2016年7月18日 (月)

京都 伏見の一部を散策(2) - 近衛天皇陵(安楽寿院南陵 あんらくじゅいんのみなみのみささぎ)の御陵である多宝塔

 

  竹田駅の南口から線路の西側の道路を南下して、広い道路の新城南宮道の一本手前の道を西に入ると安楽寿院があります。

安楽寿院は鳥羽離宮の東殿に鳥羽上皇が営んだ仏堂が起源(12世紀のこと)。

「現在の安楽寿院は、6つ存在した子院のうちの前松院が寺籍を継いでいるもの」であるそうです。

 

  さて、近衛天皇陵は御陵が多宝塔という珍しい形式を取っています。

近衛天皇陵の正式の名前は安楽寿院南陵(あんらくじゅいんのみなみのみささぎ)。

近衛天皇は第76代天皇で在位は永治元年(1142年) - 久寿2年(1155年)。

鳥羽上皇による院政が布かれていたいた時期にあたります。

 

  陵の東側に近衛天皇陵駐車場があります。

Dsc05740

 

  安楽寿院境内の前を北側から入ります。

Dsc05742

Dsc05743

 

  まごうことなく多宝塔が御陵という形式です。

Dsc05748

Dsc05749

 

  多宝塔は慶長11年(1606年)の再建。

  宮内庁の管轄なので文化財指定はありません。

  もしそうで無ければ重文級と思われます。

Dsc05750

Dsc05752

 

  前身が鳥羽離宮の東殿の仏堂であることから鳥羽離宮に言及した案内板。

  全文書き起こしてみました。

Dsc05755_2

 

  鳥羽離宮は、平安時代後期に白河上皇の院政開始の象徴として造営が開始された御所と御堂および苑池(えんち)からなる広大な離宮である。

その範囲は、東西1.5km、南北1kmにもおよび、当時の日記に、「都遷り(みやこうつり)がごとし」といわれるほどであった。

この地は、平安京の朱雀(すざく)大路からまっすぐ南に下がった場所にあたり、現在とちがって鴨川は東から南に流れ、西には桂川が流れて、水閣(すいかく)を築くのに絶好な地形であった。

造営は、応徳3年(1086)にはじまり、北殿(きたどの)・南殿(みなみどの)・泉殿(いずみどの)・馬場殿(ばばどの)などがあいついで完成した。

これらの殿舎(でんしゃ)は、右にかかげた広大な池に接して造られ、船で行き来していた。

各々の殿には寝殿(しんでん)を中心に殿舎や御堂(仏像を安置)が建ち並び、次の鳥羽上皇の時代に入って、東殿・田中殿の造営が加わり、それぞれ苑池も造られた。

このうち現在の安楽寿院を含む東殿には、三重塔3基、多宝塔1基が築かれるなど、ほかの殿とは異なった様相を呈していた。

そしてこれらの塔には白河法皇(成菩提院(じょうぼだいいん)陵や鳥羽法皇(安楽寿院陵)、近衛天皇(安楽寿院南陵、再建多宝塔が現存)の御骨が収められ、墓前に御堂が造られた。

このように東殿の区域は死後の世界を用意したもので、まさしく極楽浄土を現世に築きあげたことが分かる。

院政最盛期の証(あかし)でもある鳥羽離宮跡は、当時の最高の文化と技術を駆使(くし)して築かれたが、院政の終焉(しゅうえん)とともに衰退(すいたい)し、地上からその姿を消していった。

この鳥羽離宮跡の発掘調査が開始されたのは、1959年の田中殿跡の調査からである。

以後1984年までに100次をこえる調査が実施され、南殿の殿舎や苑池跡、北殿経蔵や苑池跡、田中殿金剛心院(こんごうしんいん)跡、東殿苑池跡の発見など大きな成果をあげている。

これらの調査を自ら始められ、地元の方々や多くの調査関係者らとともに当初から手がけてこられたのが杉山信三博士(1906~1997)である。

ここに示された鳥羽離宮復元鳥瞰図(ちょうかんず)は博士の長年の調査成果を集大成されたもので、鳥羽離宮跡顕彰の石杖(いしずえ)として、阿弥陀如来坐像や石製五輪塔(いずれも重文指定)など、往時の文化財を今に伝える安楽寿院境内に置くこととした。

                                               1998年12月

Dsc05757

 

  こちらが現在の安楽寿院の境内。

Dsc05759

  撮影 2016/07/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

京都 伏見稲荷ほかを訪れる(6)2016年7月 - 宝塔寺(ほうとうじ)(2)本堂、多宝塔 帰途に

 

  今回の旅行の目的は宝塔寺の多宝塔、安楽寿院(あんらくじゅいん)の多宝塔を訪れることでしたが、これに伏見稲荷大社、石峰寺、伏見の町並みを加えて巡るつもりでした。

しかし、安楽寿院は同じ伏見区でも深草とは少し離れている竹田ということ、ましてや伏見の町並みを散策するには体力が耐えられず、宝塔寺を最後に京都駅に引き返しました。

 

  本堂。

  境内は静まり返っていて、掃除をする女性が一人のみ。

Img_0252

 

  慶長13年(1608年)の建立で重要文化財に指定されています。

Img_0253

 

  本堂に向かって左側。鐘楼。

Img_0254

 

  本堂。

  日蓮と日像の像が安置されているそうです。

Img_0256

 

  室町時代の建立である多宝塔。

  逆光である事と不覚にもレンズに汚れが付いたまま撮影していたため全写真が失敗作となってしまいました。

  今回はコンパクトデジカメ一つで巡りましたが、レンズの汚れに一貫して気付かず大失敗でした。

Img_0257

Img_0261

 

  上の案内板にあるように室町時代15世紀の建築。

  重要文化財。

Img_0263

Img_0266

 

  大本山妙顕寺歴代墓所。

  妙顕寺は日像が建立した日蓮宗の大本山(京都市上京区にある)。

Img_0267

 

  本堂の軒越しに庫裏の建物。

Img_0268

Img_0271

 

  梅雨の晴れ間の暑い一日でした。

  仁王門を本堂前から。

Img_0272

 

  宝塔寺の案内板。

  字が小さくて読めませんが・・・。

  宝塔寺については京都観光NAVIを参照。

Img_0273

 

  京阪電車の深草駅。

Img_0275

Img_0276

 

  ひどい写真ですがご容赦を。深草駅にて。

Img_0278

 

  東福寺駅でJR奈良線に乗り換え京都駅に戻ってきました。

Img_0280

 

  京都タワー。

  駅前の喫茶店で少し遅い昼食を取り帰途につきました。

Img_0281

  撮影 2016/07/02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

所用で西舞鶴(京都府舞鶴市)を訪れる2016年4月(3) - 円隆寺(えんりゅうじ)本堂と多宝塔

 

  西舞鶴駅から駅前通りを西に歩くこと7、8分で円隆寺に至ります。

藩主家の牧野氏の保護を受け栄えましたが万治2年(1659年)と享保17年(1732年)の火災で焼失し現在の建築物は以後に再建されたものです。

この円隆寺に多宝塔があると聞き訪れました。

舞鶴田辺藩は京極家3代の後(1600年 - 1668年)牧野家が3万5千石で入部し明治まで10代続きました。

 

  西舞鶴駅前。

  京都丹後鉄道の始終着駅でもあります。

Dsc05432

 

  交差点から通りをさらに西に向かうと総門が見えてきます。

Dsc05434

 

  総門は宝暦3年(1753年)の再建。

Dsc05436

Dsc05440

 

  本堂はさらに石段の上。

Dsc05445

 

  石段を登る前の横にあるお堂。

Dsc05447

Dsc05448

 

  本堂。軒先が前につき出すような特異な形をしています。

  天明6年(1786年)の再建。

Dsc05449

 

  鎮守堂。元文2年(1737年)の再建。

Dsc05454

 

  聖徳太子堂と観音堂。

Dsc05455

Dsc05460

 

  横からみた本堂。

Dsc05462

 

  お目当ての多宝塔。

Dsc05465

 

  本堂、反対側から。

Dsc05477

 

  多宝塔は宝暦元年(1751年)の建築。

Dsc05466

Dsc05480

 

  木造阿弥陀如来坐像・薬師如来坐像・釈迦如来坐像(いずれも平安時代)、木造不動明王立像・毘沙門天立像が国指定の重要文化財です。

  多宝塔、本堂、鎮守堂、鐘楼、総門は京都府指定有形文化財。

Dsc05475

  撮影 2016/04/23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

石山寺(滋賀県大津市)の桜 2016年4月(2) - 国宝 本堂と多宝塔

 

 

  東大門を入ると門内の参道が奥に続き拝観入口に至ります。

この門内参道の桜も曇天のために余り映えないのは残念でした。

この後、拝観入口を経て右手に急な石段を登ります。

上がると諸堂が幾つかあり、正面上に国宝の多宝塔が見えます

この後、左へさらに石段を登り本堂へ。

本堂も国宝に指定されており、堂内の諸仏も見どころです。

諸仏の拝観は別途料金が必要です。

本堂から三度(みたび)石段を登るとやっと多宝塔のある平地に至ります。

拝観料金は大人600円。本堂諸仏の拝観は別途500円。

 

  山門である東大門。

Dsc05272

 

  山内案内図。

Dsc05277

 

  拝観入口内側から参道の桜。

  曇天で余り映えないのが残念。

Dsc05280

 

  急な石段を登ると諸堂のある場所に。

  蓮如堂の前の桜。

Dsc05281

 

  蓮如堂。重文。

Dsc05283

Dsc05284

 

  諸堂のある広場から上には多宝塔が見えます。

Dsc05288

 

  また蓮如堂の上に本堂があります。

  「本堂の正堂は永長元年(1096年)に再建されたもの、合の間と礼堂は淀殿の寄進で慶長7年(1602)に建立されたもの」で国宝に指定されています。

Dsc05293

Dsc05292

 

  源氏物語の作者 紫式部の参籠したという部屋が源氏の間として保存されています

Dsc05294

Dsc05300

 

  本堂。

Dsc05295

 

  本堂内部。

  内部は写真撮影禁止。

  諸仏の拝観は別途拝観料金が必要です。

Dsc05296

 

  本堂からさらに上に。

  三十八所権現社本殿。石山寺の鎮守社。

  桃山時代の建築で重文。

Dsc05301_2

 

  上から本堂を。

Dsc05302

 

  三十八所権現社本殿から上へ。

Dsc05306

Dsc05308

 

  石山寺経蔵。重文。

Dsc05309

 

  鐘楼を下に見て左上に石段を登ると多宝塔があります。

  鐘楼を下ると帰り道となり大黒天堂を経て外に出ます。

  鎌倉時代の建築で重文。

Dsc05310_2

 

  見上げると多宝塔が見えます。

Dsc05312

 

  多宝塔。

  建久5年(1194)建立、日本最古の多宝塔で国宝。

Dsc05313

 

  源頼朝と亀谷禅尼の供養塔。

  亀谷禅尼は頼朝の乳母であり中原親能の妻。

Dsc05316

Dsc05320_2

  撮影 2016/04/05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

湖東三山、永源寺(滋賀県)のやや遅かった紅葉 2015年(4) - 金剛輪寺(2)国宝本堂と三重塔など

 

  湖東三山の一つである金剛輪寺(こんごうりんじ)は天台宗の寺院で本尊は聖観世音菩薩。

建築物では本堂が国宝、三重塔、二天門が重要文化財です。

本堂等へは長い参道を登らなければなりません。

西明寺でいいかげん長い参道だな、と思っていたら金剛輪寺ではさらに参道が長く、すっかり足腰が鍛えられました。

三ケ寺とも共通していたのは長い参道と見どころが本堂付近と本坊庭園の二カ所であったこと。

紅葉については三ケ寺それぞれという印象でした。

 

  本坊庭園を見終わった後、ここから参道が長く続きます。

  後ろを振り返って。

Dsc03433_2

 

  参道の両側には千体地蔵が並んでいます。

  これが何百メートルと続きます。

Dsc03378

 

  地蔵堂。

Dsc03383

 

  正面から地蔵堂。

Dsc03432

Dsc03384

 

  さらに登ります。

  振り返ったところ。

Dsc03387

 

  やっと二天門が見えてきました。

Dsc03392_2

 

  急に参拝客が増えたのは、横に駐車場があり、観光バスが参拝客を吐き出したためでした。

Dsc03391

 

  重文の二天門。

Dsc03393

Dsc03398_2

 

  国宝本堂。

  南北朝時代の建立と見られています。

Dsc03400_2

 

  左手小高い所に三重塔があります。

  鎌倉時代の寛元4年(1246年)の建立(ホームページより)で重要文化財。

  様式からは南北朝時代とも言われています。

Dsc03402_2

 

  三重塔が目的で写真を撮るのであれば冬がベストかも知れません。

Dsc03405

 

  本堂を見下ろして。

Dsc03406

Dsc03409

Dsc03414

 

  本堂を拝観します。

Dsc03417

 

  正面左横から堂内へ。

Dsc03418_2

 

  本堂から二天門。

  二天門はその様式から室町時代前期の建築とされています。

  重要文化財。

Dsc03419_2

 

  本堂、左横から。

Dsc03424_2

 

  帰りも長い参道を下ります。

Dsc03430

 

  総門に戻ってきました。

Dsc03434_2

 

  次は百済寺(ひゃくさいじ)に向かいます。

Dsc03438

  撮影 2015/11/28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

湖東三山、永源寺(滋賀県)のやや遅かった紅葉 2015年(2) - 西明寺(2)国宝本堂と国宝三重塔など

 

 

  西明寺(さいみょうじ)は天台宗の寺院で滋賀県甲良町にあります。

金剛輪寺(こんごうりんじ)、百済寺(ひゃくさいじ)と並び湖東三山のひとつ。

普段はアクセスが悪く、徒歩旅行者にとっては予約制の相乗りタクシーが頼りです。

紅葉シーズンの11月最後の一週間にシャトルバスが運行され三山を一挙に訪れる絶好の機会となります。

紅葉シャトルバス運行について。

 

  彦根駅発9時の百済寺行きバスで所要30分。

彦根駅発9時30分の西明寺行き区間バスもあります。

 

  総門から本坊の中門までやっと登って来ました。

  何度も言いますが三山とも参道が非常に長く石段の上り下りが結構大変。

Dsc03210

 

  本坊の庭園を鑑賞。

  本堂へも迂回して行くことができます。

Dsc03211

Dsc03216

Dsc03217

Dsc03218

 

  山門から入ります。

  山門の二天門は応永14年(1407年)の建立 。

  重要文化財。

Dsc03261

 

  二天門をくぐると正面に国宝本堂。

  鎌倉時代前期の建築とされています。

Dsc03227

 

  二天門内側から。

Dsc03224

 

  国宝三重塔。

  鎌倉時代後期の建築。

Dsc03221

 

  本堂。

  本尊は薬師如来(秘仏)で重要文化財。

Dsc03246

 

  国宝三重塔では内部の特別公開が行われていました。

  拝観料別途1000円。

Dsc03232

 

  本堂。

  違う角度から。

Dsc03247

 

  本堂に上がり内部を拝観します。

Dsc03236

Dsc03239

 

  正面左側から入ります。

Dsc03238

 

  本堂から二天門。

Dsc03241

 

  二天門から石段を少し下りると夫婦杉があります。

Dsc03280

Dsc03283

 

  本坊中門まで下りて下りにかかります。

Dsc03301

 

  中門。

Dsc03277

 

  長い参道をバス停留所まで下ります。

  金剛輪寺の参道は特に長く、西明寺はまだましの方です。

Dsc03306

 

  2時間滞在で11時30分発のバスで次の金剛輪寺へ向かいます。

Dsc03307

  撮影 2015/11/28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月26日 (木)

当尾(とうの)の里 岩船寺と浄瑠璃寺 早すぎた紅葉 2015年(4) - 浄瑠璃寺(京都府木津川市)(2)九体阿弥陀堂と三重塔

 

  当尾(とうの)の里は京都府に属しますが、南は奈良市に接しており、それだけ奈良との繋がりが深く、古くから南都仏教の影響を受けているそうです。

現在も浄瑠璃寺へは奈良から浄瑠璃寺(浄瑠璃寺行き)、浄瑠璃寺口(加茂駅行き)へのバスが主なアクセスとなっています。

他にはJR加茂駅から木津川市のコミュニティバスが岩船寺、浄瑠璃寺を経る路線を運行しています。

今回はそのうちJR加茂駅からのバスを利用し、最初は岩船寺を訪れ、さらに浄瑠璃寺に向かいました。

 

  浄瑠璃寺は浄土庭園の形式。

  「東にある三重塔には現実の苦悩を救い、西方浄土へ送り出す薬師仏があり、煩悩の河を超えて彼岸にある未来をめざし精進する。そうすれば西の阿弥陀仏に迎えられ西方浄土へ至ることができる(浄瑠璃寺パンフレットより改)」。

  国宝の三重塔は1178年(治承2年)京都の一条大宮から移築されたもの。

Dsc03032

Dsc03038

 

  浄瑠璃寺は別名九体寺とも言います。

Dsc03044

 

  山門を振り返って

Dsc03046

 

  池の左手から三重塔へ。

Dsc03047

 

  三重塔前から向かい側の本堂(九体阿弥陀堂)。

Dsc03051

Dsc03066

Dsc03068

 

  本堂の九体阿弥陀堂は国宝。藤原時代(パンフより)の建築。

  また対になっている二つの石灯籠は南北朝時代のもので重文。

Dsc03079

 

  池を時計回りに歩きました。

Dsc03093

Dsc03095

 

  本堂前に戻って。

  本堂を拝観します。

  本堂のみ拝観料が必要で大人400円。

Dsc03098

Dsc03108

 

  一度本堂の裏側を歩いて反対側から本堂内に入ります。振り返って。

Dsc03105

 

  本堂反対側。

  本堂内の写真はありません。

Dsc03107

 

  門前に帰ります。

  ちょうどお昼時の12時台ですが、奈良へのバスは12時台のみありません。

  取りあえず昼食を軽く取り、再び岩船寺からJR加茂駅に向かうバスに乗り込みました。

Dsc03110

Dsc03112

Dsc03114

Dsc03116

 

  JR加茂駅にて。いったん奈良へJRで向かいました。

  加茂駅から以東、亀山までは関西線非電化区間です。

Dsc03118

  撮影 2015/11/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

当尾(とうの)の里 岩船寺と浄瑠璃寺 早すぎた紅葉 2015年(2) - 岩船寺(がんせんじ 京都府木津川市)(2)境内を散策

 

  岩船寺での紅葉は残念でした。

この後訪れた浄瑠璃寺の紅葉ははもう少し色付いていたのですが、岩船寺は早すぎたようです。

 

  三重塔にもう少し近付いてみます。

  池(阿字池というらしい)と本堂。

Dsc02908

 

  三重塔の前に来ました。

  昨日書いたように三重塔は室町時代 嘉吉2年(1442年)の建築で重要文化財。

Dsc02911

Dsc02914

 

  三重塔脇の五輪塔。

Dsc02917

Dsc02919

 

  三重塔の上にある鐘楼。

Dsc02922

 

  さらに上に登ってみます。

Dsc02925

 

  鐘楼の屋根を見ながら上に。

Dsc02933

 

  上には休憩所がありました。

Dsc02926

 

  その休憩所にある案内板。

Dsc02929

 

  三重塔の裏側に回り込みます。

Dsc02934

Dsc02940

 

  一周して再び下に降りて。

Dsc02944

Dsc02951

 

  池越しに見える十三重石塔。重文。

Dsc02956

 

  本堂の奥にあるお堂。

Dsc02953

 

  お堂の横には墓石。

Dsc02958

 

  本堂の向かい側にあるお堂。

Dsc02967

 

  境内を出て白山神社へ行ってみます。

Dsc02972

Dsc02974

 

  山門を出て左、山門に向かって右手の石段を上がります。

Dsc02975

 

  白山(はくさん)神社。

  地域の産土神。

Dsc02979

Dsc02984

 

  左が白山神社の社殿で重要文化財。

  右側は摂社の春日神社。

Dsc02997

 

  門前に降りてバス停に向かう途中にある石風呂。

Dsc02999

Dsc03001

 

  岩船寺バス停。

  滞在は一時間でした。バスは1時間に1本運行されています。

  浄瑠璃寺に向かいます。

Dsc03004

  撮影 2015/11/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月21日 (土)

当尾(とうの)の里 岩船寺と浄瑠璃寺 早すぎた紅葉 2015年(1) - 岩船寺(がんせんじ 京都府木津川市)(1)三重塔など

 

  当尾(とうの)の里は京都府南部の木津川市にあり、その南は奈良市と境を接しています。

バスでのアクセスは加茂駅からと奈良(JR奈良駅、近鉄奈良駅)からの二通りがあり、奈良からは浄瑠璃寺までの急行バスが概ね1時間に1本、加茂駅からは1時間に1本の頻度で岩船寺、浄瑠璃寺を経るコミュニティバスが運行されています。

当尾の里は石仏を巡りながらのハイキングコースとしてもよく知られています。

私自身はバスでの当尾巡りでしたが、ハイキングがてら岩船寺、浄瑠璃寺を巡る観光客も多く見られました。

当日は終日曇りで、しかも紅葉には早すぎたようで、残念ながら個人的には空振りの旅となりました。

 

  JR加茂駅東口からのバスを待ちます。

  岩船寺までは300円、浄瑠璃寺までは400円。岩船寺~浄瑠璃寺間は200円。

Dsc02873

 

  バスは座席数15の小振りのバス。

  途中から狭い山道を登ること加茂駅から16分で岩船寺バス停に到着。

Dsc02875

Dsc02876

 

  木々の緑を見て悪い予感。

Dsc02877

 

  ご覧のようにまだ青もみじ。

Dsc02878

 

  山門前から振り返って。

  左手の石段を上がると白山神社があります。

Dsc02880

 

  拝観受付は右手。

  大人300円。

Dsc02882

 

  悪い予感は当たりました。まったく色付いていない。

  三重塔と十三重石塔。

Dsc02883

 

  三重塔は室町時代 嘉吉2年(1442年)の建築で重要文化財。

Dsc02888

 

  本堂。

  本堂自身は昭和63年(1988年)の再建ですが本尊の阿弥陀如来坐像(平安時代)は重要文化財。

  今回の旅では目的の紅葉は振るいませんでしたが、良かったのは両寺の三重塔と仏様を拝顔できたこと。

Dsc02901

 

  重要文化財の十三重石塔。

  鎌倉時代。

Dsc02905

  撮影 2015/11/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月19日 (木)

紅葉の高野山(和歌山県高野町)を散策2015年(11) - 浪切不動尊、金輪塔、高野山駅前へ

 

  高野山最後の見所は徳川家霊台と女人堂。

高野山駅前バス停との間にある浪切不動前バス停下車ですぐ。

しかし結果的には徳川家霊台と女人堂は訪れることなく一心口バス停から高野山駅前に向かいました。

 

  浪切不動尊。

Dsc02850

Dsc02851

Dsc02852

 

  上に向かうバスで、最初に徳川家霊台、女人堂を訪れるために浪切不動前バス停で降車する人々もいます。

Dsc02853

 

  金輪塔。

  天保5年(1834)の再建。

Dsc02854

Dsc02856

Dsc02858

 

  高野山駅前に戻ってきました。

Dsc02861

Dsc02862

 

  駅の隣の食堂で休憩がてら食事。ガラス越しの様子。

  後、17時のケーブルカーで極楽橋駅に降りました。

  極楽橋駅から橋本駅までは再び座ることができず。

  橋本駅からの急行でやっと座ることができました。

  難波駅まで急行で、さらに歩いて近鉄の大阪難波駅から近鉄特急で名古屋方面へ。

  岐阜への到着は23時頃となりました。

Dsc02865

  撮影 2015/11/06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧