2018年2月24日 (土)

「あおなみ線」荒子駅と荒子観音 - 名古屋市中川区

 

  「あおなみ線」は正式には名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線と言います。

名古屋駅から金城ふ頭駅までの15Kmほどの路線で、終点の金城ふ頭駅近くにはポートメッセなごや、JR東海のリニア・鉄道館、レゴランド・ジャパンがあります。

 

  さて4番目の駅が荒子駅(あらこえき)。

荒子は加賀百万石の祖である前田利家の出身地であり、荒子城を居とした当地の土豪でした。

 

  駅から南西方向に10分ほど歩くと尾張四観音の一つで、その前田利家の菩提寺でもあった荒子観音があります。

 

  あおなみ線名古屋駅にて。

P2010007

 

  あおなみ線ホームから名古屋駅。

P2010004

 

  荒子駅。

P2010010

 

  駅前には前田利家公初陣之像が建っています。

P2010009

 

  さて道路を南に西に歩いて行くと荒子観音へ。

  正式名は「浄海山圓龍(円竜)院観音寺」。

  当寺は円空仏を多数所蔵していることで有名な寺院で、日本全国で確認されている円空仏5374体のうち当寺には1255体の円空仏が現存しています。

  当寺の「円空仏は毎月第2土曜日の午後1時から4時まで公開されている」そうです。

 

  現在の山門は大正5年(1926年)の建築。

Pict0011

 

  本堂。

Pict0007

 

  国指定重要文化財の多宝塔。

  天文5年(1536年)の再建で「名古屋市内に現存する最古の建物」。

  この日はこの多宝塔がお目当てでした。

Pict0004

  撮影 2009/02/01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

名鉄神宮前駅と熱田神宮、宮の渡し公園 - 愛知県名古屋市熱田区

 

  東海道熱田宿は一般には宮宿と言われ、美濃路や佐屋街道が分岐する東海道41番目の宿場町でした。

宮宿から桑名宿までは七里の渡しで渡海しましたが、その渡し場跡が公園として整備されています。

市バスで「七里の渡し」バス停すぐ、もしくは地下鉄名城線「伝馬町」駅下車徒歩10分で宮の渡し公園です。

また内田橋北バス停からも5分足らずで行けます。

バスの頻度から考えればこちらの方がより現実的と思われます。

 

  そして、駅名の由来である熱田神宮が名鉄神宮前駅のすぐ西にあります。

 

  神宮前駅は常滑線(とこなめせん)の分岐駅で、名鉄における中部国際空港など知多半島への入り口となっています。

途中の太田川駅からは河和線が分岐し、さらに富貴駅から知多新線が分岐します。

神宮前駅は2面4線で内側2線が常滑線、外側2線が名古屋本線。

 

  新可児行き準急3150系。

Dsc06119

 

  行き先不明の急行5000系。

Dsc06112

 

  左特急「ミュースカイ」2000系新鵜沼行き。

  右知多半田行き普通。

Dsc06113

 

  東岡崎行き普通。

Dsc06117

 

  河和(こうわ)行き急行。

Dsc06121

 

  熱田神宮。

  現在の社殿は昭和30年(1955年)10月に再建された新しいもの。

Pc240033

 

  宮の渡し公園の時の鐘と常夜燈。

  いずれも再現されたもの。

Pc240026

Pc240027

 

  尾張名所図会より。

Pc240028

  以上4枚 撮影 2008/12/24

 

  河和行き急行、乗務員の交代。

Dsc06122

  撮影 2013/02/03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

樽見鉄道 北方真桑駅(きたがたまくわえき)と北方町(きたがたちょう) - 岐阜県北方町

 

  北方真桑駅は本巣市に位置しますが、少し東に歩くと北方町に入ります。

北方町は岐阜県内の市町村の中では面積が最も小さく人口密度の高い町です。

「美濃の正倉院」とも言われる円鏡寺を中心に旧北方城址や江戸時代の旗本戸田氏の陣屋跡、俳人美濃派の美濃派俳諧水上道場跡 など、見どころが街中に集中してあります。

 

  樽見鉄道北方真桑(きたがたまくわ)駅にて。

  大垣駅から20分足らずの所要。

Dsc01457

 

  ほぼ1時間に1本の運行。

  のんびりとした雰囲気の駅。

Dsc01461

 

  駅前から東に出ると国道157号線。

  南の交差点で157号線は東に折れ曲がります。

  この国道沿いを南から東に歩いて行き、消防署があるあたりで南の街中に入って行きます。

  駅から徒歩20分ほどで円鏡寺へ。

Dsc01464

 

  旧名鉄揖斐線の廃線跡。

Dsc01467

 

  商店がまばらな商店街に出るとこれを東に向かいます。

  大通りを渡って同じような商店街を東へさらに行くと大井神社の横に突き当たります。

Dsc01480

 

  大井神社の参道が南に延びます。

Dsc01503

 

  少し東に入ると北方城址があります。

  戦国時代には西美濃三人衆の一人である安藤守就(あんどう もりなり)の居城でした。

  斎藤家から織田信長に仕え、各地を転戦するも、天正8年(1580年)に突然追放されます。

  のち天正10年(1582年)の本能寺の変で再起を計るも、当時北方城主となっていた稲葉一鉄に敗北し自害、ここに美濃安藤氏は滅亡します。

Dsc01507

 

  江戸時代には旗本である戸田氏の陣屋が一帯にありました。

  近くの大垣藩も戸田氏ですが北方の戸田氏は松本の戸田氏の系統。

Dsc01514

 

  春は桜が綺麗。

Dsc01513

 

  今度は西に戻り円鏡寺へ。

  楼門は1296年(永仁4年)建立で重要文化財。

  木造金剛力士(仁王)立像も鎌倉時代の作で重文。

Dsc01524

 

  本堂(観音堂)と三重塔。

  木造聖観音立像、木造不動明王立像なども平安時代の作で重文。

  これ以外にも県指定重文、町指定の文化財を夥しく所有しています。

Dsc01539

 

  本堂(観音堂)。

Dsc01540

 

  寺歴千年、町制施行100年記念として平成元年(1989年)に建立の三重塔。

Dsc01544

  撮影 2011/02/26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (19) - 唐津市 市内を散策(2)唐津神社、曳山展示場から大手口バスセンター、唐津駅へ

 

 

  「くんち」とは北部九州において秋祭りを指す言葉とか。「おくんち」とも言うようです。

日本三大くんちは長崎市の「長崎くんち」、福岡市の「博多おくんち」、唐津市の「唐津くんち」。

語源については様々な説があるようです。

唐津くんちでは14台の曳山が町内を巡行します。

唐津神社の横に曳山展示場があり全14台が展示されています。

入場料は一般300円、小・中学生150円。

Dsc08396

 

  唐津くんちは11月2日~4日。

Dsc08424

 

  境内社の唐津水天宮。

Dsc08425

 

  街自体は静かでしたが、神社一帯だけは賑わっていました。

Dsc08427

Dsc08429

 

  西側にある曳山展示場。

Dsc08430

 

  その南隣にある唐津市民会館。

Dsc08434

Dsc08432

 

  参道を南の駅方面へ。

Dsc08436

 

  参道が行き止まる手前、左手に大手口バスセンターがあります。

Dsc08437

 

  バスセンター表に回って。

Dsc08438

 

  細い商店街に入り振り返った所。

Dsc08440

 

  そのまま商店街を突き抜けます。

Dsc08439

 

  商店街を抜けると唐津駅前に出ます。

Dsc08441

 

  南口。

  大きな建物は唐津市近代図書館。

Dsc08443

 

  唐津駅にて。

  303系電車が停車中。

Dsc08444

 

  筑前前原(ちくぜんまえばる)行き103系電車が到着。

  筑前前原で乗り継ぎ、姪浜駅から福岡市地下鉄となり博多まで乗り越し。

  姪浜~博多間は300円。

  この後フェリーの送迎バスに乗るべく門司駅へ向かいました(実際には小倉駅でも良い)。

Dsc08446

  撮影 2018/01/07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (11) - 佐賀市 佐嘉神社から佐賀城本丸歴史館へ

 

  佐賀城は藩祖鍋島直茂が手がけ、子の勝茂が慶長16年(1611年)に完成させました。

建築物は明治7年(1874年)の佐賀の乱で大半が焼失し、現在まで遺構として残っているのは鯱の門(しゃちのもん)と続櫓のみ。

何れも重文指定を受けています。

 

  いつもの余湖くんのお城のページからの引用図。

Sagatyo

 

  佐嘉神社正面。

Dsc08200

Dsc08197

 

  カノン砲。

  幕末の佐賀藩は反射炉や大砲、蒸気船などを手がける進取に溢れた藩でした。

  佐賀藩の三重津海軍所跡は「明治日本の産業革命遺産 」として世界文化遺産に登録されています。

Dsc08198

Dsc08199

Dsc08203

 

  佐嘉神社の前の歩道橋から外堀と佐賀県庁。

Dsc08205

 

  橋から外堀。

  外堀は北側、西側、南側が残っています。

Dsc08207

 

  橋の南詰から佐嘉神社付近と歩道橋。

Dsc08209

 

  佐賀県庁を右に見てさらに駅前通りを南に歩きます。

Dsc08210

 

  徒歩数分で鯱の門と続櫓や天守台のある旧本丸の西に至ります。

Dsc08212

  撮影 2018/01/06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (10) - 佐賀市 佐嘉神社、松原神社など

 

  佐賀駅に着くと、まず観光案内所に行き、観光地図を入手し、係りの人に佐賀市内の見どころを地図にマーキングしてもらいました。

全部はとても無理なので、その中から佐賀城本丸歴史館と佐嘉神社を訪れることに。

 

  佐賀駅。南口。

Dsc08169

 

  駅前通りを真っ直ぐ南へ歩いて行きます。

  20分ぐらいでお堀のそばにたどり着き、左手に佐嘉神社があります。

  さらに10分で佐賀城本丸歴史館。

Dsc08171

 

   佐賀城下と十間堀について。

Dsc08175

 

  道路の東側に佐賀バルーンミュージアム。

  北を振り返って。

Dsc08176

 

  佐賀県庁が見えてきました。

Dsc08177

 

  左手に入り徴古館。

  「旧佐賀藩鍋島家12代当主直映(なおみつ)により昭和2年(1927年)に創建された郷土資料館」。

  料金300円。

Dsc08180

 

  敷地の横から佐嘉神社の境内に入りました。

Dsc08182

 

  佐嘉神社社殿。

  主祭神は佐賀藩10代藩主鍋島直正と11代藩主鍋島直大。

  直正は号を閑叟(かんそう)と言い、幕末に活躍。

  直大(なおひろ)は最後の殿様。

  創建は昭和8年(1933年)。

Dsc08185

 

  佐嘉神社には八社詣巡りというものがあり一番社から八番社まで順に参拝していきます。

  私は八番まである事を知らず、五番で終わったものと思い、そこで引き上げてしまいました。

  佐嘉神社の東へ。振り返った所。

Dsc08187

 

  すぐに二番社の松根社。

Dsc08186

 

  三番社の松原神社に横から入ります。

Dsc08188

 

  松原神社。

  主祭神は藩祖(初代鍋島家藩主は勝茂)の鍋島直茂やかっての主家であった龍造寺隆信など七神。

  安永元年(1772年)の創建。

Dsc08190

 

  こちらが松原神社の正面。

Dsc08191

Dsc08193

 

  五番社の松原恵比須社。

Dsc08194

 

  四番社の佐嘉荒神社。

  他に六番社に松原稲荷神社、七番社に松原河童社、八番社に松原梛木(なぎき)社があります。

Dsc08195

  撮影 2018/01/06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (7) - 龍原寺三重塔と上臼杵駅

 

  今回の新年旅行は以前に訪れたことがあるお城を再度、もしくは再々度訪れることが主要目的であったので、どうしてもお城以外の観光地は疎かになったのは仕方が無い所。

お城という文化資源は訪れるたびに何らかの手が加えられたり、新しい建築物が建設されたりしているので、何度訪れてもその度に新しい発見をすることができます。

このあたりは全国のお城を巡っていると強く感じることです。

実際に今回訪れた臼杵城は以前の臼杵城とは全く異なった姿をしていて驚きました。

私が前回訪れたのは2003年の7月末でしたが、その間に大規模な工事が行われた模様です。

 

  そんな事で、今回の臼杵観光は臼杵城跡と二王座歴史の道、龍原寺のみの探訪に終わりましたが、他にも臼杵にはまだ多くの見どころがあります。

臼杵観光の見どころ。

 

  さて龍原寺を最後にして臼杵市を離れることになります。

帰りは臼杵駅ではなく上臼杵駅から小倉目指して普通電車を乗り継ぎました。

 

  県道33号線に面した三重塔。

Dsc08087

 

  三重塔は嘉永元年(1848年)から10年の歳月をかけて安政5年(1858年)に竣工。

  龍原寺は西南戦争の兵火にかかり、山門と三重塔のみが火災を免れました。

  門前が平清水(ひらそうず)バス停。

  三重町行き、大分行き(県庁行きなど)で10分、臼杵石仏に至ります。

Dsc08095

 

  山門。

  龍原寺の開山は慶長5年(1600年)で藩主稲葉貞通の創建による。

Dsc08101

 

  本堂。

Dsc08099

 

  境内からの三重塔。

  大分県指定文化財。

Dsc08097

 

  龍原寺から徒歩10分足らずで上臼杵駅。

  レンズカバーに水滴がついてしまいました。

Dsc08103

 

  立派な門松が飾られていました。

  無人駅なので地元の人の計らいでしょうか。

  木造でなかなか趣のある駅舎です。

Dsc08106

Dsc08108

 

  中山香(なかやまが)行き普通が到着。途中、別府、中津で乗り継ぎをしました。

  小倉まで4時間超の電車旅。

Dsc08110

  撮影 2018/01/05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (6) - 臼杵市 二王座歴史の道から龍原寺三重塔へ

 

  休憩所となっている旧真光寺の前の切り通しの道はその西で二手に別れ、これを右へ歩いて行きます。

道は下りになり二王座歴史の道の西端に至ります。

ここからさらに道なりに歩いて龍原寺の三重塔に向かいます。

 

  旧真光寺のある切り通しの道を振り返って。

Dsc08069

 

  方向的には西になる右手へ。

Dsc08070

 

  左手の建物は直良信夫(なおら のぶお)顕彰記念館。

Dsc08071

 

  明石原人を発見した直良信夫氏生誕の地。 

  そういえば昔、学校で明石原人や三ケ日原人などを習ったことを思い出しました。

  ただ現在の研究では昔とはかなり異なった見解となっているようです。

Dsc08072

 

  切り通しの坂道を下ります。

  甚吉坂と言います。

Dsc08074

 

  坂の途中にある金毘羅水という井戸。

  二王座歴史の道の西端最後の見所です。

Dsc08078

Dsc08079

 

  小さな辻から昭和風レトロな町並みに出ました。

  これを道なりに歩いて行きます。

Dsc08082

 

  そして理髪店の横から大通り(県道33号線)に出ました。

  正面には大橋寺。

Dsc08084

Dsc08085

 

  大通りは途中から国道502号線となり臼杵石仏に通じています。

  龍原寺前の平清水(ひらそうず)バス停から臼杵石仏へは10分ほど。車も同じぐらい。

  臼杵石仏へのバスについては、前々回あたりの記事で本数が少ないと書きましたが、現在では1時間に1本ぐらいの運行が確保されています。

  また大分からもバスが出ています。

Dsc08102

  撮影 2018/01/05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

2018年新年旅行 臼杵、佐賀、唐津 (3) - 臼杵城(2)本丸と二の丸、臼杵護国神社

 

  元々は三方を海に囲まれた海城であった臼杵城は、現在は周囲が埋め立てられ、あたかも市街地の中の平山城という趣きになっています。

そして、その城山部分は本丸と二の丸とに大きく分けられます。

 

  いつもの余湖くんのお城のページからの引用図。

Usukityo

 

  卯寅(うとの)稲荷神社への登り口から外れたので、本丸から登り口へ戻ってみました。

Dsc07901

 

  卯寅(うとの)稲荷神社。

Dsc07904

 

  これより本丸の碑。

Dsc07911

 

  本丸から二の丸方向を望んで。

Dsc07913

 

  鉄門跡(くろがねもんあと)の石垣。

Dsc07932

 

  本丸の北西部分にある天守台跡。

Dsc07920

 

  空堀。

  手前が本丸の天守台跡。

Dsc07922

 

  空堀に下りて天守台跡の石垣。

Dsc07925

 

  天守台跡と空堀。

Dsc07934

 

  反対側の空堀。

Dsc07937

 

  二の丸方向に足を踏み入れると右側に臼杵生まれの小説家である野上弥生子(のがみ やえこ)の文学碑があります。

  臼杵城跡の西、臼杵川の近くに野上弥生子文学記念館がありますが、今回は時間が無く訪れませんでした。

Dsc07938

 

  大きな多目的グラウンド。

Dsc07949

 

  右手に迂回していくと臼杵護国神社があります。

Dsc07951

 

  西南戦争での犠牲者を祀った招魂社が藩主家の歴代藩主と臼杵藩祖である稲葉良通を祀った稲葉神社と合併し、稲葉神社が現在の臼杵護国神社と改称。

Dsc07957

 

  素朴な造りの社殿。

Dsc07954

Dsc07959

  撮影 2018/01/05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

冬の嵐電御室仁和寺駅と仁和寺 - 京都市右京区御室

 

  冬に妙心寺を経て、嵐電で仁和寺を訪れた際の仁和寺の様子。

冬はどちらかというと寺院は灰色の世界ですね。

 

  嵐電の妙心寺駅から御室仁和寺駅に到着。

Dsc06837

 

  二王門は1641-1645年建立の重要文化財。

  駅から真っ直ぐ突き当り。

Dsc06843

 

  中門。

  やはり1641-1645年建立の重要文化財。

Dsc06853

 

  御室桜。

  春の開花時には中門内が有料となります。

Dsc06856

 

  五重塔。1644年建立の重要文化財。

  春には周囲が色彩豊かになります。

Dsc06860

 

  国宝金堂。

  慶長18年(1613年)の建築で、「旧皇居の正殿・紫宸殿を寛永年間(1624年-1644年)に移建改築したもの」。

Dsc06870

 

  二王門前から御室仁和寺駅駅舎。

Dsc06876_2

  撮影 2017/01/22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧