2017年12月13日 (水)

嵐電嵯峨駅 初冬の嵐山 - 京都府京都市

 

 

  紅葉もほぼ終わり、寒さが募って来る初冬の嵐山、渡月橋付近。

 

  JR嵯峨嵐山駅の駅前通りをず~っと南下すると嵐電嵯峨駅の横の踏み切りへ。

  さらに南下すると桂川の畔にでます。

Dsc04562_2

 

  渡月橋は西の方。

Dsc04563

 

  木々に秋の名残りが。

Dsc04566

Dsc04567

 

  渡月橋北詰の交差点。

  嵯峨嵐山のメインストリートが北に延びます。

Dsc04568

 

  交差点西側から。

Dsc04569

  撮影 2012/12/14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

紅葉の京都(知恩院、青蓮院)を散策(9)京都駅に戻る - 京都市

 

  青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)を出、神宮道(じんぐうみち)を北に向けて緩い坂を下ります。

やがて三条通との交差点。

神宮道とはここで別れ、三条通を西に歩くと地下鉄東西線の東山駅があります。

烏丸御池駅まで乗車し、烏丸線に乗り換え京都駅に戻りました。

 

  神宮道、南を振り返って。

Dsc07811

 

  三条通との交差点。

  遠くに平安神宮の大鳥居が見えます。

Dsc07812

 

  地下鉄東西線東山駅にて。

  東は蹴上(けあげ)、西は三条。

  蹴上駅からはインクライン、金地院、南禅寺に至ります。

Dsc07814

 

  烏丸御池駅(からすまおいけえき)にて。

  烏丸線(からすません)で京都駅へ向かいます。

  新田辺行きが到着。

Dsc07817

 

  京都駅に戻ってきました。

Dsc07819

Dsc07820

 

  朝の出発地の奈良線ホーム。

  221系の「みやこじ快速」。

Dsc07825

 

  奈良線9番線10番線。

  まだまだ使用される103系。

Dsc07826_2

  撮影 2017/11/28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

高山駅にて 新駅舎となる - 岐阜県高山市

 

  高山駅の新駅舎と東西自由通路が供用開始されたのは2016年の10月とか。

ただし駅前の工事は続いており雑然とした感は拭えません。

Dsc07439

 

  なぜかヘッドマークが「南紀」となっているキハ85系と向こうキハ25形。

Dsc07625

 

  さらに西側にもキハ85系。

Dsc07626

 

  ホーム1番線裏は濃飛バスセンター。

Dsc07632

 

  キハ25形の飛騨古川行きが出発していくところ。

Dsc07636

 

  特急「ワイドビューひだ」が到着したホーム2、3番線より。

Dsc07642

 

  ヘッドマークが「南紀」となっているキハ85系。

Dsc07643

 

  美濃太田行き普通キハ25形。

  2両編成ながら転換クロスシートで長距離乗車には快適。

Dsc07649

  撮影 2017/11/12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

橋上駅舎となった高山駅(南の陸橋より) - 岐阜県高山市

 

  高山駅南の陸橋より眺めた橋上駅舎の高山駅と旧高山駅。

 

  高山市東西の人の行き来が便利になりました。

Dsc07620

 

  2011年11月の旧高山駅。

  現在は普通列車用のキハ40系統は駆逐されキハ25形が取って代わりました。

Dsc01794

 

  同じく旧高山駅。

Dsc01804

 

  駅前はまだ多くの部分で工事中です。

Dsc07617

  撮影 2017/11/12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

上田電鉄別所温泉駅と安楽寺八角三重塔 - 長野県上田市

 

  別所温泉駅は上田電鉄別所線の終点駅。

上田駅からの所要時間は30分足らずです。

別所温泉は昔はいわゆる温泉街(花街)でしたが、上田市に編入されたのを機に文化財を前面に押し出す観光地に転換しました。

北向観音の休憩所でたまたま町の古老とお話したところ、これが良かった、と述懐されていたのが印象的でした。

現在では若い女性も訪れることのできる観光地となりました。

その文化財の中でも特筆されるのが安楽寺の国宝八角三重塔です。

ちなみに上田電鉄の沿線の塩田平は文化財に恵まれていることから信州の鎌倉として観光客を誘致しています。

 

  別所温泉駅。

Dsc06084

 

  駅舎の裏側に展示されている丸窓の古い電車。

Dsc05980

Dsc05973

 

  駅舎から石段を上がり道路に出ると、道が二股になっています。

  これを右へ行きます。

Dsc05986

 

  やがて旧温泉街に入り左手に北向観音、右手に安楽寺へつながる道路に。

Dsc05998

 

  北向観音。

  坂道を登ってきたので高台にあります。

Dsc06073

 

  黒門。

Dsc06000

 

  しばらく歩いて行きます。

Dsc06004

Dsc06009

 

  安楽寺本堂。

Dsc06021

 

  本堂左に八角三重塔拝観入口があります。大人300円。

Dsc06023

 

  経蔵。

Dsc06029

 

  国宝八角三重塔。

  1290年代に建築されたものと考えられているそうです。

Dsc06040

 

  別所温泉駅に戻ってきました。

Dsc06094

Dsc06100

  撮影 2014/11/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

JR東海道本線 垂井駅と中山道垂井宿 - 岐阜県不破郡垂井町

 

  垂井宿(たるいじゅく)は中山道57番目の宿場。

また美濃路の起点で、美濃路は垂井宿から大垣宿、墨俣宿を経て尾張に入り、清須宿や名古屋宿から東海道宮宿に至る脇往還です。

 

  垂井駅北口。

Pict0099

 

  駅西の道路から。

  豊橋行き新快速313系。

Pict0014

 

  手前は垂井から米原方面に向かう311系普通電車。

Pict0016

 

  垂井の古い町並みの商家。

Pict0020

Pict0019

 

  垂井宿お休み処旧旅籠長浜屋。

Pict0025

 

  垂井宿内にある南宮大社石鳥居。

  寛永19年(1642年)の作で重要文化財。

Pict0027

 

  金山彦命(かなやまひこのみこと)は南宮大社の主祭神です。

Pict0028

 

  横道の町並み。

Pict0030

 

  相川橋を北に渡ります。

Pict0051

 

  相川橋北詰から東に行くと中山道と美濃路の追分(おいわけ)があります。

  左の道路が中山道。右への道路が美濃路。

Pict0050

 

  石で作られた垂井追分道標。

Pict0058

 

  美濃路の松並木。

Pict0064

 

  垂井駅は橋上駅舎。

Pict0100

 

  2面3線の垂井駅。

Pict0107

 

  帰りは陽も傾いてきた頃になりました。

  大垣行き普通の到着。

Pict0113

  撮影 2010/11/17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

JR東海道本線 垂井駅(たるい えき)と南宮大社(なんぐうたいしゃ)、真禅院 - 岐阜県不破郡垂井町

 

  JR東海の垂井駅は大垣駅と関ヶ原駅に挟まれた岐阜県西部の駅です。

古代には美濃国府が置かれるなどして、美濃の中心として栄えました。

国府跡は垂井駅から北西方向に徒歩で20分、車ですと7,8分の距離にあります。

国府跡からさらに北西には羽柴秀吉の軍師として名を馳せた竹中半兵衛重治の菩提山城跡があります。

ちなみに、半兵衛の嫡男の重門は関ヶ原の戦いでは東軍に与し、これによって領地を安堵され、陣屋を構え、交代寄合の旗本として明治まで存続しました。

 

  垂井駅。

Pict0003

 

  西の方から垂井駅。

Pict0006

 

  名古屋行きの特急「しらさぎ」。

Pict0008

Pict0011

 

  垂井駅から西に歩くこと10分足らずで県道257号線に出ます。

  南へさらに5分ほどで大鳥居の下に。すぐそばを新幹線が通っています。

Pict0037

 

  そして県道をさらに数分南下すると南宮大社へ。

 

  南宮大社は1600年(慶長5年)に関ヶ原の戦いで焼失。

  現在残る社殿は1642年に徳川家光が再建したもの。

 

  楼門。 重要文化財。

Pict0054

 

  高舞殿と拝殿、幣殿、本殿などの社殿。

  いずれも重要文化財。

Pict0059

 

  南宮大社から西に方向を取ります。

  関ヶ原の戦いでは南宮山などに安国寺恵瓊や吉川広家などが陣を構えました。

  南宮大社から真禅院までは徒歩で約15分。

Pict0075

 

  朝倉山真禅院の三重塔。

  真禅院は元々は南宮大社の神宮寺でしたが、明治の神仏分離令により当地に移ってきました。

  紅葉が綺麗な寺院です。

Pict0085

Pict0088

 

  重要文化財の本地堂。

  もともとは南宮大社にあったものを移築。

  寛永19年(1642年)建立。

Pict0097

 

  三重塔も寛永19年(1642年)建立で重要文化財。

  明治初年に移築されました。

Pict0107

  撮影 2010/11/17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

JR嵯峨野線(山陰線) 嵯峨嵐山駅と嵯峨野散策 - 京都府京都市右京区

 

  京都駅から嵯峨嵐山を訪れる場合、特に紅葉シーズンにはバスは避けたいものです。

JRで嵯峨嵐山駅下車、そして徒歩というのが最も無難と思われます。

 

  また、大阪方面からですと阪急電車で嵐山に入るのも一つの手。

また京都駅から地下鉄に乗り、東西線の西の終点天神川駅で降り、地上で連絡している嵐電に乗り換え嵐山に向かう方法もあります。

ただし、嵐電も満員と考えておいた方が良いでしょう。

 

  嵯峨嵐山駅から見たトロッコ嵯峨駅。

Dsc02840

 

  京都方面への221系電車の到着。

Dsc04742

 

  駅南口。

  南方向、次に西方向に歩いて行くと渡月橋からのメインストリートに出ます。

Dsc04558

 

  嵐電嵐山駅。

Dsc02852

 

  渡月橋から北に延びるメインストリートをどんどん歩いて行くと清凉寺(せいりょうじ)に突き当たります。

Dsc02882

 

  清凉寺仁王門。

Dsc02890

 

  清凉寺多宝塔。

Dsc02902

 

  仁王門前から西へ行くと宝筐院。

  その北、清凉寺の西門から西へ向かうこの道を行くと、二尊院の北に出ます。

Dsc02935

 

  二尊院。

Dsc02944

Dsc03012

Dsc03081

 

  二尊院を出て、南へ戻ります。

Dsc03092

 

  南には常寂光寺があります。

  常寂光寺仁王門。

Dsc03130

 

  常寂光寺多宝塔。

  元和6年(1620年)8月建立で重要文化財。

Dsc03179

 

  常寂光寺山門前から小倉池を右に見ながら南下。

Dsc03224

 

  やがてトロッコ嵐山駅。

Dsc03232

 

  さらに南に歩くと右手に大川内山荘があります。

Dsc03229

 

  その先左、東に延びる竹林の小径。

  天龍寺北門を経て野宮(ののみや)神社に至ります。

Dsc04714

 

  嵯峨嵐山駅にて。

  トロッコ列車を。

Dsc04737

  撮影 2013/11/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

JR肥薩線 人吉駅と人吉観光 - 熊本県人吉市


   

  鹿児島中央駅発の観光特急「はやとの風」で吉松まで、吉松からは観光列車普通の「しんぺい」で人吉駅に到着。

人吉には13時過ぎ。それから徒歩で人吉市内を観光しました。

 

  人吉は江戸時代を通じて相良氏(さがら し)15代が人吉城を藩庁として治めました。

石高は2万2千石でした。

西南戦争(明治10年(1877年))の際には戦場となり、その史跡なども残っています。

 

  観光列車「しんぺい」人吉駅に到着後。

Dsc02455_2

 

  人吉駅からは「くま川鉄道湯前線」が出ています。

Dsc02461_2

 

  その車両。

Dsc02454

 

  当時の特急「九州横断特急」別府行き。

  現在は特急「かわせみ」、「やませみ」などに置き換わっています。

Dsc02475_2

 

  駅前。

Dsc02477

 

  まず駅から徒歩数分の青井阿蘇神社へ。

  本殿、拝殿などが国宝に指定されています。

  慶長15年(1610年)から同18年にかけて造営されました。

Dsc02483_2

 

  同じく国宝の楼門。

  慶長18年(1613年)に竣工。

Dsc02485

 

  球磨川を南に渡って。

Dsc02496

 

  永国寺。

  西南戦争では田原坂で敗れた西郷軍が人吉に退却し本営を置きました。

  市街戦で永国寺は焼失。

  現在の本堂は明治24年(1891年)の再建。

Dsc02503

Dsc02510

 

  城内に入って行きます。

Dsc02519

 

  木々が繁っている二の丸の石垣。

Dsc02543

 

  二の丸。

Dsc02553

 

  最上部の本丸跡。

  天守は築かれず、護摩堂があったと言われています。

Dsc02554

 

  球磨川。

Dsc02598

 

  市内には温泉の銭湯が幾つもあり、その一つでゆっくりしてみました。

  その後、人吉駅へ。

Dsc02611

Dsc02613

 

  人吉~吉松間の普通列車。

Dsc02626

Dsc02623

 

  かって人吉まで運行されていた特急「九州横断特急」。

  現在は熊本~別府間の運行ながら、先の熊本地震の影響で阿蘇~熊本間が運休となっています。

Dsc02616

  撮影 2011/11/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

樽見鉄道(たるみてつどう) 大垣駅6番線 - 岐阜県大垣市

 

  大垣駅において樽見鉄道に割り振られているのは切り欠きの6番線。

樽見鉄道の本社は途中駅である本巣駅(本巣市)にあります。

養老鉄道と共に観光地の谷汲山華厳寺や横蔵寺などへのアクセスとなっています。

また終着の樽見駅は薄墨桜の最寄りの駅。

春の桜、秋の紅葉に観光客で賑わう樽見鉄道です。

Dsc01937

Dsc01938

 

  同じホームの5番線から豊橋行きの新快速が出発します。

  豊橋方面への出発番線は列車により異なるので注意が必要です。

Dsc01940

  撮影 2011/11/14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧