2012年7月24日 (火)

久留里城(千葉県君津市)へ - 過去の旅 1997年

 

  久留里城は戦国時代には里見氏の本拠地であったお城で、現在は山の上に模擬天守と久留里城址資料館があります。

木更津から久留里線に乗り換え、久留里駅で下車して徒歩30分以上の距離にありますが、山を登るので駅からはこれくらいの所要になります。

  前日の夜に帰省していた岐阜から(当時は大阪在住)夜行列車の「ムーンライトながら」(当時は毎日運転)を利用して朝早くに東京に着き、総武線の君津行きで木更津まで行き、そこから久留里線に乗り換えるという手順で久留里駅に降りたのは8時過ぎ頃だったと思います。

この日は前年から使い始めた青春18きっぷを利用しての旅で、その日のうちに岐阜に「とんぼ返り」をするという強行日程でした。

 

  久留里駅からお城への登り口に向かったものの、なかなかたどり着けない。

で、ちょうど通りがかった通学中の自転車に乗った男子中学生に聞いてみると、道は間違っていなくて、もう少しで登り口があるということでした。

当時もかなり遠くて時間がかかった印象がありましたが、やはり30分以上歩いていたんですね。

城址資料館は開館前で入ることはできず、そのまま引き返しました。

まだPCやインターネットも無く、里見氏の下調べも久留里の町の下調べもできずに訪れ、お城のみを見て帰るというのは当時としては仕方の無いことでした。

この日はそのまま淡々と電車に揺られて帰りました。

 

  木更津駅にて。

  朝、到着したときなのか、帰りの電車だったのかは覚えていません。

Img044

 

  久留里線のキハ38。

  朝の通学時で高校生で一杯でした。

Img025

 

  久留里城模擬天守。

  江戸時代の久留里藩時代の天守とは形態が異なっているということで、模擬扱いとなっています。

Img037

 

  里見義堯(さとみよしたか)ゆかりの正源寺(しょうげんじ)。

Img038

 

  山の上から。

Img043

 

  久留里駅にてキハ38。

Img045

  撮影 1997/12/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

鉄道の日記念乗り放題切符で旅行(2)2008年10月 - 鎌倉から高岡(富山県)へ

 

  鶴岡八幡宮への若宮大路。

一本西に小町通りという通りがあり、観光客は土産物屋やお店をのぞきながら鶴岡八幡宮へと向かいます。

私は途中から若宮大路に出て、車道に挟まれた真ん中の参詣路を歩きました。

Pa070095

 

  大石段の上の本宮。

Pict0005

 

  大石段から見下ろした舞殿。

Pict0006

 

  舞殿越しに若宮大路。

Pict0010

 

  鎌倉駅からJRで北鎌倉駅に向かい円覚寺を訪れました。

Pict0014

 

  円覚寺(えんがくじ)は臨済宗円覚寺派の大本山。

  山門。天明5年(1785年)の再建。

Pict0016

 

  方丈と庭園。

Pict0022

 

  奥の建物が国宝舎利殿。15世紀の建築と推定されている。

Pict0026

 

  この後、鎌倉駅の方に歩くと建長寺に行けますが、ここでギブアップ。

もう空が黄昏(たそがれ)てきました。

JRの北鎌倉駅から再び鎌倉駅に戻り、江ノ電に乗って江ノ島へ行き、そこで海を眺めながら、しばし暇つぶし。

 

  その後、藤沢から大船へ。

大船で食事。

 

  そして品川を経て新宿へ。

  23時過ぎの「ムーンライトえちご」で新宿からあくる日朝早く新潟に到着。

  その後、長岡に戻り、さらに直江津、富山を経て、高岡に十時半頃に着きました。

  写真は新宿駅9、10番線ホ-ムです。

Pict0028

 

  国宝高岡山瑞龍寺  加賀藩二代藩主前田利長によるもの。

  門前からまっすぐ東に通ずる道を行くと利長公の墓があります。

  大変立派なお寺です。

  国宝らしい風格がありました。

 

  瑞龍寺山門。

Pict0030

 

  仏殿。

Pict0033

 

  仏殿と境内。

  後ろの法堂、仏殿、山門が国宝に指定されています。

Pict0035

Pict0036

 

  回廊の内側。

Pict0037

 

  仏殿と後ろに法堂。

Pict0038

 

  団体客で急に賑やかになりました。

Pict0042

 

  高岡市内を走る万葉線。

Pict0054

 

  高岡大仏。

  鋳物の町らしくこんな大仏様。

  まだ、高岡の見所はたくさんありますが、早めに切り上げて高岡駅へ。

Pict0058

 

  JRの城端線(じょうはなせん)、氷見線(ひみせん)用の気動車。

  この後、北陸線を経由して岐阜に戻りました。

Pict0063

  撮影 2008/10/07,08  

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月10日 (金)

鉄道の日記念乗り放題切符で旅行(1)2008年10月 - 小田原城と鎌倉

 

  「鉄道の日記念JR全線乗り放題切符」と夜行列車指定席券2枚で、小田原、鎌倉と富山県の高岡を巡ってきました。  

 

  まずは深夜に岐阜駅から「ムーンライトながら」で出発します。     

  岐阜駅にて。

  右側2番線は名古屋行き普通電車。     

  左側3番線は高山線美濃太田ゆきディーゼル。

Pa060001

 

  「ムーンライトながら」は、折り返し東京5時20分発の静岡行きになります。  

  鎌倉へ行くには、早朝過ぎるので、この列車に乗って小田原に行き小田原城を訪れました。

Pa070007

Pa070011

 

  本丸への入り口の常盤木門(ときわぎもん)。

Pa070019

Pa070021

 

  小田原城天守。

  昭和35年(1960年)に外観復元された(復興とも)。

Pa070022

 

  その後、江ノ電藤沢駅にて。

Pa070037

 

  江ノ島駅で途中下車。

Pa070039

 

  まずは龍口寺の五重塔へ。

  明治43年(1910年)竣工。

Pa070048

Pa070052

 

  江の島。

Pa070055

 

  江ノ電長谷(はせ)駅から徒歩で鎌倉の大仏へ(高徳院)。

Pa070069

Pa070076

Pa070080

 

  駅名の由来の長谷観音。

Pa070082

Pa070089

 

  鎌倉駅に到着。

Pa070092

 

  ここから鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)に向かいます。

Pa070093

  撮影 2008/10/07  

| | コメント (0) | トラックバック (0)