番所の坂。

Dsc00732

Dsc00735

Dsc00736

 

  番所の坂から杵築バスターミナルへはすぐ。

  バスで杵築駅に戻りました。

Dsc00738

 

  杵築駅ホーム。

  この後、さらに南に向かい、暘谷駅(ようこくえき)下車で日出城(ひじじょう)跡を訪れました。

  暘谷駅に降り立ったのはもう15時頃でした。

Dsc00625

  撮影 2011/01/04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月31日 (木)

城下町 杵築の散策(3)南台 中根邸、きつき城下町資料館、展望台と一松邸 - 大分県杵築市

 

  北台武家屋敷を巡った後、大原邸の横から南へ酢屋の坂を下り、旧商人の町であった谷合いの道路を横切り、今度は塩屋(志保屋)の坂を登り南台武家屋敷に向かいます。

塩屋(志保屋)の坂から続く道は重臣たちの武家屋敷が並んでいたことから家老の丁と呼ばれています。

さらに中根邸から左手奥に進むと「きつき城下町資料館」。

資料館の横から展望台と一松邸に至ります。

 

  上が南のマップ。

Dsc00629

 

  南台から手前が塩屋の坂、向こうの北台に登る坂が酢屋の坂。

Dsc00691

 

  ここにきて漸く日が差してきました。

Dsc00692

 

  中根邸。

  中根邸は杵築藩家老中根氏の隠居宅。

Dsc00694

Dsc00695

Dsc00697

 

  きつき城下町資料館。

Dsc00699

 

  資料館の横を上がると展望台があります。

Dsc00701

 

  展望台からの杵築城。

Dsc00702

 

  一松邸。

  一松定吉氏は「ながく法曹界で活躍、のち政界に転じ、第一次吉田内閣で逓信大臣、以降厚生、建設各大臣を歴任」。

  杵築市の初代名誉市民。

Dsc00705

 

  塩屋の坂に戻って、途中の道を左へ行きます。

Dsc00718

Dsc00719

 

  飴屋の坂。

  ここを下り向かい側の岩鼻の坂を北台に戻ります。

Dsc00720

  撮影 2011/01/04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火)

城下町 杵築の散策(2)北台武家屋敷 - 大分県杵築市

 

 

  天守のある東方向から北台へ勘定場の坂を登ると、まず磯矢邸が左手にあります。

そしてすぐ右に藩校の門、その前に能見邸、さらに隣に大原邸があります。

大原邸から四つ辻となり視界が南に開けます。

 

  下が北の城下町散策マップ。

Dsc00629

 

  北台武家屋敷から杵築城天守。

  現在の天守閣は昭和45年(1970年)に築造された模擬天守です。

Dsc00653

 

  北台武家屋敷。

Dsc00655

 

  藩校の門。

  現在、杵築小学校の裏門となっている藩校の門は「江戸時代から残る藩校学習館の「藩主御成門」」でした。

Dsc00656

 

  前に見える能見邸の門。

Dsc00660

 

  能見邸は幕末の建築と見られています。

  ちなみに杵築藩藩主家は能見松平家で、能見邸はその一族の邸宅。

Dsc00661

 

  能見邸の隣には大原邸。

Dsc00663

 

  大原邸入場料は一般200円、小・中学生100円。

Dsc00664

 

  大原邸の庭園。

Dsc00670

 

  左の角の家が大原邸。

  南に坂がのびています。

  北台武家屋敷はこの四つ辻までで、右の西方向は一般住宅地域。

Dsc00676

 

  北台武家屋敷を振り返って。

Dsc00678

 

  手前が酢屋の坂。

  南台を登る坂を志保屋の坂と言います。

Dsc00682

 

  酢屋の坂を下って見上げたところ。

Dsc00684

  撮影 2011/01/04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月27日 (日)

城下町 杵築の散策(1)杵築城、勘定場の坂から磯矢邸 - 大分県杵築市

 

  杵築へは小倉から特急で1時間10分足らず(停車しない特急あり)。

私の場合、門司駅から一番電車の普通大分行きで杵築へ。

門司~杵築間の所要は2時間10分でした。

 

  杵築駅にて。

Dsc00623

 

  杵築駅駅舎。

Dsc00626

 

  駅と町中心部は離れているのでバスを利用します。

Dsc00627

 

  杵築駅前から杵築バスターミナルまでは所要11分、運賃大人290円(2019年現在)。

  杵築バスターミナルの待合所。ロッカーもありました。

Dsc00628

 

  下が北台、上が南台、北台と南台の間が商人町でした。

Dsc00629


  杵築城へ向かいましたがあいにく工事中。

Dsc00631

Dsc00632

 

  杵築の町並みの内、まず北台武家屋敷に向かいます。

  勘定場の坂。

Dsc00639_2

 

  坂を登り切った左手にある磯矢邸。

  拝観料(2019年現在)は一般 200円、小・中学生100円。

Dsc00643

Dsc00649

 

  天気が良くなかったのが残念。

Dsc00650

 

  磯矢邸を振り返って。

Dsc00652

  撮影 2011/01/04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

京都嵐山渡月橋から清凉寺へのメインストリート - 京都府京都市

 

  京都嵐山の渡月橋から北に向かうメインストリートは1kmほどで清凉寺に突き当たります。

歩いて15分ほどでしょうか。

 

  渡月橋と嵐山。

Dsc02863

 

  渡月橋北詰の交差点。

  南を振り返って。

Dsc02867

 

  北へ歩いて行きます。

Dsc02869

 

  右に嵐電嵐山駅の駅舎。

Dsc02870

 

  左手には天龍寺。

Dsc04574_2

Dsc04575

 

  やがて人気の竹林の小径や常寂光寺などへ通じる道。

  左へ一旦折れます。

Dsc02874

 

  そのまま真っ直ぐ北進すると左にオルゴール博物館。

  その先にJR山陰線(嵯峨野線)の踏み切りがあります。

Dsc02875

 

  道路が細くなってきます。

Dsc02876

 

  大覚寺もこちらの方向。

Dsc02877

 

  嵯峨釈迦堂の名で知られる清凉寺の仁王門が見えてきます。

Dsc02879

 

  愛宕野々宮両御旅所。

Dsc02880

Dsc02883

 

  清凉寺仁王門。

  江戸時代18世紀の末に再建されました。

Dsc02890

 

  門前左の突き当りが宝筐院(ほうきょういん)。

  宝筐院は紅葉の名所の一つに数えられています。

Dsc02892

  撮影 2013/11/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

肥薩線人吉駅にて - 熊本県人吉市

 

  人吉駅はJR九州肥薩線の駅。

また、くま川鉄道湯前線(ゆのまえせん)の発着駅です。

 

  相良氏(さがらし)が治めた人吉藩は石高2万2千石。

Dsc02476

 

  現在は人吉駅での運行は無い九州横断特急。

Dsc02611

 

  肥薩線人吉~吉松間で運行されるキハ31の入線。

Dsc02614

Dsc02623

Dsc02626

 

  九州横断特急で熊本へ向かいました。

Dsc02616

 

  熊本駅にて。

Dsc02632

  撮影 2011/11/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

晩秋の人吉市(4)人吉城跡(2) - 熊本県人吉市

 

  鎌倉時代に肥後国多良木荘の地頭に任命され、後に人吉荘も得た相良氏(さがらし)は、以後、室町、戦国時代、江戸時代を通じて当地を所領として維持、鎌倉時代から明治までの長きにわたり当地を治めてきました。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」よりの引用図。

Hitoyosityo

 

  木々が繁っているのが二ノ丸、一段低い石垣が三ノ丸の石垣。

Dsc02543

 

  二ノ丸の様子。

  奥に本丸への石段が見えます。

Dsc02551

 

  本丸への石段。

Dsc02552

 

  石段から見た二ノ丸。

Dsc02553

 

  本丸跡。

  天守閣は存在せず、護摩堂が建てられていたという。

Dsc02558

Dsc02555

 

  帰りは北側から下ります。

Dsc02565

 

  二ノ丸の石垣。

Dsc02567

 

  北側の御下門跡へ下りてきました。

Dsc02572

 

  御下門跡。

Dsc02574

 

  堀合門と石垣。

  石垣の上部に「はねだし(武者返し)」のあるのが特徴。

Dsc02578

 

  復元された堀合門。

Dsc02579

 

  球磨川に面した水の手門跡。

Dsc02581

 

  復元された角櫓。

Dsc02605

 

  球磨川と城跡を見ながら駅方向に戻ります。

Dsc02603

  撮影 2011/11/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

晩秋の人吉市(3)人吉城跡(1) - 熊本県人吉市

 

  人吉城は相良氏(さがらし)670年の居城でした。

江戸時代には人吉藩2万2千石で15代にわたり相良氏が明治まで当地を治めました。

現在は石垣が残り、さらに平成元年(1989年)に隅櫓が、平成5年(1993年)には大手門脇多聞櫓と続塀が復元されました。

 

  いつもの余湖くんのお城のページよりの引用図。

  下が北方向になります。

Hitoyosityo

 

  内側から大手門跡の石垣と多聞櫓。

Dsc02516

Dsc02517

Dsc02518

 

  城内の武家屋敷跡あたり。

Dsc02520

 

  平成17年(2005年)に開館した人吉城歴史館。

Dsc02524

 

  石垣の上へ。

Dsc02527

 

  清兵衛門址の碑があります。

Dsc02528

 

  左手に相良護国神社の社殿。

Dsc02531

 

  石段を登り三ノ丸へ。

Dsc02536

 

  三ノ丸の石垣。

Dsc02540

 

  二ノ丸から見下ろした三ノ丸。

Dsc02550

  撮影 2011/11/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧