2017年8月20日 (日)

山口県柳井市と防府市を観光(13) - 防府市 旧毛利家本邸

 

  結果的に最後となりましたが、旧毛利家本邸と博物館を拝観。

庭園との共通券は大人1000円、小中生500円。

Img_0786

 

  重要文化財

 

  旧毛利家本邸

  旧毛利家本邸は、明治天皇から山口県内に本邸を構える承諾を得た 公爵毛利家が、維新の元勲井上馨の協力を得て、明治二十五年(1892)この地に建設することを 決定し、 建てられたものである。

工事は大正元年(1912)九月に着工し、四年弱の歳月を経て同五年に完成した。

                                     (後略)

Img_0788

 

  邸内の撮影は可ですが、博物館区域は撮影不可です。

Img_0816

Img_0817

Img_0819

 

  庭園の全体は見渡せません。

Img_0820

 

  外から。

Img_0797

 

  二階へ。

Img_0821

 

  二階からの庭園。

Img_0822

Img_0823

 

  寝室。

Img_0824

Img_0826

 

  廊下の奥に博物館があり、拝観券のもぎりは博物館で行います。

  博物館は冷房が効いていました。

  係りの方(学芸員の方か?)に外は暑いのでゆっくりしていって下さいと声を掛けて頂きました。

  有難うございました。

Img_0827

 

  さて、これで柳井市と防府市での観光は終わり。

  防府発13時半頃の電車に乗車しないと帰りのフェリーに間に合わないので、毛利氏庭園から取って返し、国分寺の前を通り過ぎ、防府天満宮前から萩往還を南に折れて駅へ向かいます。

 

  萩往還、防府天満宮の参道を南へ、振り返って。

  らんかん橋にて。

Img_0829

 

  駅前の種田山頭火の像。

Img_0831

 

  フェリーターミナルへの第一便の門司駅前発連絡バスは16時。

  無事に15時過ぎに門司駅に到着してバスで新門司港へ。

  新門司港は土砂降りでした。

Img_0832

  撮影 2017/07/31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

山口県柳井市と防府市を観光(12) - 防府市 毛利氏庭園

 

 

  防府市の毛利本邸は維新後に公爵の爵位を得た旧長州藩主毛利氏が建てた邸宅。

明治時代に一度着工するも、日清、日露戦争で中断し、改めて大正元年(1912年)に着工し大正5年(1916年)に完成しました。

 

  説明板の抜粋

 

  国指定  名勝 毛利氏庭園

(前略)

庭園は、本邸から見渡せる周防国府跡、三田尻湾、瀬戸内海等の自然を背景・借景 としており、自然の地形・植生に人工的な作庭を加え両者の調和をはかっている。

本邸への導入部である路傍庭園、邸内の各建造物に調和するように配置された平庭、 瓢箪池を中心とした林泉からなり、池の周囲を回りながら景色を鑑賞する池泉回遊式庭園であるが、 滝の石組やせせらぎを設け、渓谷風の流れを重視した構成となっている。

  (後略)

Img_0791

 

  券売所で博物館、庭園共通券を購入し、まず庭園から拝観しました。

  共通券は大人1000円、小中学生500円。

Img_0792

 

  毛利本邸の家屋の前を通ります。

Img_0794

 

  大きな屋敷です。

Img_0797

Img_0798

 

  屋敷の一部を改装して博物館としています。

  博物館の宝物は2万点ほどもあり、博物館のみ写真撮影不可。

Img_0800

Img_0801

 

  庭園内に入って行きます。

Img_0803

 

  夏という事で緑一色ですが、秋は紅葉が良さそうです。

Img_0804

 

  庭園の大きさが分かります。

Img_0807

Img_0810

 

  とにかく暑くて閉口しました。

Img_0812

 

  庭園は夏に来るものでは無いことを再確認。

  邸宅に向かいました。

Img_0814

  撮影 2017/07/31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

山口県柳井市と防府市を観光(6) - 柳井市 「むろやの園」商家博物館

 

  「むろやの園」はその屋号である「室屋」から来ています。

 

  柳井市のホームページによれば、

「室屋」の小田家は初代善四郎が元禄元年(1688)新庄村庄屋小田家から柳井津 金屋へ分家独立。

当初は反物、打綿、菅笠などの商売を営み、二代目善四郎の時、大阪との間で油の取引も始め、三代善四郎の時には50石~125石積船を50艘ばかりに増し、商取引は最盛期を迎えました。

四代目六左衛門の頃には油商としての性格が次第に強まっていきます(これが18世紀後半から19世紀の初め)。

 

  また小田家は岩国の吉川家に(柳井は岩国吉川領だった)献金などで度重なる貢献をし士分に取り立てられました。

(むろやの園に甲冑が残っていたり、中間部屋があったりするのはその名残りとも言えます。)

現在、(1)小田家代々の使用してきた生活用具1553点、(2)文書1011点、(3)町家、主家ほか10棟のすべてが県指定有形民俗文化財となっています。

主家(主屋)は享保年間(1730頃)の建築で県下でも最も古い町家に属する、そうです。

柳井市のホームページより。

 

  入口は交差点の南東側にあります。

Img_0625

 

  「むろやの園」の南北の長さは119m。

Img_0608

 

  入口を入って振り返った所。

  拝観料は大人450円、中高生350円、小学生300円。

Img_0626

 

  「むろやの園」見取り図。

Img_0658

Img_0628

 

  庭に出る前に振り返った所。

Img_0629

 

  中間部屋があるのは小田家は士分ということで家来が必要だったとのこと。

Img_0632

 

  庭と蔵。

  左側と奥は住居部分。

Img_0633

 

  左側の住居部分。

Img_0635

 

  本蔵。

Img_0637

 

  本蔵の中。

Img_0638

 

  奥に向かって右側の勘定蔵。

Img_0642

 

  吉川家から拝領の甲冑。

Img_0643

 

  次が米蔵。

Img_0645

 

  米蔵の中。

  とにかく夥しく品々が残っています。

Img_0646

 

  振り返って正面に本蔵。

Img_0652

 

  主屋(主家)に戻って。

Img_0659

 

  主屋二階部分。

Img_0662

 

  外へ出て主屋の部屋。

Img_0664

 

  大規模に家屋、生活用品などが残っていた「むろやの園」。

  「むろやの園」を出た頃には完全に暑さにやられていました。

Img_0604

 

  暑い中、駅に戻ってきました。

  その暑さ故に、残りの防府市まで回る気力は失せました。

  防府はあくる日に回ることにしましたが、

  当のこの日はまだ日も高く、宿に入るには早いので、徳山駅で途中下車して喫茶店を探すことにしました。

Img_0540

  撮影 2017/07/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

山口県柳井市と防府市を観光(4) - 柳井市白壁の町並み(2)重文国森家住宅

 

  日本の各地には町並みを観光資源として提供している都市がたくさんあります。

そんな町並みに一つ、二つ重文級、国宝級の文化財が存在すると、これを核として魅力的な観光地を形成することができ、柳井においては国森家住宅がその役割を担っています。

 

  国森家住宅は18世紀の建築と見られており、貴重な近世の商家造りで、昭和49年(1974年)に重文に指定されました。

詳しくは国森家住宅((柳井市の文化財)で。

Img_0561

 

  国森の表札があり、現在もお住まいのようです。

Img_0562_2

 

  入口を入ると土間になっています。

 

  係りの方(家人の方か?)に家屋の説明をして頂けます。

  拝観料は大人200円、中学生以下100円。

Img_0581

 

  先客があり、一人で二階まで上がってみました。

  下はお店。

  前に番頭さんが座り、後ろに主人が座っていたそうです。

  国森家は最初は反物商、後に手絞りともし油の製造、さらに、びんつけ油の製造販売を業としたそうです。

Img_0582

 

  奥。

  二階への階段があります。

Img_0583

 

  階段には戸があり、二階へ通じていることが分からないように工夫されていたそうです。

  もう一つ階段がありますが、これは後世のもので、本来はこの階段しかありませんでした。

Img_0589

 

  二階。

Img_0584

 

  屋根裏の梁(はり)。

Img_0585

Img_0591

 

  正面の建具が「ぶちょう」。

  「「ぶちょう」は、三枚の板戸からなり、上の一枚は日中は内側に跳ねて吊り上げておき、下の二枚は柱に彫った溝に沿ってはずして全開するが、夜間は全部を閉める、機能的で開放的な商家の建具である。」

  実際にどう全開にするかを見せて頂きました。

  真ん中が全開になっています。

Img_0593

  撮影 2017/07/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

津軽鉄道 金木駅(かなぎえき)2012年9月 - 青森県五所川原市金木町

 

  津軽鉄道で唯一列車交換が可能な金木駅(かなぎえき)から歩いて10分足らずの距離に太宰治記念館「斜陽館」があります。

「斜陽館」は小説家太宰治の生家で現在は五所川原市立の施設。

国の重要文化財に指定されています。

 

  金木駅(かなぎえき)は津軽鉄道のなかでも観光拠点駅で有人駅となっています。

Dsc01919

Dsc01920

Dsc01956

 

  太宰治記念館「斜陽館」。

  重文指定で観光の拠点となっています。

Dsc01939

 

  「斜陽館」の内部。

Dsc01944

Dsc01946

 

  金木観光物産館「マディニー」を見下ろして。

  観光物産館は休憩、食事、お土産購入などで便利。

Dsc01953

 

  金木駅にも売店(1階)と食堂(2階)があります。

  また、出札窓口では硬券(入場券・乗車券・JR連絡券)の購入もできます。

Dsc01932

  撮影 2012/09/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

思いでの旅(2)1993年9月 - 山陰旅行(3)萩(山口県萩市) 松下村塾と東光寺

 

  萩の民宿で一泊し、あくる日は午前中にレンタサイクルを利用し松下村塾と毛利家の墓所である東光寺を訪れました。

萩へは2009年にも訪れ、丸一日レンタサイクルを漕いで見て回りましたが、まだ2、3割を見残している状況です。

さて、東光寺は奇数代の藩主と夫人の墓所であり、偶数代の墓所は萩市南部の大照院(萩駅から歩いて15分)にあります。

東光寺は黄檗宗の寺院で豪壮な建物が並んでいました。

反対に松下村塾はその小ささに驚きました。ここから多くの志士が輩出したとは思えない小ささでした。

 

  2009年に訪れた際もこの駅舎であった東萩駅。

  2005年に特急が廃止となり、優等列車はなくなりました。

Img282

 

  松下村塾。

Img283

Img284

 

  松下村塾は吉田松陰が指導した塾。

  講義室。

Img285

 

  松陰神社。

Img290

 

  東光寺総門。

  松下村塾から徒歩で15分ぐらい。

Img291

 

  三門。

Img292

Img293

 

  大雄宝殿。

Img295

 

  毛利家墓所。

Img296

 

  東光寺は奇数代の藩主の墓所。

  偶数代の藩主の墓所は萩駅(東萩駅ではない)から歩いて15分ぐらいの大照院にあります。

Img297

Img298

Img299

  撮影 1993/09/08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

宇治(京都府宇治市)を散策(3) - 平等院の南を浮島十三重石塔へ

 

  縣神社(あがたじんじゃ)から東に向かうと平等院の南に至ります。

そして平等院ミュージアム鳳翔館の外を平等院南口へ。

さらに東へ向かい宇治川に出ます。お目当ては中洲の島(浮島)にある十三重石塔。

その後北の中州の島(一帯が宇治公園となっている)に渡り、そこから宇治川対岸を目指します。

 

  何度も書きますが平等院は今回の散策に含まれていません。

平等院についての記事はこちら。奈良からの帰り 宇治平等院へ寄り道 2015年(2) - 宇治平等院鳳凰堂と平等院ミュージアム鳳翔館

 

  平等院ミュージアム鳳翔館の外を東へ。

Dsc06345

 

  平等院南口。

Dsc06346

 

  もうすぐ川に出られるという敷地に平等院多宝塔跡の復元基壇があります。

Dsc06348

Dsc06351

 

  宇治川に出ます。

Dsc06353

 

  赤い喜撰橋の北側に出ました。

Dsc06355

 

  喜撰橋と浮島十三重石塔。

Dsc06360

 

  浮島十三重石塔は鎌倉時代に奈良西大寺の叡尊という高僧によって建てられました。

  宇治川の氾濫が魚霊の祟りと考え、それを鎮めるためであったそうです。

  重要文化財に指定されています。

Dsc06363

 

  この辺りの地図。左が北。

Dsc06367

 

  喜撰橋とあります。

Dsc06371

 

  宇治川鵜飼の遊覧船の溜まり場。

Dsc06372

 

  大変大きな十三重石塔。

Dsc06376

Dsc06383

Dsc06384

 

  北側に渡ります。

Dsc06386

 

  対岸の観流橋。

Dsc06387

Dsc06388

 

  朝霧橋を対岸に渡ります。

Dsc06389

 

  手前の宇治橋とJR奈良線の鉄橋上の221系快速電車。

Dsc06392

  撮影 2016/09/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

吉田城(愛知県豊橋市)を訪れる(2) - 豊橋市公会堂から豊橋公園へ

 

  江戸時代には吉田と呼ばれた当地は明治の版籍奉還の際に政府からの命令により豊橋という地名となりました。

江戸時代には吉田城の城下町、東海道の吉田宿として繁栄し、現在でも東三河の中核都市として人口も37万余人。

これは東三河の約半数にあたるそうで、地域の中心と言って良い町です。

 

  豊橋鉄道市内線の駅前電停から四つ目が市役所前電停。

  次が豊橋公園前電停ですが、お城跡を目指すなら市役所前電停が近いのです。

  市役所前電停にて。

Dsc06192

 

  すぐ目の前に豊橋市公会堂があります。

  昭和6年(1931年)に市制25周年を記念して建てられ、現在ではれっきとした文化財(国登録文化財)です。

Dsc06195

Dsc06194

 

  後方の赤い鉄塔が写らないように撮ってみました。

Dsc06196

 

  2羽の鷲。

  昭和6年(1931年)の建設当時のもの。

Dsc06200

Dsc06201

 

  公会堂の横の道路の行く先が豊橋公園入口。

  入口はもちろん他にもあります。

Dsc06203

 

  入口。

Dsc06204

 

  碑には三の丸口門跡と記されています。

Dsc06205

 

  左側には陸軍歩兵18連隊が駐屯していた際に使用された衛兵の詰所(哨所)が残されています。

Dsc06206

 

  豊橋公園の図。

  歩いたのは木々が茂る左手のさらに左半分ぐらい。

Dsc06208

  撮影 2016/08/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

(続)京都 伏見の一部を散策(5) - 寺田屋(2)家屋の内部 帰途につく

 

  寺田屋事件とは(1)薩摩藩志士粛清事件(文久2年(1862年))、(2)坂本龍馬襲撃事件(慶応2年(1866年))の二つの事件を指すことは前回に述べました。

前者は薩摩藩内の尊皇派志士が島津久光の命令で粛清された事件。

後者は伏見奉行による坂本龍馬襲撃事件。

 

  一般受けから言うと坂本龍馬の事件がどうしてもクローズアップされてしまいます。

しかし寺田屋入口には「伏見寺田屋殉難九烈士之碑」が建てられ(1)の事件にもふれられています。

 

  寺田屋は薩摩藩の定宿でした。

Dsc05982

 

  教義の意味での伏見の地図。

Dsc06009

 

  入口右横に建てられている「伏見寺田屋殉難九烈士之碑」。

  (1)の事件に関わる碑。

Dsc06010

 

  中は現在でも旅館として使用されているため生きた部屋造りとなっています。

  拝観は大人400円。予約が必要な宿泊は6500円など。

Dsc06011

 

  表階段。

Dsc06012

Dsc06013

 

  表通りを。

Dsc06015

 

  生きた部屋という意味はエアコンなど実用的な器具が揃っていることです。

Dsc06022

Dsc06030

 

  裏階段。

  現在の建物は再建されたものですが、おりょうが龍馬らに急を告げに昇ったのが裏階段。

Dsc06031

 

  裏階段を下りると風呂場やトイレ、中庭などがあります。

Dsc06032

 

  中庭。

Dsc06034

Dsc06036

 

  再建された建物なのですが雰囲気は伝わってきます。

Dsc06038

Dsc06041

 

  観覧船を見ながら長建寺に向かいました。

  長健寺は最初に紹介しましたので、記事上はここまで。

Dsc06045

 

  月桂冠大倉記念館の裏側。

  帰りは記念館の前の通りを北に向かいました。

  南に行けば京阪の中書島駅が近いことには全く気付いていません(徒歩5分ぐらい)。

Dsc06048

 

  南から大手筋通に出ました。

Dsc06060

  撮影 2016/07/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

(続)京都 伏見の一部を散策(4) - 寺田屋(1)薩摩藩志士粛清事件と坂本龍馬襲撃事件

 

  寺田屋事件は(1)薩摩藩志士粛清事件(文久2年(1862年))、(2)坂本龍馬襲撃事件(慶応2年(1866年))の二つの事件を指します。

前者は薩摩藩内の尊皇派志士が島津久光の命令で粛清された事件。

後者は伏見奉行による坂本龍馬襲撃事件。

後者の方が一般受けがよく、私も坂本龍馬の方を念頭に訪れました。

 

  ちなみに坂本龍馬が暗殺されたのは近江屋事件(慶応3年11月15日(1867年12月10日))で寺田屋事件の翌年京都河原町の近江屋で中岡慎太郎らとともに暗殺されました。

 

  やはりというか、龍馬がメインの町造りがされています。

  寺田屋の東の南北の通りが竜馬通りと名付けられていました。

Dsc05977

 

  竜馬通り商店街。

Dsc05976

Dsc05979

 

  手前が寺田屋。

  寺田屋は鳥羽・伏見の戦いの兵火で焼失しており現在の寺田屋は再建されたものというのが公式の見解となっています。

Dsc05982

 

  とは言え、以前のその雰囲気は伝わってきますね。

Dsc05985

Dsc05986

 

  東側には様々なモニュメントや碑などが揃う「公園」となっています。

Dsc05987

Dsc05988

 

  夏には特に休憩できる場所があるのは助かります。

Dsc05990

 

  寺田屋の女将お登勢は神となってしまいました。

Dsc05991

Dsc05992

Dsc05994

Dsc05993

 

  坂本龍馬の碑。

Dsc05998

Dsc05995

 

  維新時代の井戸。

Dsc06002

Dsc06003

 

  寺田屋騒動記念碑。

  この後、家屋を拝観しました。

Dsc05997

  撮影 2016/07/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧