2017年3月11日 (土)

梅林公園の梅まつり - 岐阜県岐阜市

 

  岐阜市梅林公園の梅まつり。

この土日に開かれます。

ただ肝心の梅はぱらぱら。

開花状況はここで参考にして下さい。

Img_0478_2

 

  龍興庵。

Img_0479

Img_0481

Img_0482

Img_0485

Img_0487

 

  中央の広場で催し物が開かれています。

Img_0489

  撮影 2017/03/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

今日の梅林公園2017年2月25日 - 岐阜県岐阜市

 

  今日(2月25日)お昼過ぎの梅林公園。

岐阜県では知られた梅の名所。

まだ一部の早咲き種のみの開花ですが、見頃は3月の初めでしょう。

岐阜市の梅林公園・梅だより

800pxsigacyomeiji5563

Img_0462

 

  JR岐阜駅のバス乗り場からですと14、15番乗り場のバスの行く先に関わらず「梅林公園前」バス停で下車、すぐです。バスの詳しいアクセス情報。

  バス料金は210円。所要6分。

  園内自由。

 

  白い梅が茶青梅だそうです。これが今咲いています。

Img_0465

Img_0467

  撮影 2017/02/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

岐阜市梅林公園 梅の開花情報 リンク先 - 2014年度

 

  今年も梅の季節。

岐阜市の梅林公園の梅の開花状況を岐阜市のホームページより。

岐阜市梅林公園の梅開花状況のリンク先。 2014年のもの。

 

  写真は2012年3月15日の梅林公園の写真。

Dsc04257

Dsc04267

Dsc04279

  撮影 2012/03/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

岐阜市 梅林公園 - 例年より遅かった 梅の開花

 

  今日(3月15日)、岐阜市内にある、近くの梅林公園という梅の名所に行って来ました。

たいそう風が強くて閉口しました。

恒例の梅祭りは、とっくに終わってしまいましたが、開花状況は最も本数の多い中咲き種が、今が見ごろの7分から8分というところ。

早咲き種は終わり、遅咲き種は咲き始めとのこと(岐阜市梅林公園調べ13日現在)。

 

公園内の梅の種類は岐阜市のHPから

本 数 白 梅 700本
     紅 梅 600本 計 1,300本

咲き分け
早咲き種 7種 110本
中咲き種 33種 950本
遅咲き種 10種 240本

 

  アクセス(駐車場はありません)  

       バス運賃は市内料金の200円。

JR岐阜駅⑬、⑭番乗り場又は名鉄岐阜駅前⑥番乗り場から

大洞緑団地行き、諏訪山団地行き又はせき東山行き 約10分―「梅林公園前」下車 徒歩3分

 

 電車と徒歩での行き方

   「名鉄各務原線」の「田神駅」(名鉄岐阜駅の次の駅)下車

 

   田神駅前は東西の大通り、左手すぐの信号(手押し)を北に、

   そのまま次の大通りを渡り(信号なし)

   すぐに左手に梅林小学校、これを左に見てそのまま北へ

   北へ行くとすぐに東西の大通りへ、この通りに「梅林公園前」バス停があります。

   北へ3分で梅林公園。

 

   田神駅からは1Km足らず(700mぐらい?)。

   徒歩で行く場合は、一本道でバス停のある通りまで行くことができるので、

   一番わかりやすいと思います。(帰りは迷う可能性あり)

 

Dsc04246_2

Dsc04285

Dsc04247

Dsc04250

Dsc04253

Dsc04255

Dsc04256

Dsc04258

Dsc04262

Dsc04263

Dsc04264

Dsc04266

Dsc04291

Dsc04267

Dsc04279

 

  後背地が山で、公園はその南にあります。

  もともとは私有地で、その地主さんが公園として、梅の木を植えたのが明治の初期。

  のちに市民に開放されて、いつしか梅林公園といわれるようになり、1948年に岐阜市に委譲され、現在まで市民の憩いの場となっています。

  小さい頃はよく遊びに行った所で、現在の広場に当たるところには野球場があったのを憶えています。

  後背の山からは岐阜城へも行くことができ、複数あるルートのひとつです。

Dsc04281

Dsc04284

Dsc04286

Dsc04287

Dsc04289

  撮影 2012/03/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

京都 妙心寺、北野天満宮を散策(3) - 北野天満宮(梅を見に行く)

 

  嵐電北野線妙心寺駅から北野線の東の終着駅の北野白梅町駅までやってきました。

ここから北野天満宮までは徒歩5分、金閣寺までは徒歩15分と、嵐電のアナウンスがありました。

金閣寺へは北へ行くバスでしたら、ほぼ金閣寺にたどり着けます。

今日は北野天満宮が目的地なので、駅前から信号を北に、東に渡り、今出川通りを東へ歩いて行きました。

バス停は予想通りどこも人であふれています。

北野天満宮は今出川通りの北側に面しています。

この日(3月11日)の梅の状況は7分咲きでした。

今度の週末は、天気が崩れそうで、晴れ間は無いかもしれないですね。

 

  嵐電北野白梅町駅にて。

Dsc04140_2

 

  交差点の北東側に渡ったところ。

Dsc04148_2

 

  北野天満宮は今出川通りを5分歩いて北側。

  門前は狭いのですが、タクシーの溜まり場となっています。

Dsc04149_2

 

  北に参道を入っていきます。

Dsc04154

 

  楼門。

  左手に入苑受付とあるのが梅苑への入口。入苑料は600円です。

  境内にも梅の木はあちこちにありますから、入らないのも一つの選択肢です。

Dsc04156

 

  このお牛さん(神牛)は楼門を入って、宝物殿の手前。

Dsc04159

Dsc04162

 

  三光門(中門)。中に入ると拝殿の前に。

Dsc04163

Dsc04166

Dsc04167

 

  三光門(中門)の前の参道脇にも神牛が。

Dsc04169

 

  社殿です。社殿は国宝です。

  多少の行列ができていました。

Dsc04171

 

  社殿の裏側に回り込みました。地主社と言われているようです。

Dsc04178

Dsc04176

 

  北門を一度外に出ました。

  近くに東門もありましたが、そちらは重文指定。

Dsc04183

 

  楼門から。

  参道右に先ほどの梅苑への拝観入り口がありますが、入るかどうかで躊躇。

Dsc04193

 

  楼門から梅苑を覗き見写し。

Dsc04194

Dsc04196

 

  これは宝物殿。写真の縦横(たてよこ)の関係から挿入。

Dsc04186_2

 

  梅苑入口から覗き見写し。

Dsc04197

 

  けっきょく帰りましたが、やはりバス停は混雑していました。

  いずれも市バスのうち【洛バス】と呼ばれるバス。100番、101番、102番があります。

  100番は京都駅から北東方向の銀閣寺方面への往復。

  101番が京都駅から北西の金閣寺方面への往復。

  102番が金閣寺方面と銀閣寺方面を東西に往復します。

  3路線で主要観光地を三角形で結んでいます。

Dsc04198

Dsc04199

Dsc04200

Dsc04201

Dsc04203

  撮影 2012/03/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

京都 二条城を訪れる(4) - 本丸の外周をほぼ一周

 

  下の二条城の図を参照しながら、読んでいただけるとわかり易いかと思います。

図は上が西、従って左が南に当たります。

上の内堀に囲まれた部分が本丸です。

 

  本丸内を散策した後、西橋から本丸を出て、左の南に歩いて天守台を外から見に行きました。

この内堀の南側に梅林があります。

残念ながらこの日(3月3日)の時点では「咲きはじめ」の状態でした。

この後、ぐるっと半周して東橋に戻ってきて、そのまま、さらに北へ歩いて行き、清流園という庭園を右へ(東へ)行き、北大手門を内側から眺め、そこから二条城の拝観入口である東大手門に戻ってきました。

その後、二条城を出て、北側から外堀の外周を一周してみましたが、今日はそのうち北大手門を内側から望んだところまでです。

Dsc03824_2

 

  西側から本丸を出ます。立派な石垣を左右に外へ。

Dsc03862

 

  西橋と本丸の石垣を振り返ったところ。

Dsc03866

 

  西橋から南の方向に天守台と内堀。

Dsc03865

 

  西南の角っこから梅林がありますが、本当に咲きはじめ。

  本数は130本ぐらいで(「るるぶ」調べ)、そんなに多い数の梅林ではありませんが、咲いていたのはそのうち数本ぐらいでした。

Dsc03868

 

  天守台の石垣。

  五層の天守がありましたが、1750年の落雷で焼失しました。

Dsc03869

Dsc03873

 

  向こうの方に見える橋が西橋。

Dsc03871

 

  梅林は南中仕切門までの間にあります。

Dsc03874

 

  その南中仕切門。

Dsc03875

 

  南中仕切門を東側に抜けます。

  通路とは直角になっています。

Dsc03877

 

  内堀沿いに東に歩いて、北に本丸櫓門と東橋が見えます。

Dsc03879

 

  内堀を東側に回りこみ桃山門を東橋の方にくぐります。

Dsc03880

 

  東橋の前を北にそのまま行き、北側からの本丸櫓門と東橋。

Dsc03887

 

  南の桃山門と対になる形で北には鳴子門があります。

Dsc03888

Dsc03890

 

  その北側にある清流園という庭園。

Dsc03894

 

  そして清流園の東には立派な北大手門があります。

  普段は通行できませんが、城内外を行き来できるのは、拝観入口の東大手門とこの北大手門のみです。

Dsc03896

  撮影 2012/03/03

| | コメント (0) | トラックバック (0)