2017年6月24日 (土)

JR四国 高徳線 勝瑞駅(しょうずいえき)にて 2012年10月 - 徳島県板野郡藍住町

 

  四国徳島県の勝瑞駅(しょうずいえき)。

徳島駅から高徳線で10分ほど。

駅から歩いて10分ほどの距離(500m)には細川氏9代、三好氏3代の根拠地であった勝瑞城跡とその城館跡などがあります。

勝瑞城跡の見性寺は三好氏の菩提寺で三好氏4代の墓が現在も残っています。

 

  徳島行きの1500型普通。

Dsc03154

Dsc03155

Dsc03156

 

  勝瑞駅。

Dsc03157

 

  勝瑞城址の碑。

  現在は見性寺の境内となっている。

Dsc03162

Dsc03175

 

  城館跡は盛んに発掘調査が行われていました。

Dsc03185

 

  図は上が南にあたる。

  したがって勝瑞駅は左方向。

Dsc03199

 

  勝瑞駅は特急「うずしお」が一部停車します。

  特急「うずしお」2000系と1500型普通徳島行き。

Dsc03214

 

  徳島近郊ということで乗客もけっこう多い。

  徳島行き普通。

Dsc03226

  撮影 2012/10/13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

金沢市を散策(3) - 石川県金沢市 金沢城(2)三十間長屋と玉泉院丸庭園

 

 

  石川門から三の丸広場に出て、左奥の橋爪門から二の丸に入ると、まず本丸下の鶴丸倉庫に向かいました。

鶴丸倉庫は江戸期の城郭倉庫で2008年に重要文化財に指定されました。

さらに本丸の石垣の下に沿って奥に進むとこれも現存遺構の三十間長屋があります。

この曲輪から南西下に下りる道があり、そこから歩いて行くと復元された玉泉院丸庭園があります。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

Kanazawatyo_2

Dsc07311

 

  本丸への門であった鉄門跡の石垣。

Dsc07313

 

  三十間長屋。

  貴重な現存遺構で重要文化財。

Dsc07316

Dsc07317

Dsc07320

 

  下に下ります。

  振り返って。

Dsc07322

 

  下りて。

Dsc07323

Dsc07324

 

  上から玉泉院丸庭園。

Dsc07326

 

  この地図が分かり易い。

Dsc07327

Dsc07332

Dsc07330

 

  三十間長屋を見上げて。

Dsc07333

 

  玉泉院丸口から城外に出ました。

  城外から玉泉院丸南西の石垣。

Dsc07334

Dsc07337

  撮影 2017/05/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

金沢市を散策(2) - 石川県金沢市 金沢城(1)菱櫓・橋爪門・橋爪門続櫓・五十間長屋、河北門(かほくもん)、鶴丸倉庫

 

 

  金沢城の前身は一向一揆の拠点であった尾山御坊で、信長に攻め落とされた後その跡地に金沢城が築かれたのが始まりです。

天正11年(1583年)賤ヶ岳の戦いの後、羽柴秀吉によって前田利家が封ぜられ、のち江戸時代を通じて加賀藩主前田家の居城となりました。

天正15年(1587年)と文禄元年(1592年)にそれぞれ前田利家、前田利長によって大改造が行われました。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

Kanazawatyo

 

  石川門を抜けます。

Dsc07283

Dsc07284

 

  石川門の枡形を抜けると三の丸。

Dsc07287

 

  三の丸広場と平成13年(2001年)に復元された右から菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓、橋爪門。

Dsc07290

 

  三の丸右手には平成22年(2011年)に復元された河北門(かほくもん)。

Dsc07291

 

  同じく河北門。

Dsc07294

 

  菱櫓。

Dsc07295

 

  橋爪門と橋爪門続櫓。

  中に入ると二の丸。

Dsc07297

 

  中に入り、本丸下にある現存遺構の重要文化財鶴丸倉庫。

Dsc07305

 

  鶴の丸広場にある休憩所からガラス越しに。

Dsc07306

 

  休憩所前から鶴丸倉庫。

Dsc07308

 

  奥に進みます。

Dsc07309

 

  本丸の石垣越し、遠くに見える石川門の櫓。

Dsc07312

  撮影 2017/05/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

金沢市を散策(1) - 石川県金沢市 兼六園と金沢城石川門

 

 

  金沢への訪問は2008年以来。

今回も兼六園から金沢城の順序で訪れましたが、兼六園は入園して15分ぐらいで人混みの中から抜け出して金沢城へ早々に向かいました。

一通り金沢城内を歩いた後、復元された玉泉院丸庭園を訪れて玉泉院丸口から城外南西に出ました。

そして独特な神門を持つ尾山神社を訪れ、さらに、ここから長町武家屋敷跡まで歩いて金沢市足軽資料館から野村家、前田土佐守家資料館を巡り、犀川(さいがわ)を西に。

こちらにはにし茶屋街や寺町があるのですが、その前に室生犀星記念館を訪れ、ここまでで約5時間。

暑い中、時々休憩所やベンチで休むもさすがに疲れ、この日はこれまでと犀川大橋を北詰に渡り、近くのバス停からバスで金沢駅に引き返しました。

ひがし茶屋街やにし茶屋街、兼六園、金沢城付近の各施設はまた次の機会という事で、今回の散策を切り上げました。

 

  米原発の特急「しらさぎ51号」を乗り継いで10時過ぎに金沢駅に到着。

  岐阜から全行程を普通電車で利用すると金沢到着は12時頃。

Img_0514

 

  駅前の雰囲気は2008年とは異なり人の多さが目につきます。

  平日なのに活気が凄い。

Dsc07254

 

  外国人の多さも目につきました。

Dsc07255 

 

  バスで兼六園下まで向かい、兼六園へ。

  バスは200円。1日乗車券もあります(いろいろ特典あり)。

  兼六園入園料大人310円、こども100円。

Dsc07262

 

  人で溢れ返っています。

  ことじ灯籠。

Dsc07264

Dsc07265

 

  10分ぐらい出口をさがして何とかここへ出ました。

  人の多さと、この時期の庭園の緑一色には飽きているのですぐに出口を捜しました。

Dsc07268

Dsc07269

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

Kanazawatyo

 

  現在は道路となっているかっての百間堀(ひゃっけんぼり)と石垣。

Dsc07272

 

  現存遺構の石川門は重要文化財に指定されています。

Dsc07274

 

  旧百閒堀。

Dsc07275

 

  石川門櫓。

Dsc07280

  撮影 2017/05/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

小山城(武田氏の前線城)(4) - 静岡県榛原郡吉田町 天守閣風展望台と能満寺山公園

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

 

  能満寺山公園は小山城跡に天守閣(展望台)を建て、城跡一帯を公園としたものです。

Koyamayszu_2

 

  三日月堀と天守(展望台)。

Dsc06946

Dsc06948

 

  空堀。

  この城で特筆すべき三重堀は左側一帯にあります。

Dsc06953_2

 

  上の空堀の反対側。

  三重堀は右側。

Dsc06956

 

  展望台入場料は大人200円(子供100円)。

Dsc06960

 

  1、2階の展示物。

Dsc06962

Dsc06963

 

  展望台から公園内を。

Dsc06966

 

  南方向には海が見えます。

  右手の方角に御前崎があるので、ここらあたりの海は駿河湾になります。

Dsc06969

Dsc06972

 

  元来た道をバスの時刻を気にしながら帰りを急ぎます。

Dsc06973

  撮影 2017/04/04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

小山城(武田氏の前線城)(3) - 静岡県榛原郡吉田町 能満寺から展望台小山城へ

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

  展望台のあるのは2郭と書かれている右横あたり。

Koyamayszu

 

  能満寺から石段を登ります。

Dsc06933

 

  バランス感覚に自信の無い方は右手のスロープを。

  実際中央の石段は急で危険です。

Dsc06934

 

  登り切った場所にある虚空蔵堂。

Dsc06936

 

  すぐに橋の架かった空堀へ。

  能満寺山公園は小山城跡を公園にしたものと考えてよいですね。

Dsc06937

 

  三日月堀。

Dsc06945

 

  奥からの展望台小山城です。

Dsc06941

 

  このお城としてのハイライトは三重堀。

  左の木立の中にあります。写真はありません。

Dsc06953

  撮影 2017/04/04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

小山城(武田氏の前線城)(1) - 静岡県榛原郡吉田町

 

  小山城は静岡県榛原郡吉田町にあった城です。

武田氏により元亀2年(1571年)に築城。

大井川西方の要衝で高天神城攻略の前線基地となり、のち天正10年(1582年)の甲州征伐の際に徳川家康に攻撃されて落城。

そんな歴史のあるお城跡に史実には無い天守閣があると聞いて見てきました。

桜はまだ全然でしたが意外にも人が出ていて驚きました。

 

  吉田町の最寄りの「片岡北吉田特別支援学校」バス停までは島田駅前バス停から27分。

平日は1時間に1本のバスがありますが土日は2時間に1本と少なくなります。

 

  島田駅と駅前の栄西禅師の像。

  島田市はお茶どころ。

  お茶を伝えた栄西禅師との関わりで像が建てられています。

Dsc06888

Dsc06890

 

  最寄りの「片岡北吉田特別支援学校」バス停から北に戻ります。

Dsc06894

 

  小山城の威容が望めます。

Dsc06895

 

  麓に能満寺があります。

Dsc06900

Dsc06901

 

  能満寺の境内から登ります。

Dsc06905

 

  山門。

Dsc06907

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

Koyamayszu

  撮影 2017/04/04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

思いでの旅(3)1996年7月~9月 - 初めての「青春18きっぷ」(5)福知山城(京都府福知山市)

 

  この年(1996年)の夏、初めて青春18きっぷを購入、利用しましたが、思ったより苦労しました。

3枚目が9月5日に「消化」、4枚目が9月9日(期限は10日まで)、10日の最終日に5枚目という際どさ。

使い切らないと勿体無いし、何か敗北したような気分が嫌で、無理やりに使用しました。

 

  9日は福知山城と目的地を決めて出発。

福知山城を訪れた後、福知山から京都へ出ようとしましたが電車が出たばかりで、出発時間が近い列車のある舞鶴線の舞鶴へ向かう事にしました。

そして舞鶴から小浜線で小浜に到着したのが4時頃。

ここからバスが湖西線の近江今津へ出ていることを事前に承知していたので1時間バス待ちをして近江今津へ出ました。

そして京都に戻ったのが午後8時過ぎ。

 

  湖西線の沿線は際立った町が大津まで無いので、漆黒の闇の中、まるでトンネルの中を走っている気分でした。

 

 

  昭和61年 (1986)に外観復元された天守。

Img733

Img734

 

  拝観は東側から。

  拝観料は大人320円、こども100円。

Img745

 

  隅櫓に擬した福知山市佐藤太清記念美術館。

Img748

Img751

 

  西舞鶴駅にて。

  舞鶴線(綾部~東舞鶴間)の電化は平成11年(1999年)。

Img754

  撮影 1996/09/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

思いでの旅(3)1996年7月~9月 - 初めての「青春18きっぷ」(4)勝竜寺城跡(勝竜寺城公園)と伏見桃山城

 

  初めての「青春18きっぷ」3回目はすでに9月。

少し焦り気味に出かけたのは勝竜寺城跡と伏見桃山城でした。

距離的にはあまり儲かっていなく、1回を済ませたことに意義があります。

 

  訪れた城はどちらも模擬城に属しますが、それなりに行き甲斐のあるお城跡でした。

勝竜寺城公園は勝竜寺城跡に作られた公園で、最寄りの駅はJRの長岡京駅。

徒歩で10分ぐらいです。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

  現在残っているのは本丸と沼田丸のみ。

  駅は北方向にあります。

Shoryujityo

Img710

 

  細川忠興・ガラシャ夫妻のゆかりの地で、二人は当地で結婚式を執り行いました。

Img712

 

  主婦の人が自転車で訪れ中に入って行く。

  なにか集まりがありそうでついつい遠慮してしまいました。

Img716

Img714

 

  伏見桃山城。

  遊園地キャッスルランドの一部でしたが、現在は伏見桃山城運動公園

となっています。

  JRの桃山駅から坂を登りましたが、案の定道に迷ってしまいました。

  JR桃山駅から徒歩で15分。

Img721

Img730

  撮影 1996/09/05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

思いでの旅(3)1996年7月~9月 - 初めての「青春18きっぷ」(3)高松城、高松駅とマリンライナー

 

 

  丸亀城を訪れたならば高松城を訪れるのは必然。高松はこの時が初めてでした。

以後、特に三ノ宮からのジャンボフェリーを四国渡航に利用するようになると、必ず高松駅を経由することになり、高松は馴染みの町となりました。

さて、青春18きっぷは岡山と四国内との電車に利用したとみられます。

 

  坂出駅にて。

  213系時代の快速マリンライナー。

  坂出駅地上駅時代。

Img671

Img672

 

  高松駅にて。

  まだ、高松駅は旧来のだだっ広さが残っています。

Img670

 

  JR四国8000系特急用車両。

Img680

 

  1996年の高松駅。

Img681

 

  現在の高松駅。

Dsc01741

 

  高松城 月見櫓と水門、渡櫓。

  いずれも現存遺構で重要文化財。

Img668

 

  同上。

Img669

 

  艮櫓(うしとらやぐら)。現存遺構で重要文化財。

  もともとは東の丸にあったものを太鼓櫓跡に移築。

Img674

  撮影 1996/08/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧