2017年6月20日 (火)

弘南鉄道弘南線黒石駅と雁木(がんぎ)のある町並み 2012年9月 - 青森県黒石市

 

  黒石津軽家は明暦2年(1656年)に本藩より5000石(のち4000石となる)が分地されて交代寄合の旗本として分家したのが始まりです。

本藩の弘前藩が蝦夷地警護役を務めることで文化5年(1808年)に10万石(元々は4万6千石、そして7万石になる)に加増されると、この際に黒石津軽家に6千石の分地があり(文化6年(1809年))、黒石藩が1万石で立藩され諸侯に列せられました。

 

  黒石駅にて。

  弘前からの所要は約30分。

  1時間に1本から2本の運行。

Dsc02005

 

  黒石駅駅舎。

Dsc02011

 

  津軽では雁木(がんぎ)は小見世(こみせ)と呼ばれるそうです。

  ちょうど「黒石こみせまつり」が催されていました。

Dsc02015

 

  古い街並みが保存されています。

  こみせ通り。

Dsc02019

 

  国重要文化財高橋家。

Dsc02022

Dsc02039

Dsc02044

 

  黒石藩の陣屋跡(黒石城址)。

Dsc02061

 

  東急7000系を譲り受けたデハ7000系。

  黒石駅にて。

Dsc02003

  撮影 2012/09/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

金沢市を散策(7) - 石川県金沢市 長町武家屋敷跡(3)土塀のまちなみと前田土佐守家資料館から室生犀星記念館

 

  長町武家屋敷界隈 散策まっぷ。

 

  長町武家屋敷跡の最後は「土塀のまちなみ」から前田土佐守家(まえだとさのかみけ)資料館。

 

  土塀のまちなみ。

Dsc07394

 

  新家邸長屋門をのぞむ場所から引き返しました。

Dsc07395

 

  大屋家。

Dsc07396

 

  再び大野庄用水(鬼川)に沿って進みます。

Dsc07397

 

  振り返って。

Dsc07398

 

  やがて右側に老舗記念館。

Dsc07399

Dsc07404

 

  そして向かい側には前田土佐守家資料館。

  前田土佐守家は藩祖の前田利家の次男である利政を祖とする家系で加賀藩で重きをなした名家。

  展示物は充実していて、見応えがありました。

  一般300円、高校生以下無料。

Dsc07402

 

  このまま道なりに信号のある長町交差点をさらに行くと犀川を渡ります。

  向こうに見えるのが犀川大橋。

Dsc07424

 

  さらに行き、何本目かの道を左にとると室生犀星記念館があります(途中、案内あり)。

  前田土佐守家資料館から歩いて10分足らずの距離。

Dsc07426

 

  現在地が室生犀星記念館。

Dsc07427

 

  雨法院。

  犀星が育った寺院。

Dsc07429

Dsc07431

 

  雨法院の前から左に石垣を見ながら行くと「にし茶屋街」に出ます。

Dsc07433

 

  この日はここで帰ることに。

  犀川大橋を南から北に渡り、最寄りのバス停から金沢駅に帰りました。

 

  犀川大橋北詰にて。

  犀川大橋は国の登録有形文化財に登録されています。

Dsc07435

  撮影 2017/05/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

金沢市を散策(6) - 石川県金沢市 長町武家屋敷跡(2)武家屋敷跡野村家

 

  長町武家屋敷跡で中心的な場所が野村家。

野村家も移築を含めて整備された屋敷です。

ただし内容はかなり密度のある場所となっています。

展示史料館は鬼川文庫と名付けられています。

写真撮影は可。

拝観料は大人550円、高校生400円、小中生250円。

 

  「野村家は千二百石で十一代にわたって御馬廻組組頭、各奉行職を歴任した家柄。」(ホームページより)

長町武家屋敷界隈 散策まっぷ。

Dsc07391

 

  大野庄用水(鬼川)に面した駐車場から。

Dsc07405

Dsc07406

 

  こちらが正面。

Dsc07408

 

  玄関。

Dsc07410

 

  玄関上り口。振り返って。

Dsc07423

 

  庭園。

  濡れ縁に外国人の人たちがひしめき合い、座って庭を鑑賞していました。

Dsc07412_2

Dsc07417

 

  トイレの前を通って鬼川文庫へ。

Dsc07418

Dsc07415

Dsc07419

Dsc07420

 

  上段の間。見どころの一つです。

Dsc07422

 

  土塀のまちなみへ向かいます。

Dsc07392

  撮影 2017/05/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

金沢市を散策(5) - 石川県金沢市 長町武家屋敷跡(1)足軽資料館から高田家跡

 

  さて尾山神社から西に数分歩くと長町武家屋敷跡の端にある足軽資料館にたどり着きます。

武家屋敷跡ということもあり基本的には一部の遺構に屋敷を復元した区域と言っても構いません。

しかし、それでも、武家屋敷にタイムスリップしたかのように作られた部分もあり、観光客は違和感なくその雰囲気を楽しむことができます。

 

  尾山神社の参道からそのまま真っ直ぐ道を取り、歩いて数分で足軽資料館の横に出ます。

Dsc07358

 

  足軽資料館の横。

  長町武家屋敷界隈 散策まっぷ

Dsc07364

Dsc07366

Dsc07369

 

  見学は無料。

  二軒ともそれぞれ表札がかかっています。

Dsc07370

Dsc07372

 

  反対側から出て振り返ったところ。

Dsc07376

 

  大野庄用水に沿って遊歩道があります。

Dsc07378

 

  少し行くと旧加賀藩士高田家跡。

  同じく無料です。

Dsc07379

Dsc07381

 

  庭園と長屋門で構成されています。

Dsc07382

Dsc07383

 

  長屋門は復元されたもの。

Dsc07384

 

  長屋門外から。

Dsc07386

 

  大野庄用水に沿ってさらに南の方へ。

Dsc07387

  撮影 2017/05/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

思いでの旅(2)1993年9月 - 山陰旅行(2)萩城(指月城)と武家屋敷

 

  萩城は江戸時代には周防・長門2か国、毛利氏36万石の拠点でした。

長州藩は幕末・維新時に多くの人物を輩出しています。

それらの有名人物の関連史跡のみだけでも市内に散らばっており、他の見どころも含めると萩観光は1日では済みません。

アクセスは山口市の方からバスが出ていますのでこれの利用が無難と思われます。JRは本数も少なく不便です。

新山口駅から萩へ(防長交通)。

JRバス防長線は新山口駅から。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

Hagityo

 

  二の丸から本丸石垣と指月山。

Img261

 

  天守台。

Img262

 

  萩城天守閣の古写真。

Img266

 

  天守台から東の方。

Img267

Img268

 

  萩城御本丸門跡とあります。

Img269

 

  重要文化財 旧厚狭毛利家萩屋敷長屋。

Img271

Img273

Img274

 

  旧福原家萩屋敷門。

Img276

Img277

 

  「口羽」の表札があります。

  口羽家は毛利氏の重臣の家柄。

Img278

Img279

Img281

 

  以下2枚 2009年8月の萩、重要文化財菊屋家住宅。

P8260189

P8260193

  撮影 1993/09/06、07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

思いでの旅(2)1993年9月 - 山陰旅行(1)萩(山口県萩市)の町並み

 

  1991年から始まった「旅&写真」旅行は1992年に第2回目の東北旅行、そして1993年は同じく均一周遊券で山陰を訪れました。

出発は大阪から寝台急行「だいせん」。

寝台以外に連結されている自由席の普通車で、満員状態のなか何とか一席を確保して福知山線を北上。

その後山陰線にはいり、朝、米子に到着。

その後急行「さんべ」や普通を乗り継いで東萩駅に降り立ちました。

駅隣でレンタサイクルを借りて、取り敢えず指月城(萩城) を目指しました。

途中、寄り道を繰り返して武家屋敷を発見しながら西へ西へ。

 

  後に訪れた2009年には念入りに萩市を観光できましたが、この年の観光はもうひとつ行き当たりばったりの計画性の無い観光をしてしまいました。

萩市では1日半の滞在で、1日目は萩城跡を中心に武家町を周遊し、2日目は松下村塾や東光寺をお昼まで観光しました。

 

  途中下車をした益田駅。

Img236

Img237

 

  東萩駅。

  2日目の朝と思われます。

Img282

 

  当時はインターネット環境が無く、詳しい観光情報を得られなかったのは仕方の無い所。

  随分と見逃している観光施設があります。

  熊谷美術館(熊谷家住宅)。

Img240

Img243

Img245

 

  少し表通りから中に入るとこんな風景が。

Img250

Img251

 

  旧繁沢家長屋門。

Img252

Img254

 

  旧益田家物見矢倉。

Img255

Img257

 

  北は日本海。

  夏は海水浴場になります。

Img259

 

  萩城の指月山。

  遠目に石垣が見えます。

Img260

  撮影 1993/09/07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

宇治(京都府宇治市)を散策(1) - 宇治橋通りの上林(かんばやし)記念館から宇治橋へ

 

  黄檗山萬福寺(宇治市)に続いて宇治の文化財をを散策しました。

ただし、何度となく訪れている平等院は除外して、他の文化財を訪ね歩きました。

平等院についての記事はこちら。奈良からの帰り 宇治平等院へ寄り道 2015年(2) - 宇治平等院鳳凰堂と平等院ミュージアム鳳翔館

 

  駅前から大通りを渡ると宇治橋通りの商店街に出ます。

これを左に折れ宇治橋まで行くと、ここから右に平等院への参道と県神社への参道に分かれます。

 

  下が宇治全体の地図。

  左が北の地図ですね。

Dsc06280

 

  この日散策した地域一帯の地図。

  県神社から平等院の南を歩いて十三重石塔を経て宇治公園へ。

  対岸に渡り宇治神社、恵心院、興聖寺へ。

  再び宇治神社へ戻り世界遺産の宇治上神社を訪れました。

Dsc06281

 

  JRの宇治駅に降り立ちました。

Dsc06285

 

  お茶壺にちなんだ郵便ポスト。

Dsc06278

 

  大通りを渡り宇治橋通りに突き当たります。

  田楽の香ばしいにおいがしました。

Dsc06289

 

  まだ9時前で人通りは少ない。

Dsc06290

 

  宇治茶の歴史。

  興味ある人は拡大して読んでみてください。

Dsc06291

 

  右側に上林(かんばやし)記念館。

  上林家は戦国から江戸時代にかけて宇治茶を統べた家柄。

  江戸時代には四家がありましたが、現在まで茶業を営んでいるのは上林春松家のみとなりました。

  上林家の出身は現在の京都府綾部市の上林地区。

Dsc06295

Dsc06297

Dsc06299

Dsc06300

 

  宇治橋に到達。

Dsc06301

 

  宇治橋から南の方。

Dsc06304

Dsc06311

 

  源氏物語の宇治十帖(うじじゅうじょう)との関わりから紫式部がモニュメント化されています。

Dsc06312

  撮影 2016/09/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

(続)京都 伏見の一部を散策(1) - 桃山御陵前駅から京町通を南下

 

  京都伏見の散策の続きで、最後は月桂冠大倉記念館と寺田屋を訪れました。

利用した「とくとくきっぷ」は言わずと知れた「青春18きっぷ」。岐阜と京都との往復に利用しました。

 

  地図で見てみると月桂冠大倉記念館と寺田屋は京阪電車の中書島駅が最も近いのですね。

桃山御陵前駅が最寄りの駅との固定観念から今回も出発は同駅から。

南北の道路のうち選んで南下したのは近鉄と京阪との間にある京町通。

歩いてみると京町通にはけっこう古民家が多く飽きない散策となりました

 

  せんとくんと特急。

  京都駅にて。

Dsc05894

 

  乗車したのは橿原神宮前行き急行。

Dsc05901

 

  桃山御陵前駅で下車。

Dsc05903

 

  桃山御陵前駅は高架駅。

Dsc05904

 

  駅からすぐ西の京町通を南に下ります。

  所々にこのような古民家が点在しています。

Dsc05906

 

  京町通を南へ。

Dsc05907

 

  鍾馗さん?火除けや病気快癒の神様。

  京都の町家の屋根によく見かける。

Dsc05909

 

  民家自体はそんなに古いという感じは受けない。

Dsc05910

 

  これは古そうな民家。

Dsc05911

 

  車除けの石が置いてあります。

Dsc05913

 

  こちらは古民家風の比較的新しそうな民家(本当のそうなのかは分からない)。

Dsc05916

 

  北の方を振り返って。

Dsc05917

 

  一角を祠が占めている民家。

Dsc05919

 

  京阪電車の踏み切り。

  ここらあたりで自分の居る位置を見失いました。

Dsc05920

 

  地図で見ると長建寺の東の踏み切りであったようです。

  地図を印刷して持参すれば済むことですが、生憎プリンターが壊れていてこんな羽目に。

Dsc06008

  撮影 2016/07/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

河内飛鳥(大阪府)を歩く2016年5月(2) - 河内源氏発祥の地 壺井八幡宮

 

 

  丘陵地帯に集落とブドウ畑が織り成す風景の中、そこを縫うように壺井八幡宮に向かいます。

グーグルマップ(印刷したもの)は大まかな位置関係、近鉄の「てくてくまっぷ」は細かい目印を探し出すのに便利です。

ミラーや掲示板などの細かい目印は大変役に立ちますが、ともすればどちらの方向に歩いているかが分からなくなります。

そこでグーグルマップが大きな羅針盤となります。

 

  こんな雰囲気の中を行きます。

Dsc05577

 

  飛鳥戸神社(あすかべじんじゃ)からは南阪奈道路を渡り、ほぼ南西に歩いてくると壺井八幡宮に至ります。

  上ノ太子駅からは約1.5km20分ぐらい。

Dsc05580

 

  清泉「壺井」

  平安時代前9年の役(1051~1063)のとき、源頼義の軍が飲料水に苦しんだ折、弓の先で崖をつき崩して得た冷泉により将士の意気があがったといわれている。

平定完了して凱旋する際冷泉の水を壺に入れて持ち帰り、本拠地の香炉峰の南麓に井戸を掘り、そこに冷泉の水を底に入れ、苦戦の記念としたもので、これが「壺井」の地名の起源となった(河内名所図会より)

Dsc05582

Dsc05583

Dsc05584

 

  壺井八幡宮(つぼいはちまんぐう)は河内源氏の氏神です。

  主祭神は誉田別尊(応神天皇)・仲哀天皇・神功皇后。

  河内源氏の祖である源頼信が河内守に任官し壺井に館を構えたのが河内源氏の始まりです(寛仁4年(1020))。

  源頼信は平忠常の乱の平定(長元4年(1031年))に功があり、以後源頼義、源義家の三代が居住し河内源氏と呼ばれました。

  その後、河内源氏は東国に進出し河内源氏の総鎮守は壺井八幡宮から鶴岡八幡宮に移ります。

  一方、壺井八幡宮は河内源氏の祖廟かつ当地に土着した石川源氏の氏神となります。

  2代目の河内源氏棟梁の源頼義は前九年の役(1051年 - 1062年)で活躍、3代目の源義家は後三年の役(1083年-1087年)で活躍し、それぞれ東国に勢力を扶植しました。

Dsc05586

 

  石段を登って鳥居。

Dsc05588

 

  社殿。

  徳川綱吉の命により柳沢吉保が再建(元禄14年(1701年))。

Dsc05591

 

  鳥居を振り返って。

Dsc05594

 

  句碑。

Dsc05595

Dsc05596

 

  壺井八幡宮本殿の奥には頼信・頼義・義家、義綱、義光を祀る摂社 壺井権現社(壺井神社)がある。(Wikiより)

Dsc05597

 

  石段の上から下の鳥居。

  この道路を真南に向かい河内源氏三代の墓所に向かいます。

Dsc05598

 

  振り返って。

Dsc05600

  撮影 2016/05/02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

河内飛鳥(大阪府)を歩く2016年5月(1) - 上ノ太子駅から飛鳥戸(あすかべ)神社

 

  近畿日本鉄道が提案しているハイキングコースを利用し、それを自分なりにアレンジして大阪府の河内地方を歩いてみました。

近鉄の提案する「てくてく」コースは近鉄上ノ太子駅を出発地とし「近つ飛鳥」の象徴的神社である飛鳥戸神社(あすかべじんじゃ)から鎌倉幕府を出現せしめる基礎を築いた河内源氏三代の墓と河内源氏に所縁(ゆかり)のある壺井八幡宮などを巡り、最後に叡福寺と聖徳太子御廟を訪ねる約10kmほどのコースです。

しかし、近鉄は帰りも上ノ太子駅まで歩くことを提案していますが、これはさすがに体力的に難しく、上ノ太子駅までを太子前バス停からバスで戻ることにしました。

また、敏達天皇陵へ寄る部分も省略しました。

その結果、所要時間は2時間半ほどに短縮できました。

近鉄の提案する「てくてくまっぷ」

 

  橿原神宮前駅にて。

  古市行き普通に乗車します。

Dsc05554

 

  途中、電車は二上山を仰ぎ見るように進みます。

Dsc05558

 

  上ノ太子駅(かみのたいしえき)の裏口に出ました。

  バスの発着する玄関口は反対側。

Dsc05559

 

  印刷した近鉄の「てくてくまっぷ」とグーグルマップを突き合わせながら、丘陵地に広がるブドウ畑を眺めながらたどり着いた飛鳥戸(あすかべ)神社の裏。

  本殿が見えます。

Dsc05561

Dsc05563

Dsc05564

 

  社殿はいたって素朴な造りです。

Dsc05566

 

  ここから河内源氏ゆかりの壺井八幡宮へ向かいます。

  ここで役にたつのは「近鉄のてくてくまっぷ」。

Dsc05568

Dsc05569

 

  近鉄の踏切を南側に(正確には西かな?)渡ります。

Dsc05572

Dsc05573

 

  壺井八幡宮は南西の方向ですね。

Dsc05574

 

  丘陵地帯を歩きます。

Dsc05575

 

  竜王寺地蔵が傍らに。

Dsc05576

 

  PL教団のタワー(正確には大平和祈念塔)が見えます。

  思わずそんな位置関係なのかと思いました。

  とにかく土地勘が無く、地図が頼りです。

Dsc05578

  撮影 2016/05/02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧