2017年10月21日 (土)

伊予鉄道市内電車 道後温泉駅 - 愛媛県松山市

 

  伊予鉄道市内電車の東の終点が道後温泉駅。

道後温泉と道後公園(湯築城跡)を中心に松山市立子規記念博物館など見どころが集中しています。

また道後公園は松山城と共に桜の名所で春には多くの花見客が訪れます。

道後温泉駅から歩いて15分、バスで数分の距離に四国八十八箇所霊場 第五十一番札所の石手寺があり、石手寺は山門(二王門)が国宝、本堂、三重塔などが重文に指定されている名刹で常に参拝客で賑わっています。

 

  道後温泉駅駅舎。

Dsc01955

 

  道後温泉駅乗り場。

Dsc01779

Dsc01781

 

  道後温泉へのアーケード。

Dsc01783

 

  松山市立子規記念博物館。

  個人400円、小中高生無料、65歳以上200円など。

Dsc01810

 

  湯築城跡。

  現在は道後公園として整備されています。

  代々河野氏の居城でした。

  見ての通り土塁などが現存。

  日本100名城の一つに数えられています。

Dsc01820

 

  石手寺の三重塔。重要文化財。

  石手寺は道後温泉から歩いても15~20分ほど。

  バスも頻繁に出ているので、バスの利用が無難かも知れません。

Dsc01801

Dsc01826

  撮影 2011/04/06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

予讃線松山駅と伊予鉄道市内電車 - 愛媛県松山市

 

  何度も訪れている愛媛県の松山市。

江戸時代から残る松山城や歴史のある道後温泉、道後温泉近くにある日本100名城のひとつである湯築城跡、道後温泉からバスですぐの石手寺など何度訪れても飽きない都市です。

春、桜の頃の松山市。

 

  時間の都合で伊予西条から乗車してきた特急「しおかぜ1号+いしづち1号」8000系特急電車。

Dsc01761

 

  同じホームの先に待機中の特急「宇和海9号」2000系特急気動車。

Dsc01762_2

 

  向こうに停車中の気動車は伊予大洲行き普通。

Dsc01765

Dsc01768

 

  観光の足として便利な伊予鉄道市内電車。

  道後温泉までは大人160円。

  松山駅前電停にて。

  モハ2000形。

Dsc01773

 

  モハ2100形。

Dsc01774

  撮影 2011/04/06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

薄暮の京都駅 京都そぞろ歩き - 京都府京都市

 

  京都をただ歩いて紅葉を眺め、薄暮の頃に京都駅へ戻ってきた旅行。

岐阜から京都に到着したのがお昼過ぎでした。

京阪四条から散策を始め、五条の方に歩いて、一切の拝観をすることなく五条から京都駅に戻ってきました。

 

  四条通を東に行きあたると八坂神社があります。

Dsc00234

 

  神社から五条の方に向かいます。

Dsc00251

 

  二寧坂。

Dsc00265

 

  八坂の塔。

Dsc00281

 

  京都駅には薄暮の5時前に帰ってきました。

Dsc00288

 

  秋は暗くなるのが早いですね。

Dsc00289

  撮影 2010/11/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

名鉄尾西線 玉ノ井駅と加茂神社玉井霊泉 - 愛知県一宮市

 

  名鉄尾西線(びさいせん)は愛知県弥富市の弥富駅と愛知県一宮市の玉ノ井駅を結ぶ30.9Kmの路線。

しかし、運行上は弥富駅~津島駅、津島駅~名鉄一宮駅、名鉄一宮駅~玉ノ井駅の三区間に分かれており、直通の運行は無く、全く別々の路線のような運行となっています。

この三区間の内、特に名鉄一宮駅~玉ノ井駅間は玉ノ井線とも呼ばれています。

また名鉄一宮駅~玉ノ井駅間は三区間の中で最も短くその距離は5.6Km。

 

  玉ノ井駅にて。

Dsc02697

 

  1時間に2本、30分毎の運行。

Dsc02692_2

 

  一面一線で折り返し駅となっています。

Dsc02696_2

 

  駅は県道147号線と並行しています。

  ここを北方向に300mぐらい(徒歩で5分ほど)行くと加茂神社が道路の右手にあります。

Dsc02701

 

  地名の玉ノ井の由来がこの加茂神社にあります。

Dsc02723

 

  境内にある「玉ノ井霊泉」。

  現在でも飲めるようです。

 

  周囲の地名「玉ノ井」の由来。

  「玉ノ井」自体の由来は分かりませんが、一般的に「井戸の美称(大辞林より)とされている」ので、そのあたりが由来なのでしょう。

Dsc02732

 

  加茂神社社殿。

Dsc02735

 

  名鉄一宮駅にて。

  玉ノ井行きの出発。

Dsc02745

  撮影 2011/06/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

飯田線 金野駅(きんのえき)と千代駅(ちよえき) 急行「飯田線秘境駅号」にて - 長野県飯田市

 

  秘境駅巡りも最終盤の二駅。

停車時間も金野駅4分、千代駅5分と短く、秘境という要素以外は見どころもなく、二駅を最後にして終点の飯田駅に向かいます。

Dsc02749

Dsc02751

 

  金野駅の時刻表。

  昼間帯が特に列車本数が少ない。

Dsc02745

 

  最後は千代駅。

Dsc02755

Dsc02772

 

  千代駅からは民家が見えませんが、周辺には民家が結構あるとか。

Dsc02767

  撮影 2013/11/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

飯田線 田本駅(たもとえき) 急行「飯田線秘境駅号」にて - 長野県下伊那郡泰阜村(やすおかむら)

 

  難読駅名の秘境駅である為栗(してぐり)駅を出ると次の駅が温田(ぬくた)駅。

ここで上りの「飯田線秘境駅号」を待ちます。

温田駅で上下の「飯田線秘境駅号」が交換、再び出発し、次の駅が秘境駅の田本駅。

トンネルとトンネルに挟まれ、閉塞感のある駅です。

トンネルの上に通路があるので、そこから「秘境駅号」を見下ろすという趣向。

停車時間は14分でした。

 

  温田(ぬくた)駅にて。

  上りの「飯田線秘境駅号」との列車交換。

Dsc02717

 

  田本駅にて。

  トンネル上の通路から駅を見下ろすという趣向。

Dsc02724

Dsc02737

 

  トンネルの上の通路の柵が見えます。

Dsc02731_2

 

  余り何もない田本駅でした。

Dsc02729

  撮影 2013/11/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

飯田線 為栗駅(してぐりえき) 急行「飯田線秘境駅号」にて - 長野県下伊那郡天龍村

 

  50分停車で昼食タイムの平岡駅を再び出発して次の駅が為栗駅(してぐりえき)。

駅前にダム湖の広がる、景観が広々とした駅で、元気な人たちは左手にある吊り橋まで往復していました。

停車時間が13分なので、私は橋まで行くのは諦めました。

 

  難読駅名の為栗(してぐり)駅。

Dsc02698

 

  眼前にはダム湖が広がっています。

Dsc02699

 

  少し吊り橋の方に歩いてみましたが、これ以上は諦めました。

  その点、子供たちを中心に元気な乗客は吊り橋まで走って往復。

Dsc02702

 

  天気が良くて何よりの旅行日和となりました。

Dsc02707

  撮影 2013/11/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

飯田線 平岡駅 急行「飯田線秘境駅号」にて - 長野県下伊那郡天龍村

 

 

  飯田線平岡駅は長野県最南端の自治体である天龍村の中心駅。

役場の最寄りの駅も平岡駅です。

 

  平岡駅で乗客は全員降ります。

  昼食タイムで約50分の停車。

Dsc02688

Dsc02663

 

  温泉・宿泊施設「ふれあいステーション龍泉閣」が駅舎に併設されており、食堂や売店などもあります。

Dsc02666

 

  駅付近を散策してみました。

Dsc02665

 

  駅や町並み自体が高みにあります。

Dsc02668

 

  村の文化財大榧(おおかや)。

Dsc02670

Dsc02671

 

  駅に戻ってみると上諏訪行き普通が停車中でした。

Dsc02678

 

  上諏訪まではまだ遠い(現在のダイヤでは岡谷行き。岡谷へはこれから4時間後の17時30分頃着)。

Dsc02684

  撮影 2013/11/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

飯田線 中井侍駅(なかいさむらいえき) 急行「飯田線秘境駅号」にて - 長野県下伊那郡天龍村

 

  二駅目の秘境駅は中井侍駅(なかいさむらいえき)。

秘境駅と言いながらホームの上に二軒の民家があり、背後にも集落があるという駅です。

それでも1日平均乗客数が数人だそうで、やはり秘境駅のひとつなんでしょう。

 

  停車時間は10分。

Dsc02649

Dsc02656

 

  渓谷を望める位置にあります。

Dsc02646

Dsc02651

 

  ここもトンネルとトンネルの間。

  次は平岡駅で昼食タイム。

Dsc02657

  撮影 2013/11/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

飯田線 小和田駅(こわだえき) 急行「飯田線秘境駅号」にて - 静岡県浜松市天竜区

 

  大嵐駅(おおぞれえき)の隣の駅が秘境駅の小和田駅(こわだえき)。

1日平均乗車人員が6人ほどとか。

木造の鄙びた(ひなびた)駅舎があります。

飯田線の場合には秘境の地というだけでは無く電車の運行数が少ないこともその駅を秘境駅たらしめています。

小和田駅では1日の運行本数は上り8本、下り9本で次の列車までの間隔が2時間、3時間は普通です。

 

  天竜川沿いの小高い場所に駅があります。

Dsc02608

 

  現皇太子妃の旧姓が小和田(おわだ)さんという事で話題になりました。

Dsc02631

 

  前方はトンネル。

Dsc02610

Dsc02634

 

  小和田駅駅舎。

Dsc02618

Dsc02629

 

  小和田駅での停車時間は20分でした。

Dsc02616

  撮影 2013/11/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧